独自ドメイン取得時の注意点!おすすめは短くて汎用性の高いドメイン

ブログ
この記事は約7分で読めます。

前回の記事、「 ブログの開設方法 ワードプレス か 無料ブログサービス か? それとも note? 」では、「無料ブログサービス」と「WordPress(ワードプレス)」について解説しました。

本格的に、ブログをやってみようと思ったら、「独自ドメイン」が必要になります。

 

今回は、「独自ドメイン」について解説します。

「独自ドメイン」を利用できる「無料ブログサービス」もありますので、その場合にも、今回の記事を参考にしてみて下さい。

それでは、さっそく始めていきましょう。

   

ドメインとは

ドメイン」を一言でいうと、「インターネット上の住所」です。

「サイト」、「サーバー」、「ドメイン」の関係は、よく、次のように例えられます。

 

・サイト  : 家(部屋)
・サーバー : 土地
・ドメイン : 住所(アドレス)

 

「ドメイン」は、世界にたったひとつの、あなたの「サイトの所在地」を表すアドレスになります。

世界にたったひとつですので、当然、すでに誰かが利用しているアドレスは、使用することができません。

ドメインの取得は、早いもの勝ちです。

短いドメインほど、取得競争が激しくなります。

ドメインの種類

ドメインには、たくさんの種類がありますが、基本的には、

.com (どっとこむ)
.net (どっとねっと)
.jp (どっとじぇいぴー)

あたりの、3つの中から取得するのが無難だと思います。

なかには、はじめの1年間は1円のドメインもありますが、2年目以降が割高に設定されている場合もありますので、1年で捨てるつもりがなければ、上記のどれかを選んでおいたほうが、後悔は少ないと思います。

ドメインは、サイトの信頼性にも影響してきますので、安さにつられないほうがいいでしょう。

 

ちなみに、「.com」が、いちばん無難ですが、そのぶん競争率が高く、空いている可能が低いです。

また、「.jp」は、いいのですが、少し高いです。(そのため空いていることも)

安くて「.com」よりも競争率が低い「.net」が、狙い目かもしれません。

 

ドメイン を取得するには

「ドメイン」を取得する方法は、2通りあります。

・ドメイン業者から取得
・レンタルサーバー業者から取得

レンタルサーバー業者から取得したり、レンタルサーバー契約の特典として、「独自ドメインが無料で貰えるキャンペーン」などもありますが、他のサーバーに乗り換えることを防止するという意味合いもあります。

 

私はいつも、「ドメイン業者」から取得しています。

「ドメイン業者」もたくさんありますが、私は、GMOグループの「お名前.com」をよく利用しています。

 

ほかにも「ドメイン業者」はありますので、調べてみて下さい。

また、思いついたドメイン名が空いているかは、こちらから簡単に確認することができます。


契約時の注意点

気に入った「ドメイン」が空いている場合、ドメイン取得時に、基本的には、余計なオプションには加入しなくても大丈夫です。

以前は、オプション扱いだった「Whois情報公開代行」は必要なのですが、今は何もしなくても大丈夫になっています。

 

そのかわりに、「Whois情報公開代行メール転送サービス」という、紛らわしい名前のオプションがあり、うっかりすると、チェックしてしまいそうですが、

❌ を付けたオプションサービスには、チェックを入れにように注意して下さい。(これは罠です!)

 

 

ドメイン取得の注意点

私は、これまでに5個くらいのドメインを取得してきました。

その経験(失敗体験)から、いくつか注意点を書いてみたいと思います。

・ドメインは短いほうがいい
・基本はアルファベット
・使いやすいドメインがいい
・高くても気に入ったドメインを選ぶべき

ドメインは短いほうがいい

私は、ドメインは、シンプルで分かりやすく短いほうがいいと思っています。

長くなればなるほど、分かりにくなります。

 

実際には、ドメインのあとには、パーマリンクと呼ばれる、記事やカテゴリーの文字列も付きますので、更に長くなることを覚えておきましょう。

たとえば、この記事の場合、カテゴリーは設定していませんので、

https://libertyways.com/domain/

となります。

 

私は、できる限り短くなるように心がけていますが、場合によっては、

https://ibertyways.com/blog/domain-important-point/

など、気をつけないと、いくらでも長くなってしまいます。

 

そして、短いドメインは、すでに使われている確率が、非常に高いです。

逆に、長くなればなるほど、「.com」などが、空いている確率が高いです。

 

少し高いですが、「.jp」は、かなりスッキリしていて、私は好きです。(高いけど)

「.JP」ドメインは、個人でも組織でも、日本に住所があれば誰でも登録できるドメインです。

また、おすすめはしませんが、漢字やひらがななどを用いた、日本語ドメイン名も登録できます。

 

ちなみに、よく見かける、

「co.jp」は、日本の法人向けですので、個人では取得できません。

基本はアルファベット

最近では、漢字やひらがななどを用いた、日本語ドメインもありますが、これは、あまりおすすめではありません。

日本語ドメインは、ウェブサイトのURLに表示される意外では、「Punycode」というものに変換されて、やたらと長い訳の分からないドメインになります。

どうしても、日本語ドメインを利用したい人は、そのことは知っておきましょう。

使いやすいドメインがいい

これはどういうことかと言うと、ブログを書いているうちに、ネタが尽きたり、興味が変わったりすることはよくあります。

そのときに、ドメイン名とまったく関係のない記事を書くのが、嫌でなければ、気にしなくてもいいと思います。

また、明らかに書くテーマが決まっている場合には、それに関連するドメイン名の方がいいと思います。

社名や店舗名なども、それを利用したほうがいいと思います。

逆に、何を書くか分からない、テーマが変わるかもしれない、という人は、書くことが変わってもおかしくないような、ドメイン名にしておいた方が、あとあとラクだと思います。

気に入ったドメインを選ぶべき

気に入った「ドメイン」が、いちどで取得することができればいいですが、既に使われていることの方が多いと思います。

しかし、可能な限り気に入ったドメイン名を考えて取得しましょう。

「ドメイン」とは、長い付き合いになるかもしれません。

「ドメイン」を変えるということは、ゼロから新しいサイトを立ち上げるということになります。

ドメインは、SNSのユーザー名や、アカウント名のように、気軽に変更することはできません。

また、気に入った「ドメイン」であれば、愛着が湧いて、ブログの更新も頑張れますよ。


まとめ

「ドメイン」は、早いもの勝ちですので、「サーバー」よりも「ドメイン名」を先に考えておくことを、おすすめします。

私は、これまでに6個くらい「ドメイン」を取得しています。

しかし、いくつもブログを立ち上げるのは、けっこう大変です。

当然、ムダも多いです。

本来、一回で済むはずの設定やアップデートを、ドメイン(ブログ)の数分だけ行う必要があります。

 

だたし、複数のブログをつくることによって、書きたいことを分けられるというメリットも生まれます。

関連した記事が多いほうが、内容の信憑性も高くなりますし、Googleの検索エンジンからの評価も高くなります。

 

おそらく、あとになって、もっといいドメイン名を思いつくと思いますが、とりあえずは、現時点で考えられる、あなただけの最高に素敵なドメイン名を見つけて下さい。

 

いつでもやっているわけではありませんが、エックスサーバーの「独自ドメインが無料で貰えるキャンペーン」を利用したい人は、ドメイン名を考えるだけで、実際に取得するのエックスサーバーを借りるときになります。

その場合は、前もって取得してしまわないように注意して下さい。

 

ブログを開設するためには、ドメイン名が決まったら、次は「レンタルサーバー」を借りる必要があります。

「レンタルサーバー」については、別の記事で書こうと思います。

 

【関連記事】

ブログの開設方法 ワードプレス か 無料ブログサービス か? それとも note?

ブログの開設方法 ワードプレス か 無料ブログサービス か? それとも note?
あなたが、これを読んでいるということは、「ブログを開設してみたい」と思っていることでしょう。 今回は、ブログを開設するなら「無料ブログサービス」がいいのか、それとも「WordPress(ワードプレス)」がいいのか、さらには、ブ...

WordPress(ワードプレス)でブログを始める方法・手順【概略編】

WordPress(ワードプレス)でブログを始める方法・手順【概略編】
今回は、まったくのゼロから、ブログを始めるための、全体的な流れを紹介します。 もしも、無料のブログサービスを利用する場合は、アメブロ、はてなブログ、ライブドアブログなどの、無料ブログサービスに登録して、そちらのやり方に従ってみ...

 

 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました