グーグルのマインドフルネス革命 をオーディオで聴こう!グーグル社員5万人の「10人に1人」が実践する最先端のプラクティス

本・オーディオブック
この記事は約7分で読めます。

マインドフルネス」は、ここ数年、大きな注目を集めています。

 

「マインドフルネス」とは、なんでしょうか?

「マインドフルネス」の目的は、なんでしょうか?

 

最近では、「グーグル」、「インテル」、「IBM」、「フェイスブック」など、欧米の有名企業が、能力向上のトレーニングとして「マインドフルネス」を取り入れています。

 

そして、その流れは、米国の国防総省や農務省にも及んでいます。

 

グーグルのマインドフルネス革命―グーグル社員5万人の「10人に1人」が実践する最先端のプラクティス』では、グーグルにおけるマインドフルネスプロジェクトの中心人物、ビル・ドウェイン氏へのインタビューとともに、「マインドフルネス」の魅力と、その実践方法が紹介されています。

  

マインドフルネスとは

「マインドフルネス」とは、「瞑想」による効果を、社会の諸分野に応用させることです。

 

具体的には、

ストレスの緩和や集中力の増大によって、医療・心理・ビジネス・スポーツ・教育・福祉などの、さまざまな分野で、「瞑想」の効果を有益に応用しようとする試み

のことです。

 

「マインドフルネス」は「ヨガ」や「坐禅」のように、掴み所のないものを目指しているのではなく、その意図するところが、はっきりとしていてわかりやすいところが、欧米の人にとっても受け入れやすいのかもしれません。

 

「ヨガ」や「坐禅」や「マインドフルネス」は、すべて「瞑想」のための技法ということもできます。

 

しかし、「マインドフルネス」で行う瞑想は、「ヨガ」のような忘我状態にいたる、深い瞑想を目指しているわけではありません。

 

「マインドフルネス」での「瞑想」は、「瞑想」というよりも、「集中」といったほうがいいくらいの、浅い「瞑想」と考えたほうがいいかもしれません。

 

「ヨガ」や「坐禅」は、「瞑想」によって何かを得ようとは考えていないのに対し、「マインドフルネス」では、そこから何かを得るために「瞑想」を行っているという点が、欧米の有名企業やビジネスに取り入れられている理由だと考えられます。

 

■ マインドフルネスオンライン講座

内容紹介

amazon.co.jp

「マインドフルネス」が、ビジネスの現場で注目を集める理由を明らかにし、グーグルが実践しているプラクティスを付録CDガイドで丁寧に解説!

「思いやり」「優しさ」「自己観察」「共感」「信頼」、そして「成長」へ

◆ 個人と組織を ◆
◆ 豊かに変えた ◆
◆ 研修プログラム ◆

グーグルやインテルなど、欧米の有名企業が、能力向上のトレーニングとして取り入れている「マインドフルネス」。

「評価や価値判断にとらわれることなく、今の瞬間に意識を向ける」というこの実践は、ストレスの軽減、脳の活性化、チームワークや生産性の向上、創造性の発揮など、様々な効果が注目されている。

本書では、グーグルにおけるマインドフルネスプロジェクトの中心人物、ビル・ドウェイン氏へのインタビューとともに、マインドフルネスの魅力とその実践方法を紹介する。

● グーグル人材開発部門 ビル・ドウェイン氏 インタビュー

●《付録》マインドフルネス実践ガイドCD

[48分50秒/ナレーション:ソーヤー海]

本書で紹介されているマインドフルネスをCDの音声ガイドを聞きながら実践することができます。

● 香山リカ氏(精神科医)推薦

薬もサプリもいらない心のケアのメソッドとして、私も治療に取り入れている「マインドフルネス」。その魅力がわかりやすく解説されています。

● 越川房子氏(日本マインドフルネス学会理事長)解説

出典:https://www.amazon.co.jp

 

■ 書籍版

https://audiobook.jp

グーグル、インテルなどの有名企業が取り入れているマインドフルネスが、ガイドCD音声つきで今すぐ試せる!

『グーグルのマインドフルネス革命―グーグル社員5万人の「10人に1人」が実践する最先端のプラクティス』が、オーディオブックとなって登場!

ストレスの軽減、脳の活性化、チームワークや生産性の向上、創造性の発揮など、様々な効果が注目されているマインドフルネス。

グーグルでの実践事例と共に、その方法と魅力を知り、あなたもビジネスの能力向上に役立ててみませんか?

あのグーグルでも取り入れられている「マインドフルネス」をご存知でしょうか?

瞑想から宗教的要素を取りのぞき、心のケアをしてくれる効果が期待できる「マインドフルネス」。

欧米では、すでにその効果について、多くの実証的研究報告があり、ストレス対処法の1つとして医療・教育・ビジネスの現場で実践されています。

本作品では、集中力を高め、パフォーマンスを上げてくれるマインドフルネスについて、グーグルにおける、マインドフルネスプロジェクトの中心人物、ビル・ドウェイン氏へのインタビューと共に、その魅力をわかりやすく解説しています。

さらに、書籍巻末の実践ガイドCD音声も収録。

オーディオブックをお聞きいただきながら、すぐにマインドフルネスを実践できます。

世界の経営者がその効果を認め、全従業員の能力向上に役立つと考えているマインドフルネスを、あなたも生活の中に取り入れてみませんか?

出典:https://audiobook.jp

 

■ オーディオブック版

目次

 第一部 グーグルにおけるマインドフルネスの取り組み

グーグル人材開発部門 ビル・ドウェイン氏インタビュー

第一章 はじめに

第二章 マインドフルネスとは何か?

第三章 マインドフルネスの効用と仕組み

第四章 グーグルがマインドフルネスに取り組んでいる理由

第五章 マインドフルネスが宗教性を排除した理由

第六章 マインドフルネスがビジネスに与えた影響

第二部 マインドフルネスの実践と未来

第七章 マインドフルネススタートガイド

第八章 ヘッドスペース アンディー・プディコム氏とビル・ドウェイン氏による瞑想ガイダンスと瞑想Q&A

第九章 ビル・ドウェイン氏からのメッセージ―マインドフルネスは社会とつながっている

第十章 日本でマインドフルな生き方をするために

解 説 越川房子

おわりに

今は亡きアップルの創業者、スティーブ・ジョブズが「」に傾倒していたことは、有名な話です。

死は生命にとって最高の発明

これは、スティーブ・ジョブズが残した名言です。

 

雑念を排除して、ただひたすら生きることに専念する

というのが、「禅」の精神です。

 

スティーブ・ジョブズにより、スタイリッシュなイメージをまとった新たな「禅」は、宗教色を排した「マインドフルネス」という名称のもとで、欧米に拡散していくことになりました。

 

そして、多くのIT企業は、ジョブズの「禅」に触発され、こぞって「マインドフルネス」を、社員プログラムに取り入れ始めました。

 

膨大な情報の海に溺れかかっていた、知的エリートたちは、情報と自分を統御する術を「禅」や「瞑想」「マインドフルネス」に見いだしたのかもしれません。

 

そして、その流れは、「禅」の本家である日本にも、遅ればせながら押し寄せています。

 

関連記事

マインドフルネスと瞑想・禅・ヨガの違いや共通点

マインドフルネスと瞑想・禅・ヨガの違いや共通点
近年、「マインドフルネス」という言葉を見聞きする機会が増えましたね。 「マインドフルネス」という横文字が表すとおり、欧米で生まれたものですが、その根底には、「禅」や「瞑想」などがあります。 分からない人も多いと思...

グーグルのマインドフルネス革命

■ 書籍版

■ オーディオブック版

オンライン講座

■ マインドフルネスの本質

■ バリューアフター

オーディオブック

⇒ オーディオブックとは?

 無料会員登録はこちら

⇒ 30日無料「聴き放題プラン」の登録はこちら

audiobook.jp でオーディオブックを安く買う方法

オーディオブック(audiobook.jp)のおすすめ料金プラン

オーディオブックを聴くなら audiobook.jp の 月額会員プラン がおすすめ!

オーディオブックの活用方法【メリットとデメリット】

 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました