パレートの法則( 80:20 の法則 )と 94:4 の法則で人生を変える!

人生・生き方
この記事は約10分で読めます。

パレートの法則」をご存知ですか?

もしかしたら、「80:20の法則」あるいは、「20:80の法則」、または「ニハチの法則(2:8の法則)」などと言う言葉で、知っている人も多いかもしれません。

 

「パレートの法則」は、統計学的法則のなかで、もっとも支配力が大きい法則と言われています。

そんな「パレートの法則」は、さまざまな場面で応用することができますが、思い切って、人生そのものに対する応用方法を紹介します。

 

さらに、「96:4の法則」についても紹介したいと思います。

   

パレートの法則とは

「パレートの法則」は、イタリアの経済学者 ヴィルフレド・パレートが発見した法則です。

パレートの法則とは、数値の大部分(80%)は、全体を構成するうちの一部の要素(20%)が生み出している

という法則です。

 

そのため、別名「80:20の法則」あるいは、「20:80の法則」などと呼ばれる法則です。

さらには、「ニハチの法則 2:8の法則 )」など、多くの呼び方で呼ばれています。

 

この「パレートの法則」を使って「人生」を説明すると、

あなたが手にする結果の80%は、あなたの行動の20%が生み出す

と言うことができます。

要するに、行動の20%が非常に大切ということです。

 

この「パレートの法則」を知っておと、テコの原理よのうに、少ない労力で大きな成果を得ることが出来るようになるため、物事の効率を飛躍的に高めることができます。

パレートの法則が用いられる事象

ビジネス

ビジネスの世界では、「20%の商品が、80%の売上を生み出している」と言われます。

その他にも、「パレートの法則」をビジネスに応用すると、広告を打つときに、少ない予算で売上を大きく伸ばしたり、作業時間を短縮して、今よりも大きな成果を上げるなど、さまざまな利用方法があります。

無駄を省いて、効率的に成果を上げるために、「パレートの法則」は、ビジネスにおける、重要な概念のひとつです。

自然法則

自然法則では、「アリの世界では、20%の勤勉なアリが、80%のエサを集めてくる」という話が有名です。

そして、その勤勉な20%のアリを取り除くと、今度は、残りの80%の中から、20%のアリが、出てきてエサを集めてくるそうです。

スポーツ

社会現象の中では、たとえば、「スポーツの世界では、上位20%の選手によって、そのチームの強さの80%が決まってしまう」と言われます。

サッカーでも野球でも、強豪チームといわれる強いチームには、必ず1人か2人は、スター選手やエースと呼ばれるチームの中心選手がいるものです。

そして、彼らが怪我などで試合に出れなくなると、そのチームが、途端に別のチームになったかのように戦力ダウンしてしまう、ということが起こります。

よく言われる事象

その他、以下のような事象が有名です。

・ビジネスにおいて、売上の80%は、全顧客の20%が生み出している。
・商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの20%で生み出している。
・売上の80%は、全従業員のうちの20%で生み出している。
・仕事の成果の80%は、費やした時間全体のうちの20%の時間で生み出している。
・故障の80%は、全部品のうち20%に原因がある。
・所得税の80%は、課税対象者の20%が担っている。
・プログラムの処理にかかる時間の80%は、コード全体の20%の部分が占める。
・全体の20%が優れた設計ならば、実用上80%の状況で優れた能力を発揮する。

このような例は、あげればきりがありません。

 

パレートの法則の応用方法

どんなことにも、決して力を抜かず、すべてにおいて100%の力を出し尽くす、というのは、一見すると素晴らしいことのようにも思います。

しかし、それは、あまり現実的とはいえません。

すべてが中途半端で終わる可能性もありますし、場合によっては、身体を壊すことにもなりかねません。

かと言って、まんべんなく力を抜いていては、いい結果が出そうにありません。

 

そこで、

「パレートの法則」を応用して、主要な20%の部分に集中して力を注ぐことで、全体の80%の結果を得るという選択は、効率的に結果を出すためには、有効な方法になります。

 

つまり、

すべてに100%の力を使うことが無理であるならば、力を入れる部分と、そうでない(捨てる)部分とに分けて、重要なことだけに集中して取り組めば、的外れな努力をするよりも、高い成果が望めるということです。

 

このことを、日々の仕事だけではなく、人生全体にも、当てはめて考えると、

人生において、本当に重要な20%のこと集中して力を注ぐ

という生き方が考えられます。

時間で考えてみる

「パレートの法則」は、必ずしも時間に当てはめて考える必要はないのですが、わかりやすいので、時間を使って考えてみます。

 

「パレートの法則」を時間に当てはめてみると、ほんとうに重要な時間は20%ですので、

1日24時間 ☓ 0.2 = 4.8時間( ≒5時間 )

ということになります。

つまり、1日24時間のうちの5時間が、あなたの人生を左右していることになります。

 

1日24時間のうち、5時間を重要なことに、真剣に取り組めたなら、その分野では、かなりの結果が期待できます。

96:4の法則とは

あなたが手にする結果の80%は、あなたの行動の20%が生み出す」というのが、「パレートの法則」でした。

そして、主要な要素20%の中にも、更に重要な20%があります。

そこに最大限の力を注ぐことによって、より効率的に成果を得ることができます。

 

つまり、全体を100としたときに、

100 ☓ 20% ☓ 20% = 4%

となります。

 

全体の4%が、最も重要で、もっとも力を注ぐべき部分ということになります。

このように、

最も重要な4%と、それ以外の96%とに分けて考えるときに、「96:4の法則」(4:96の法則)という法則が成り立ちます。

 

先ほどの「パレートの法則」と同様に時間で計算してみると、

1日24時間 ☓ 0.04 = 0.96時間( 約57.6分 ≒ 1時間 )

ということになります。

 

つまり、もっとも重要な1時間が、あなたの人生を左右している可能性があるということです。

その1時間とは、いったい、なんでしょうか。

 

96:4の法則で人生を変える

時間で考えたとき、1日約5時間(パレートの法則)は、決して不可能な数字ではありません。

実際に、1日5時間、真剣に何かに取り組めば、たいていのことで、成果が出せるでしょう。

 

仮に、いま自分がやっている仕事が、重要な20%のことに相当するのであれば、人生は概ね上手くいっているのではないでしょうか。

しかし、みんなが自分にとって重要な20%のことを、仕事にできているわけではないかもしれません。

 

とくに重要とは思えないような仕事を、嫌々ながら、何十年やっていても、これといった成果は出ないでしょう。

 

それでは、どうしたらいいのか。

毎日、生活のための仕事や、家事に大部分の時間を人が費やしている人が、5時間もの時間を捻出して、何かに取り組むのは大変です。

おそらくは、睡眠時間くらいしか、削れる時間はないかもしれません。

 

そこで、まずは、

1日のうちの「4%」のことに、力を注いでみるのです。(96:4の法則)

1日のうちの「4%」は、時間にすると、1日あたり、約1時間でした。

 

仮に、毎日1時間、何か新しいことに真剣に取り組めたら、たとえ、残りの23時間が変えられないとしても、そこから人生が変わる可能性があります。

少なくとも、きっかけくらいはつかめるはずです。

好きなことを仕事にするメリット

重要なことに使える時間が、1時間から2時間(2倍)になれば、成果が出るまでの時間は、1/2になるかもしれません。

これが、5時間使えたら…

これこそが、よく言われる、

好きなことで、得意なことを仕事にしなさい

ということの意味なのだと、私は思っています。

 

もしも、自分の仕事が、好きなことだったり、得意なことだったら、5時間どころか10時間だって出来てしまいます。

 

重要な2割のことに使える時間が、長くなればなるほど、早く成功することができそうです。

重要なことに使う時間が、どのように人生に影響するのかを考えたとき、次のように考えることができます。(あくまで目安です。)

 

・1日0時間の人(何も変わらない)
・1日1時間の人(変わるきっかけを掴める)
・1日2時間の人(変化のスピードが上がる)
・1日5時間の人(好きなことが仕事にできる)
・1日10時間の人(好きなことで成功できる)

 

私は、人生で成功する人としない人の違いや、成功するスピードの違いは、このあたりあるのではないかと思っています。

モチベーションの維持

重要なことに使う時間が、1時間(4%)であっても、0時間の人よりも、断然いいです。

「0」と「1」の差は、非常に大きいです。

 

そして、たいていのことは、「0」から「1」が、もっとも大変だと言われます。

だから、たとえ、1時間でも真剣に何かに取り組むべきです。

 

ただ、それでも、ひとつ問題があります。

それは、

取り組める時間が少ないと、成果が出るまでに時間がかかりすぎてしまうということです。

そして、その結果として、モチベーションを維持するのが難しいのです。

 

そのため、せっかく始めた「1」も、気がついたら、いつの間にか「0」に戻ってしまい、結局なにも変わらなかった…

という悲しことが、往々にして起こります。

 

なるべく多くの時間を投入する

せっかく始めた「1」が、気がついたら、いつの間にか「0」に戻ってしまうような、悲しいことにならないためにも、初めのうちは、加速をつけるために、なるべく多くの時間を捻出したほうがよさそうです。

手応えが感じられるまでは、とにかくがむしゃらに取り組んでみるのです。

もちろん、あなたが人生において重要だと思うことをです。

 

飛行機も、飛び立つときは大きなエネルギーを使いますが、いざ飛び立ってしまえば、少ないエネルギーで安定して飛び続けることができます。

 

あなたが、

たとえ走り出したとしても、飛び立つために必要な速度にまで加速できないと、いつまでたっても離陸することができません。

 

そして、

大空に飛び立つことができないまま、いつかは燃料(モチベーション)が尽きてしまいます。

 

私はこの、

飛び立つまでの滑走期間をいかに耐えることが出来るかが、より良い人生を送る上でのカギになる、と考えています。

おわりに

パレートの法則(80:20の法則)」や「96:4の法則」を、人生に当てはめて使う方法を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

 

残念ながら、現状の先には、現状の延長線にある人生しか待っていません。

おそらく、現状のままの生活を続けていても、ある日、突然、人生が拓けるということは起こりづらいと思います。

しかし、

たとえ4%でも、未来を変えるための行動を始めることができたなら、そこには、別の人生が待っています。

 

今回は、分かりやすいく、時間で説明しましたが、実際には、時間にこだわる必要はありません。

重要なのは、

あなたの人生の、重要な20%や、さらに重要な4%の部分にフォーカスする

ということです。

 

時間にこだわる必要はないのですが、

費やした時間に比例して、成功の可能性も大きくなり、
費やした時間に反比例して、成功するまでに要する時間は短くなる

ということも、また事実です。

そのため、やはり投入する時間は、長ければ長いほど有利なのです。

 

あなたは、その貴重な時間を何に使いますか?

 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました