sorry your request cannot be accepted がワードプレスで表示された時の対処法!

ブログ

ワードプレスで作業しようと思ったら、突然、

sorry your request cannot be accepted

と表示されることがあります。

経験的に、複数のWi-Fi(IPアドレス)や複数の端末からアクセスしていると、起こりやすいような気もしますが、原因は定かではありません。

しかし、対処法は、意外と簡単です。

   

sorry your request cannot be accepted

sorry your request cannot be accepted

を翻訳すると、

申し訳ありませんが、あなたのリクエストはお受けできません

といったような意味です。

 

つまり、アクセスが拒否されている状態になっているということです。

しかし、ログインはできるので、ちょっと不思議な現象です。

対処法1

まず、特にMacなどを利用している人は、タブは開きっぱなし、電源も入れっぱなしで利用している人も多いと思います。

その場合、いちど「リロード」してみると、解決する場合があります。

これは、ワードプレスだけでなく、他のサイトでも一緒です。

とりあえず、リロードしてみましょう。

対処法2

リロードしても、

sorry your request cannot be accepted

が、繰り返し出てしまう場合があります。

その場合、あるプラグインが原因の可能性が濃厚です。

 

そのプラグインは、

IP Geo Block

です。

 

「IP Geo Block」は、スパムなどをブロックしてくれる、便利なプラグインです。

「IP Geo Block」は、めちゃくちゃ軽いので、めちゃくちゃ重い「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」の代わりに利用している人も多いと思います。

 

IP Geo Block

自国以外から投稿されるスパム、ログインフォーム、さらにゼロデイ攻撃を含む管理領域への悪意あるアクセスからサイトを守ります。

 

リロードしても、問題が解決されない場合、おそらく「IP Geo Block」が有効化されていると思いますので、

「IP Geo Block」を停止する
ことで、おそらく問題は解決します。

おわりに

私の場合は、複数の端末、複数のWi-Fiからワードプレスにログインしているので、頻繁に起こるのかもしれないと、勝手に思っていますが、原因は定かではありません。

慣れてしまうと、何とも思いませんが、はじめてこのような事態に遭遇すると、少し焦りますね。

 

「IP Geo Block」は、正常に戻ったら「有効化」して、また『sorry your request cannot be accepted』が表示されてしまったら、「停止」するような使い方でもいいと思います。

それ以上の深い理由を追求しても、あまり意味はないように思いますので、少なくとも私は、そのようにしています。

 

コメント