トランスミッタ売れ筋ランキング5選!【2019年版】Bluetoothイヤホンをテレビで使おう!

完全ワイヤレスイヤホン
この記事は約6分で読めます。

夜中に大画面テレビで映画を観たりするときには、寝ている家族や、近所の迷惑にならないように、イヤホンやヘッドホンを使いたくなりますね。

 

最近のテレビは、大型化しているので、ある程度の距離をとって、テレビ画面を見ると思いますが、そうなると、かなり長いコードが必要になってしまします。

 

そんなとき、「Bluetoothイヤホン」が使えたら便利ですね。

 

しかし、多くのテレビは、「Wi-Fi無線LAN」には対応していても、「Bluetoothサウンド再生」に対応していないことが多いようです。

 

それでは、テレビで、「Bluetoothイヤホン」を使う場合は、どうすればいいのでしょうか?

  

Bluetoothに対応していなかったら

「Bluetoothサウンド再生」に対応しているテレビであれば、ペアリングすることで、「Bluetoothイヤホン」を使うことができます。

 

しかし、「Bluetoothサウンド再生」非対応のテレビで、「Bluetoothイヤホン」を使うことは、諦めなくてはいけないのでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

テレビとBluetoothイヤホンの間に、「トランスミッタ」という機器を挟むことで、「Bluetoothサウンド再生」非対応のテレビでも、「完全ワイヤレスイヤホン(Bluetoothイヤホン)」を使うことが出来るようになります。

トランスミッタとは

「トランスミッタ」とは、「電波送信機」のことです。

 

「トランスミッタ」は、テレビなどから出力される音声を、Bluetoothとして、イヤホンなどに送信するための機器です。

 

「トランスミッタ」を、テレビの音声出力端子に装着することで、「トランスミッタ」が、音声をいちど受けて、そこから、Bluetoothでイヤホンなどに送信することができるようになります。

音の遅延について

音声(音楽・オーディオブックなど)」を聴く場合、「音の遅延」は、気になりませんが、「動画(テレビ・動画サイト・ゲームなど)」になると、「遅延」は大問題です。

 

「遅延」が発生すると、画面の「動き」と「音」が、完全にずれてしまいます。

 

しかし、「遅延」は、コーディック次第です。

最近のBluetoothでは、主に「SBC」、「AAC」、「aptX」の、3種類のコーデックが使われています。

 

音の「劣化」や「遅延」は、主に、「SBC」で発生してしまいます。

 

一方、

iPhoneなどApple製品で使われている「AAC」や、Android端末などで対応している「aptX」では、音質劣化が少なく、「遅延」も少ないです。

 

さらに、新しいコーデックである「aptX LL(Low Latency)」では、特に遅延が少なく、遅延は、ほとんど気にならないレベルになります。

 

ただし、

送信側・受信側の双方が、それらのコーディックに対応している必要があります。
 

トランスミッタ 売れ筋ランキング(Amazon)

1位 JPRiDE  JPT1

2位 Anker  Soundsync

3位 MUSON

4位 TaoTronics

5位 AnycastS

 

https://www.amazon.co.jp 2019年4月現在

 

気になった商品の詳細は、Amazonのサイトにて、直接ご確認ください。

まとめ

もしも、現在、お使いのテレビが、「Bluetoothサウンド再生」に対応していれば、普通にペアリングすれば、「Bluetoothイヤホン(完全ワイヤレスイヤホン)」が使えます。

 

しかし、「Bluetoothサウンド再生」に非対応の場合でも、3,000円前戯の「トランスミッタ」を利用することで、「Bluetoothイヤホン(完全ワイヤレスイヤホン)」が使えるようになります。

 

ただし、

テレビは、動画ですので、音の「遅延」には、注意しなくてはいけません。

 

音の「遅延」問題は、コーディックが関係しています。

「SBC」コーディックは、オーディオ機能を持つBluetooth機器には、必ず搭載されているコーデックですが、「SBC」コーディックは、信号の圧縮率が高いため、音質が劣化したり遅延が起きたりする場合があります。

 

できれば、

Bluetoothイヤホンとあわせて、「AAC」や「aptX」などのコーディック対応の機器を購入しておいたほうがいいでしょう。

 

迷ったら、Amazonで、売れ筋ランキング1位の

JPRiDE「JPT1」

がおすすめです。

 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました