オーディオブック 聴き放題プランの解約【audiobook.jp】

オーディオブック・サービス
この記事は約5分で読めます。

数ヶ月利用したオーディオブック(audiobook.jp)の「聴き放題プラン」を解約しました。

 

「聴き放題プラン」は、初回の30日間無料ですので、試してみることは、決して損ではありません。

⇒ 30日無料「聴き放題プラン」の登録はこちら

 

しかし、オーディオブックの良さは、十分に分かったし「聴き放題対象作品」のなかに、読みたい(聴きたい)本は、それほど多くはないことも分かりました。

 

それであれば、ずっと継続している必要もないのではないかと思い、解約しました。

 

継続していても、読みたい(聴きたい)本は、別途、読み切りで購入することになりますので、それならば、「定額プラン」の方がお得です。

 

「聴き放題プラン」と「定額プラン」の併用も可能なので、しばらくは、そうしていましたが、もったいないので、一旦、すべて解約しました。

 

「audiobook.jp」では、必要に応じて、「定額プラン」を利用するのがいちばんお得なのです。

audiobook.jp でオーディオブックを安く買う方法

   

聴き放題プラン解約

聴き放題 プラン解約方法

「聴き放題プラン」の解約は、webで登録している場合は、audiobook.jpのwebサイトにアクセスして、「アカウント(自分の名前)」から行うことができます。

 

また、アプリ内課金の場合は、スマートフォンの「購読中のサービス」から解約を行います。

 

どちらの場合も、解約しても、すぐには解約にはなりません。

一旦、「解約待ち状態」になり、次回の課金日に自動解約されます。

 

解約後は、アプリ内のライブラリから、購入していないオーディオブックが削除され、ダウンロード済みのオーディオブックも聴けなくなります。(「解約待ち状態」の間は、利用することができます。)

解約すると…

聴き放題プランを解約すると、以下のことが行えなくなります。

「聴き放題対象作品」の無料ダウンロードが不可となる

解約するので、これは仕方がありません。

継続期間中に、読みたい(聴きたい)本は、なるべく聴いてしまいましょう。

 ダウンロード済みの「聴き放題対象作品」が、再生できなくなる

これは、つまり、どんなに気に入った本が「聴き放題対象作品」になっても、解約してしまったら、聴くことはできないということです。

 

これは、とても残念なことです。

もしも、「聴き放題対象作品」を何度も聴き直したいと思ったら、「聴き放題プラン」への課金を続けるか、単品で購入しておく必要があります。

 

それならば、「定額プラン」で、お得に購入するほうがいいと私は思います。

オーディオブック(audiobook.jp)のおすすめ料金プラン

 

そして、それは「聴き放題プラン」を解約する理由にもなります。

ライブラリに登録した未購入のオーディオブックが削除される

解約するので、これは仕方がありません。

「聴き放題プラン」のみで配信されている作品が聴けなくなる

解約するので、これも仕方がないことです。

「聴き放題会員ご優待セール」に参加できなくなる

課金している間、ずっとメールマガジンに登録していましたが、

「聴き放題会員ご優待セール」へ招待されたことは、ただの一度もありませんでした。

おわりに

「audiobook.jp」の「聴き放題プラン」は、初回の30日間無料ですので、登録することは、決して損ではありません。

⇒ 30日無料「聴き放題プラン」の登録はこちら

 

ただ、「聴き放題対象作品」のなかから、読みたい(聴きたい)本を聴いてしまったら、いつまでも継続する意味は、それほどないかもしれません。

 

なぜなら、次から次へと、新しい本が「聴き放題対象作品」になるということはないので、読みたい(聴きたい)本は、結局、単品で購入することになるからです。

 

それであれば、「聴き放題プラン」ではなく、「定額プラン」のほうがお得ということになります。。

audiobook.jp でオーディオブックを安く買う方法

 

どんなサービスでもそうですが、最近では、知らないうちに課金が行われるので、一度、継続課金に申し込んでしまうと、ついつい毎月、課金されているという自覚が薄れていきます。

そのため、利用していサービスでも、意識しないと、解約をしないことが多々あります。

 

最近では、スマートフォンを新しくするとき、多くの場合、複数のオプションサービスに加入させられることになります。

 

1〜2ヶ月利用したら解約してもいい」と言われますが、多くの人は、うっかり解約することを忘れると思います。

しかも、解約の方法を、あえて複雑でわかりにくくしてあることもあります。

卑劣なやり口ですね。

 

利用していないサービスは、どんどん解約しましょう。

必要なら、再度、登録すればいいだけです。

オーディオブックについて

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました