【神社参拝】お賽銭の意味・入れ方・金額

お賽銭 神社・仏閣

神社参拝に行くと、少し気になることがあります。

それは、お賽銭の入れ方です。

多くの参拝者が、節分の豆撒きのように、勢いよく小銭を投げ入れているのをみかけます。

もちろん、神社に来るような人なので、悪意を持って、そのような入れ方をしているわけではないと思います。

しかし、少し考えると分かると思いますが、尊敬する人や目上の人、大切な人に何かを渡す場合、投げるようにして渡すでしょうか?

お賽銭の入れ方

お賽銭を入れるときは、もちろん、丁寧に入れたほうがいいと思います。

 

お賽銭は、賽銭箱に放り投げるのではなく、滑り込ませるようにして入れるのがよいと私は考えています。

 

お賽銭を投げ入れるのは、神様に対して失礼にあたるように思います。

 

「神様なんていない」と考えて、神社に行く人も少ないと思いますので、神社では、神様に失礼がないようにということは、考えたほうがいいと思います。

 

しかも、わざわざ自分から神社に出向いていって、そこで失礼な行為をする必要はありません。

 

もっといえば、神さまに限らず、人に対しても、なにかを渡すときに、投げて渡すというのは失礼だと思います。

 

【神社参拝】より丁寧な参拝作法(祝詞の唱え方)

お賽銭の金額

お賽銭の金額に決まりはありません。

 

語呂合わせなど気にせずに、自分が無理せずに払える金額がいいと思います。

 

しかし、わざわざ、交通費を支払って神社まで行けたり、御朱印代を支払うくらいの余裕があるのであれば、1円や5円、10円や50円ではなく、少なくとも、100円や500円のほうが、誠意が伝わるような気がします。

 

もしも、払える人は、ココぞという神社や参拝のときだけでも、1,000円札や10,000円札を奉納してみるのもいいかもしれません。

 

お札を入れる際は、そのままでもいいですが、賽銭袋に入れてお賽銭箱に入れるか、社務所に奉納するなどの方法があります。

 

実際にやってみると分かりますが、お札や賽銭袋を賽銭箱に入れると、入り口で引っかかりやすいです。(中が見えないタイプのお賽銭箱の場合)

 

お賽銭が、賽銭箱に引っかかっているのもどうかと思いますので、社務所に奉納したほうがいいのかなと感じています。

お賽銭の意味

神社仏閣において、お賽銭には、様々な意味があると言われています。

 

お礼」や「感謝の意」を伝えるというのが一般的でしょうか。

 

ほかにも、「罪や穢れ(けがれ)を銭に移して祓う」という意味や、「自分の欲を捨てるための修行」などの意味もあると言われています。

 

また、もしも神さまが降りて来られるとしたら、なんらかの「依代よりしろ」となるものが必要になり、お賽銭が、その依代になるとも言われます。

 

現実的には、神社仏閣の運営費になるわけですが、自分が参拝したい神社が、さびれてしまうのも悲しいです。

 

神社仏閣が、後々まで、いい状態で保たれるように、神社を守っていくという意味も込めて、お賽銭をするのも悪くないと思います。

 

お賽銭にお札を入れるのは、少し勇気がいると思いますが、自分のお金の器を大きくするための、いい修行になると思います。

 

仮にですが、自分のランチ代やコーヒー代に1,000円を使える人が、神社に参拝して、何らかのお願い(祈念)までしているのに、そのお賽銭が5円や10円というのも、どうかと思います。

 

これはもう、金額の問題ではなく、気持ちとか考え方、生き方の問題ですね。

 

そうはいっても、神さまに見栄を張る必要もありませんので、自分が無理なく支払える金額が、いちばんいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました