セルフ・リーダーシップ (7つの習慣 コヴィー博士の集中講義シリーズ)【オーディオブック聴き放題】

オーディオブック聴き放題
この記事は約8分で読めます。

日本で『7つの習慣―成功には原則があった!』が翻訳出版されたのは、1996年でした。

『7つの習慣―成功には原則があった!』は、全世界で3,000万部、国内では200万部を超え、今も読み続けられるベストセラーのビジネス書です。

 

その後、スティーブン・R・コヴィー博士没後1年を期に、よりわかりやすく、より理解しやすい形で、完全訳の『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』が刊行されました。

 

セルフ・リーダーシップ (7つの習慣 コヴィー博士の集中講義シリーズ)』は、『7つの習慣』、『7つの習慣 最優先事項』、『第3の案』、『第8の習慣』などからセルフ・リーダーシップに関する内容を厳選して編纂された作品です。

 

『セルフ・リーダーシップ (7つの習慣 コヴィー博士の集中講義シリーズ)』は、audiobook.jpの「聴き放題」の対象となっています。

 

audiobook.jpの「聴き放題」は、30日間無料となっていますので、『セルフ・リーダーシップ (7つの習慣 コヴィー博士の集中講義シリーズ)』は、無料で聴くことができます。

⇒ 30日無料「聴き放題プラン」の登録はこちら

  

セルフ・リーダーシップ (7つの習慣 コヴィー博士の集中講義シリーズ)内容紹介

7つの習慣

第1の習慣

Be Proactive
「主体的である」

第2の習慣

Begin with the End in Mind
「終わりを思い描くことから始める」

第3の習慣

Put First Things First
「最優先事項を優先する」

第4の習慣

Think Win/Win
「Win-Winを考える」

第5の習慣

Seek First to Understand, Then to be Understood
「まず理解に徹し、そして理解される」

第6の習慣

Synergize
「シナジー」

第7の習慣

Sharpen the Saw
「刃を研ぐ」

amazon.co.jp

「コヴィー博士の集中講義シリーズ」は、コヴィー博士のあらゆる著作から、現在のビジネス・パーソンの方々の課題に応えることができるよう、テーマ(セルフ・リーダーシップ、コ ミュニケーション、チームを導くリーダーシップ、タイム・マネジメント、プロジェクト・マネジメント、信 頼構築、Win – Winセールス、キャリア・デザインなど)毎に内容を厳選し編纂したものです。

本書は、リーダーシップの土台となる、セルフ・リーダーシップにフォーカスしています。

目標を達成するために基準(コンパス)がなければ、自分で正しい方向を判断できませんが、そのコンパスとなるのが、セルフ・リーダーシップなのです。

一人ひとりがコンパスを持てば、どんな事態に遭遇しても、正しい方向を知ることができます。

セルフ・リーダーシップを発揮することで、今取り組んでいるプロジェクトやビジネスを成 功させ、個人の評価を上げると同時に、会社の競争力強化に役立てていただけることでしょう。

現在のビジネス・パーソンは、実に多忙な毎日に振り回されています。

次々に飛び込んでくるタスクやクレーム。

いつの間にかたまる書類や未読メール。

スピードが重視される現在、以前とは比較にならないほどの仕事をこなさなければ、他社との競争に勝つことも、個人の評価を上げることも難しくなりました。

しかし、プロジェクトの成功率は三割を切り、会社のビジョンや戦略を実行している人は5%に過ぎないというショッキングな現実(フランクリン・コヴィー社の調査)を知ると、会社が よく存続していると感心するほどです。

10業種に携わる世界約22000名のビジネスマンを対象に調査を行った結果、会社の最重要目標を知っている者は52%、よく理解している者は28%に過ぎず、経営トップが語るビジョンや戦略を聞いたことがある者は40%、理解している者は15%、実行した者に至っては5%しかいないことが明らかになったのです。

なぜこのような結果になるのか、その原因はどこにあるのか?

スキル不足かマネジメントの失敗か?

結論から先に言えば、リーダーシップの欠如にあることがわかってきました。

いかにリーダーシップを身につけるかが、個人の高い評価を勝ち取ることにつながり、プロジェクトを成功に導くキーポイントなのです。

出典:https://www.amazon.co.jp

■ 書籍版

audiobook.jp

音声版を含めて、世界で4000万部を超える世界的名著『7つの習慣』の教えを厳選し、ビジネスパーソンの抱える課題に応えるよう編纂された新シリーズから、自分自身を導き、マネジメントする方法をお伝えする一冊が登場!

スピードが重視される現代のビジネスシーンにおいては、個人が具体的なビジョンを持ち、自らを正しい方向へと進ませることが、重要なカギとなります。

ぜひ、コヴィー博士の学びを取り入れ、自らのビジョンと素早い判断力や決断力を手に入れましょう。

全世界で3000万部を超え、日本でも1996年から愛読され続けてきた名著『7つの習慣』。

本作品は、『7つの習慣』『7つの習慣 最優先事項』『第3の案』『第8の習慣』などから
セルフ・リーダーシップに関する内容を厳選して編纂された作品です。

日本ではなかなか「リーダーシップ」と「マネジメント」の違いが理解されていないと言われています。

多くのリーダーが、この2つを併せ持つべき場面に直面し、悩みつつ奮闘しています。

そして、現代のスピードが重視されるビジネス社会で、組織の成果を高めていくためには、
一部のリーダーだけではなく、各個人が、自らを律して目的の方向へと導く「セルフ・リーダーシップ」を身につけ、ビジョンをもとに行動し続けることが求められているのです。

・セルフ・リーダーシップとはどういうものなのか?
・ビジョンの設定と選択とは?
・あなたが起こすべき具体的な行動とは?

将来のビジョンを具現化し、自分をマネジメントし、導いていくための方法をコヴィー博士の教えをもとに、現代のビジネスパーソンにわかりやすく解説します。

本作品を通して、ビジョン力を高め、自分自身を導く判断力・行動力を身につけ、ビジネスをスピーディーかつ充実したものにステップアップさせましょう。

出典:https://audiobook.jp

完訳 7つの習慣 著者

スティーブン・R・コヴィー

自分の運命を自分で切り開くための、奥深いアドバイスをわかりやすく教えることに生涯をささげ、タイム誌が選ぶ、世界で最も影響力のあるアメリカ人25人のひとりに選ばれている。

国際的に高く評価されるリーターシップ論の権威、家族問題のエキスパート、教育者、組織コンサルタントとして活躍した。

著書『7つの習慣』は、全世界で販売部数 3,000 万部を記録し(40カ国語に翻訳)、20世紀に最も影響を与えたビジネス書の1位に輝いている。

ほかにも、『原則中心のリーダーシップ』、『7つの習慣 最優先事項』、『第8の習慣』、『子どもたちに「7つの習慣」を』などベストセラー多数。

147の国にサービスを提供する世界屈指のプロフェッショナルサービス企業、フランクリン・コヴィー社の共同創設者。

ユタ州立大学商経学部終身教授、リーダーシップ学において同大学の名誉職ジョン・M・ハンツマン・プレジデンシャル・チェアに就く。

妻、家族とともに米国ユタ州で暮らした。

2012年7月、79年の生涯を閉じた。

出典:https://www.amazon.co.jp

おわりに

『セルフ・リーダーシップ (7つの習慣 コヴィー博士の集中講義シリーズ)』は、audiobook.jpの「聴き放題」の対象となっています。

 

audiobook.jpの「聴き放題プラン」は、30日間無料となっています。

そのため、オーディオブックを試してみるのには、とてもおすすめです。

 

そして、『セルフ・リーダーシップ (7つの習慣 コヴィー博士の集中講義シリーズ)』は、「聴き放題」の対象コンテンツのなかでも、おすすめの1冊です。

 

ぜひ、まだオーディオブックを試したことがない人は、30日間無料のaudiobook.jpの「聴き放題プラン」で、『セルフ・リーダーシップ (7つの習慣 コヴィー博士の集中講義シリーズ)』を聴いてみてください。(単品購入も可能です。)

⇒ 30日無料「聴き放題プラン」の登録はこちら

 

■ 書籍版

 

■ オーディオブック版(単品購入)

オーディオブック

⇒ オーディオブックとは?

 無料会員登録はこちら

⇒ 30日無料「聴き放題プラン」の登録はこちら

audiobook.jp でオーディオブックを安く買う方法

オーディオブック(audiobook.jp)のおすすめ料金プラン

オーディオブックの活用方法【メリットとデメリット】

 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました