noteのテキスト記事内に埋め込めるサービス一覧と埋め込み方法

note

「note」のテキスト記事には、様々な外部サービスを埋め込むことができ、本文内に表示させることができます。

「note」のテキスト記事に埋め込め外部サービスは、「note」の「カイゼン」によって、少しずつ増えています。

外部サービスを「note」のテキスト記事に、埋め込めむのは、とても簡単です。

   

note テキスト記事内に埋め込めるサービス一覧

「note」のテキスト記事内には、以下の、様々なサービスが埋め込めます。

SNS

・Twitter

・Instagram

記事

・note記事(自分のnote/他人のノート)

・外部記事(ブログなど)

動画

・YouTube

・ニコニコ動画

・Vimeo

音楽ストリーミングサービス

・Apple Music

・Spotify

・SoundCloud

ショッピング(アフィリエイト)

・カラーミーショップ

・SUZURI

・STORES.jp

・BASE

・minne

・ECサイト

・Amazon

 

【関連記事】

note に Amazon アフィリエイトリンクを貼る方法と知っておきたい注意点

note に Amazon アフィリエイトリンクを貼る方法と知っておきたい注意点
note を読んでいると、ときどき書籍などが、Amazonのリンク付きで紹介されていることがあります。 私は、 【noteプレミアム】マイページにAmazonウィジェットが貼れるようになりました。 2017年3月28日より、n...

スライド

・Googleスライド

・SlideShare

・Speaker Deck

マップ

・Google Map

アンケートフォーム

・Googleフォーム

開発

・GitHub Gist

・Codepen

2019年4月現在

 

noteに外部サービスを埋め込む方法

外部サービスを埋め込む方法には、以下の2つの方法があります。

+ マーク

まず、

noteのテキスト投稿で、表示させたい段落にカーソルを合せると、

」 のマークが表示されるので、そこをクリックします。

 

 

次に、

右から2番めの「<> をクリックします。

一番右の「code」ではありません。

 

 

そして、

緑色の「http://」 の枠内に、埋め込みたいURLをコピー&ペーストして、改行(EnterまたはRetunをクリック)して、外部サービスを埋め込みます。

もちろん、https:// で始まるURLでも大丈夫です。

 

URLをコピー&ペースト&Enter(Retun)

上記のような面倒な手順を省いてしまい、

ただ、埋め込みたいURLを、テキストエディタ内にコピー&ペーストして、改行(EnterまたはRetunをクリック)するだけでも埋め込みができます。

 

こちらのほうが、圧倒的に簡単です。

 

おわりに

「note」というプラットフォームは、つねに「カイゼン」が行われていいる、とても素晴らしいプラットフォームだと思います。

今回も、PCの投稿画面右上にある「noteのヒント」のところに、「本文に埋め込めるもの」のリンクが設置されました。

 

 

自分でサーバーをレンタルして運営しているブログ等であれば、「埋め込める/埋め込めない」ということを気にする必要はありません。

しかし、他者が運営しているプラットフォームの場合、そのサービスの仕様や規定に従う必要があります。

 

「note」のテキスト投稿では、現状では、ASPなどのアフィリエイトリンクを埋め込むことはできませんが、Amazonのアフィリエイトリンクや、自分の運営しているネットショップやブログなどは、簡単に埋め込むことができます。

それでも、「note」は、使いやすく素晴らしいプラットフォームだと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました