WordPress(ワードプレス)でブログを始める方法・手順【概略編】

ブログ

今回は、まったくのゼロから、ブログを始めるための、全体的な流れを紹介します。

もしも、無料のブログサービスを利用する場合は、アメブロ、はてなブログ、ライブドアブログなどの、無料ブログサービスに登録して、そちらのやり方に従ってみて下さい。

今回は、無料のブログサービスではなく、「ワードプレス」を利用して、ブログを始める方法の手順(概略)を中心に説明します。

   

ブログを始める手順(概略)

1.ブログの種類を決める
・無料 or ワードプレス

2.独自ドメインをとる
・ドメイン業者 or サーバー業者

3.レンタルサーバーを借りる

・ミックスホスト or エックスサーバー

4.ネームサーバーを変更する
・SSL証明書の発行

5.独自ドメインを追加する

6.ワードプレスをインストールする
・1ドメインに1ワードプレス

7.テーマをインストールして有効化する
・小テーマを推奨

8.プラグインをインストールする
・必要最小限

9.各種を設定をする(ここが少し大変)
・プラグインの設定をする
・固定ページを作成する
・サイトマップを作成する(任意)
・アナリティクスを導入する(任意)
・サーチコンソールを導入する(任意)
・アナリティクスとサーチコンソールを連携する(任意)

10.記事を書いて更新する

ブログを始める手順

1.ブログの種類を決める

無料のブログサービスにも、ワードプレスを利用したブログにも、それぞれに、長所と短所があります。

自分にあった方法で、ブログを始めましょう。

無料のブログサービスの場合は、利用したい無料ブログに登録して、ブログを始めて下さい。

ワードプレスを利用したブログの場合は、次へ進みましょう。

2.独自ドメインをとる

ドメイン」は、世界でひとつだけで、早いもの勝ちです。

あなただけの、気に入った「ドメイン」を見つけましょう!

ドメインは、「ドメイン業者」か「サーバー業者」のどちらから取得できます。

 

私のおすすめは、なるべく短く、汎用性のあるドメインです。

アドレスバーを見てもらえれば分かる通り、ドメインのあとにも「パーマリンク」と呼ばれる文字列が続きますので、パーマリンクも含めて短くすることを心がけないと、どんどん長くなってしまい、分かりづらいURLになっていきます。

また、できれば、「日本語」のドメインも、変換されて長くなるので、避けたほうが無難です。

 

汎用性のある」ドメインがいい理由は、ブログを運営している途中で、書きたい内容が変わったとしても、柔軟に対応できるほうが、違和感が少なくてすむからです。

 

ドメインにも種類があり、代表的なドメインとしては、「.com」「.net」「.jp」などがあり、それぞれ価格が異なります。

.net < .com< .jp

という順番で、この中では、「.jp」がいちばん高いです。

   

3.レンタルサーバーを借りる

「ワードプレス」でブログを始めるためには、「レンタルサーバー」を借りる必要があります。

格安の「レンタルサーバー」もありますが、できればある程度、障害等が発生しにくく、スピードの早い「レンタルサーバー」を選びたいところです。

 

また、今の時代、独自SSL(通信を暗号化する技術でURLの先頭が「https」になる)を無料で利用できる「レンタルサーバー」を選びましょう。

私は、「エックスサーバー」と「MixHost」を利用しています。

調べてみて、この2つのうちの、どちらかを選ぶといいのではないでしょうか?

 

レンタルサーバーの利用料金は、プランにもよります。

まずは、月額1,000円前後の最低プランで十分です。

じつは、無料のブログサービスでも、オプションで広告を非表示にするためにも、そのくらいの費用が発生するということは、知っておきましょう。

4.ネームサーバーを変更する

「ドメイン」を「レンタルサーバー」を借りた同じ業者から取得する場合は良いのですが、「お名前ドッコ」のような「ドメイン業者」から取得した場合、まずはじめに「ネームサーバー」を変更しましょう。

これを知らないと、いつまでも先に進めずに、時間を無駄にしてしまいます

 

「ネームサーバー」とは、対象の「ドメイン」を、どの「サーバー」で使用するか決定するためのアドレスです。

 

「ネームサーバー」の変更は、

「ドメイを取得した業者」の管理画面にログインをして、利用する「レンタルサーバー」の「ネームサーバー」を変更します。

5.独自ドメインを追加する

「レンタルサーバー」の管理画面にログインして、取得した「ドメイン」を追加しましょう。

「ドメイン」は、複数追加できますので、新たな「ドメイン」を取得した時は、随時、レンタルサーバーに追加していきます。

「ネームサーバー」を変更する前に、「ドメインを追加」してしまうと、待ち時間が長くなりますので、「ネームサーバー」の変更を先に行ないましょう。

6.ワードプレスをインストールする

レンタルサーバーに、独自ドメインを追加できたら、WordPress(ワードプレス)」をインストールします。

ひとつのドメインに対して、ひとつのワードプレスをインストールして利用します。

 

「ワードプレス」は、オープンソースのブログソフトウェアです。

「ワードプレス」は、「PHP」で開発されており、データベース管理システムとして「MySQL」を利用しています。

単なるブログではなく、コンテンツ管理システム (CMS) としても、しばしば利用されている優れたプラットホームです。

「ワードプレス」の利用は無料です。

   

7.テーマをインストールして有効化する

「テーマ」は、アメブロ等の無料ブログサービスでいうところの「テンプレート」のようなものです。

しかし実際には、「テーマ」は、デザインだけではなく、機能面でも大きなな違いがありますので、単純にデザイン性だけでは選べません。

また、高価な有料のテーマから、無料のテーマまで、さまざまなテーマがあります。

 

ちなみに、このブログは、Cocoon(コクーン)という無料のテーマ利用しています。

無料のテーマの中にも、高機能な素晴らしいテーマも、たくさんあります。

また、テーマは、いつでも簡単に切り替えることができますが、デザインが崩れたり、機能が失われたりした場合は、修正する必要があります。

そのため、私のように、無料のテーマからはじめてもいいですが、すでに気に入ったテーマがあって、後々変更するのであれば、はじめから、そのテーマを使ったほうが、テーマ変更の手間が省けます。

 

テーマは、できれば「親テーマ」のほかに、「小テーマ」が用意されているものから選びましょう。

両方のテーマをインストールして、有効化するのは「小テーマ」の方です。

そして、CSS編集などのカスタマイズは、「小テーマ」に施していきます。

もしも、「親テーマ」にカスタマイズを施した場合、「親テーマ」のアップデートで、すべてのカスタマイズがリセットされてしまいますが、「小テーマ」にカスタマイズを施した、そのカスタマイズは残ります。

8.各種を設定をする

ワードプレスにテーマをインストールしたら、すぐに記事を書いて投稿することも可能ですが、その前に、もう少しやっておいたほうがいいことがあります。

後回しでもいいといえばいいのですが、あとになるほど、余計にめんどくさくなると思いますし、記事を書きながらするのも大変ですので、できれば先に済ませてしまいましょう。

そうすれば、あとは記事を書いて投稿することに専念することができます。

 

主にやることは、以下のとおりです。

 

・ブログ(テーマ)の基本設定をする
・パーマリンク設定をする
・プラグインの設定をする

・固定ページを作成する
・サイトマップを作成する(任意)
・アナリティクスを導入する(任意)
・サーチコンソールを導入する(任意)
・アナリティクスとサーチコンソールを連携する(任意)

 

「Googleのアナリティクス」や「Googleサーチコンソール」は、アクセスの解析をしないのであれば不要ですが、Googleにインデックス登録(検索エンジンに載せてもらうこと)を依頼したり、逆に削除を依頼する場合、「Googleサーチコンソール」から行うことになりますので、「Googleサーチコンソール」は設定しておいたほうがいいと思います。

今回は、プラグインについてだけ、次項で簡単に解説します。

   

9.プラグインの設定をする

ワードプレスには、無数の「プラグイン(拡張機能)」があります。

「プラグイン」の利用は、基本的に無料のものが多いです。

あると便利なものから、別になくても構わないものまで、じつにさまざまな「プラグイン」があります。

ポイントは、必要最小限です。

 

初心者にありがちなのですが、どれも重要そうに思えて、あれもこれもと、プラグインを入れすぎないようにしましょう。

「いかに、プラグインを入れるか」ではなく、「いかに、ムダなプラグインを入れないか」を心がけましょう。

「プラグイン」の中には、テーマで機能がカバーしていることも多いのですが、これは、使用するテーマによって異なります。

機能の重複には注意しましょう!

 

また、プラグインを入れ過ぎると、重たくなったり、トラブルのもとにもなります。

少しずつ、最低限、必要なプラグインだけを厳選して入れましょう。

同じような機能でも、製作者が違う複数のプラグインもありますので、テーマとの互換性なども考慮に入れて、最適なプラグインを選びましょう。

また、更新がストップしているプラグインも、ワードプレスのアップデートに対応できていない場合がありますので、そこもチェックする必要があります。

10.記事を書いて更新する

1〜9までの作業が終わると、記事を書いて投稿することができます。

けっこう大変なため、1日〜2日かかるかもしれません。

多くの人が、途中で断念するといいますが、分からないでもありません。

しかし、これを乗り越えないと、自分のブログを持つことはできません。

また、ここがゴールではなく、ようやくスタート地点です。

 

どうしてもできそうもない場合には、有料でやってくれる人を探せば、見つかると思いますが、それなりに高い料金設定だと思います。

しかし、その気持ちもわかります。

もしも、私が引き受けるとしても、多くの時間を割かなくてはいけないので、それなりの報酬を求めると思います。

おわりに

今回は、概略をざっと書いただけですので、これを読んだだけでは、最後まで設定することは難しいと思います。

ただ、

これくらいの作業が必要なのか

というイメージくらいは、伝わったかと思います。

 

自分自身でも、新しいブログを立ち上げるたびに、いつも、

「あれ、何をすればいいんだっけ?」

となりますので、自分自身の備忘録としても、簡単にまとめておくことにしました。

 

私は、これまでに、複数のブログを立ち上げてきましたが、そのたびに、ここに書いた多くの作業を繰り返しました。

大いなるムダ」ですね!

なるべくなら、ひとつのブログで運営したほうが、圧倒的にラクです。

設定もそうですが、アップデートなどのメンテナンスも、それぞれに行う必要があります。

はじめから、気に入ったドメインとテーマを用意して、コツコツと、ひとつのブログを構築していくのがいいと思います。

 

ムダついでに言うと、「AMP」には、今はまだ、敢えて手を出さない方がいいと思います。

「AMP」は複雑で、まだまだ、エラーが多く、その修正作業にに多くの時間を取られてしまします。

そんなことをしている間に、いくつもの記事が書けてしまいます。

「AMP」に関しては、そのうちに、いい「プラグイン」がリリースされると思いますので、そのときになったら、それを利用するほうが良さそうです。

「AMP」については、今は、労力に見合わないような気がしています。

 

それぞれの設定については、すでに多くの記事がネット上に公開されていると思いますので、調べてみて下さい。

ただし、あまり古い情報は参考にしないで、更新日をみて、なるべく新しい情報を参考にしたほうがいいと思います。

 

コメント