FIRE movement とは? FIRE をめざす4つの人生戦略

人生・生き方

2018年ころから、「FIRE movement(ファイヤー・ムーブメント)」という言葉が、アメリカなど、海外で話題になっています。

 

「FIRE」というと、まずは「火」を連想させられるが、「火」は関係ありません。

もちろん、「スティーヴィー・ワンダー」も「缶コーヒー」も関係ないです。

 

さらに、「FIRE」は、英語で

「You’re fired!(おまえはクビだ!)」

という使い方をしますが、「クビ」のことでもありません。

 

では、「FIRE movement(ファイヤー・ムーブメント)」の「FIRE」は、いったい、どんな意味なのでしょうか?

   

「FIRE movement」 とは

「FIRE movement」の「RIRE」とは、

Financial Independence, Retire Early

の頭文字をとった略語のことです。

 

「Financial Independence, Retire Early」とは、「経済的に独立して、早期にリタイアする」というニュアンスですね。

そのようなムーブメントのことを、いま、海外では「FIRE movement」と呼んでいます。

 

日本国内でも、よく聞かれた話ではあるが、最近、話題になっている理由としては、インターネットの発達によって、昔よりも「FIRE movement」を実行しやすくなったからかもしれません。

労働からの開放

誰しも、「日々の労働から開放されて、自由に生きたい」と願いますね。

「ガッツ」と「実行力」がある人であれば、さっさと挑戦して、自由を勝ち取っているかもしれません。

おそらく、「頭の良さ」や「学歴」よりも、「ガッツ」や「実行力」の方が大切だと思います。

この地球では、つべこべ言わずに、粘り強く挑戦し続けることができる人が、自由を勝ち取れるのです。

4つの人生戦略

節約する

まずは、いかにムダな浪費を減らして、「種銭」を作り出せるかが重要です。

資本主義社会の誘惑に、まんまと踊らされてはいけません。

これができないと、「FIRE」への道は遠く険しいと思います。

「一生、この会社で働くつもりはない!」

と腹をくくったら、たとえは、「ムダな飲み会」などは、すべて、スッパリと断ることが出来るはずです。

中途半端はいけません。

信念に基づいて、ストイックに実行するのです。

ミニマムに暮らす

「節約」をするためには、「ムダなモノ」に囲まれていてはいけません。

「ムダなモノ」は、購入費用だけでなく、維持費(ランニング・コスト)もかかります。

本気で「FIRE」を目指すなら、切り捨てられるものは、たくさんあるはずです。

ポイントは、家や車などの、大きな支出に目を向けることです。

10円や100円をケチっても、数十万円ものムダがあったら、全く意味がありません。

 

投資をする

「節約」と「ミニマムライフ」で浮いたお金を「投資」にまわして、「資産運用」をしましょう。

そこから、「不労所得」を得られるようになれば、「FIRE」への道が見えてきます。

しかし、「投資」と言っても、「ギャンブル」や「投機」ではありません。

ラクして大金を稼げる方法など、そう滅多にあるものではないのです。

 

基本は、「堅実な投資」です。

しかし、「堅実な投資」では、時間がかかりすぎます。

その時間を短縮するためには、「節約」と「ミニマムライフ」をストイックに徹底して行い、「投資」のための「原資」を増やすしかありません。

そして、「複利」の力を利用するのです。

好きなことを副業で始める

副業収入があれば、それすらも投資にまわすことで、さらに「FIRE」までの時間短縮が可能になります。

また、仮に「FIRE」を実現できたとして、毎日、ただ遊んで暮らすのも、きっと飽きるでしょう。

何かしら、やりたくなるはずです。

働かなくても良くなったからこそ、やりたい仕事が見えてくるかもしれません。

 

また、「FIRE」後も、定期的な収入が、あるのとないのとでは、日々の安心感がまったく違うと思います。

何歳まで生きるか分からないという状況で、ただ貯金を切り崩すだけの生活よりよりも、定期的に収入があったほうが、絶対に人生を楽しむことができます。

 

「FIRE」後も続けられるように、副業は、慎重に選ぶ必要があります。

「儲かる」か、「儲からない」だけで、判断してはいけません。

ポイントは、「自分の好きなこと」と「やっていて楽しいこと」。

そうでなければ、「FIRE」後も、サラリーマンを続けるのと、そう変わらなくなってしまいます。

まとめ

「FIRE movement」は、とくに目新しい発想というわけではありません。

しかし、まだまだ、実現できていない人の方が、圧倒的に多いでしょう。

幸運なことに、現在では、インターネットの発達によって、実現のハードルは、格段に下がっています。

 

サラリーマンをしながらでも、「浪費」をやめて「節約」をし、「ミニマムな生活」をしながら、「堅実な投資」をコツコツと続けていけば、「FIRE」への道が見えてきます。

 

さらに、「好きなこと」を仕事(始めは副業)として行い、投資の「原資」を増やすことで、「複利」の力が増していき、「FIRE」実現までの時間が短縮されるのです。

 

「FIER」の実現後も、始めは副業だった「好き」で「楽しい」仕事が、本業となり、さらに豊かになっていく。

そんな、夢と希望のあるライフプランを実現することが、誰にでも可能なりつつあります。

 

なんて、いい世の中になったのでしょうか。

あとは、それを

「やるか、やらないか」だけです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました