【断捨離】 ぼくたちに、もうモノは必要ない。断捨離からミニマリストへ

断捨離」は、基本的には、すべての人が、今すぐやったほうがいいと思います。

不要なモノに囲まれて生活していると、それだけで、人生の運気は停滞してしまいます。

逆に言うと、「断捨離」をすることで、運気を好転させることができる可能性が高まります。

「断捨離」には、計り知れないメリットがあります。

逆に言うと、「断捨離」をしないと、計り知れないデメリットがあるということです。

必要なものまで捨てる必要はありません。

明らかに不要なモノを処分することくらいなら、誰にでもできると思います。

そして、モノを処分することができるようになると、次第に、余分なモノを買わなくなっていきます。

マインド(考え方)が変わっていくからです。

今回は、すべての人にとって、やったほうがいい「断捨離」について、どうしたらできるようになるのかをお伝えしたいと思います。

目次

断捨離とは

まずは、「断捨離」という言葉について、簡単におさらいしておきます。

「断捨離」とは、作家の「やましたひでこ」氏が提唱し、商標登録している、

不要な物を減らして、生活に調和をもたらそうとする思想

のことです。

以下、ウィキペディアからの引用です。

「断捨離」のそれぞれの文字には、ヨーガの行法(ぎょうほう)である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)に対応し、

  1. 断:新たに手に入りそうな不要なものを断る
  2. 捨:家にずっとある不要な物を捨てる。
  3. 離:物への執着から離れる。

という意味がある。

すなわち「断捨離」とは、不要な物を「断ち」「捨て」、物への執着から「離れる」ことにより、「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を開放し、身軽で快適な生活と人生を手に入れようとする思想である。ヨーガの行法が元になっているため、単なる片付けとは異なるものとされている。

やましたが2009年に出版した『新・片付け術 断捨離』(マガジンハウス)のヒットにより一般に知られるようになった。

ウィキペディアより引用
著:やましたひでこ
¥1,650 (2023/07/17 14:09時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

個人的には、

「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を開放し、身軽で快適な生活と人生を手に入れようとする思想

というところが、もっとも重要だと考えています。

不要なモノを処分できない理由

おそらく誰しも、不要なモノは無意識的に分かっているので、それらを見るたびに、気持ちが下がるのではないかと思います。

また、不要なモノを処分できない自分や家族に対する苛立ちも、不要なモノがあり続ける限りなくなることはありません。

誰だって、不要なモノに囲まれていて、気分がいいはずがありません。

不要なモノや、それらを処分したほうがいいことは、みんな分かっているのです。

それでも処分できないのには、いくつかの理由が考えられます。

ひとつは、単純に面倒くさいから。

そして、不要なモノの大部分が、かつて、お金を支払って買ったものだから。

そのため、不要なモノが高価であればあるほど、買ってしまったことに対する後悔や、処分することに対する罪悪感損をしたことを認めたくない気持ちなど、さまざまな気持ちが交錯して、処分に踏み切れません。

しかし、それらは、過去のあなたにとっては、必要なものだったのでしょう。

仮にそうでなかったとしても、そうだったということに、してしまいましょう。

そして、いま、必要がないと感じるのであれば、思い切って処分してしまっていいのです。。

断捨離しないことのデメリット

不要なモノを維持したりメンテナンスするためには、本来であれば不要な、お金や広い家などが必要になるので、金銭的にもデメリットしかありません。

金銭的なデメリットだけでなく、探しものやメンテナンスなどに、余分な時間まで取られてしまいます。

とにかく、不要なモノがあることのメリットは、何ひとつないと思います。

不要なモノの処分には、処分するための費用、処分するための時間など、多くのお金と時間を無駄にすることになります。

つまり、金銭的にも時間的にも、現状以上の損失が発生するということです。

かつて、お金を払ったり時間を使って購入したモノを、わざわざ、追加でお金と時間を使って処分するというのは、損失に損失を重ねるように思えてしまいます。

所有し続ければなんとなくごまかせる損失も、処分した時点で損失が確定してしまいます

しかし、早い段階でキリを付けるほうが、その後の人生意にとっては、確実にプラスになります。

損切りは、早ければ早いに越したことはありません。

まずは断捨離から

その後に続く、「住み替え」や「生活水準の見直し」へのファーストステップとしても、「断捨離」は欠かせません。

なにはともあれ、まずは、「断捨離」から始めるのがおすすめです。

不要なモノを処分しなければ、いまよりも狭い部屋に引っ越すことはできません。

ただし、裏技として、先に引っ越し先を決めてしまって、引っ越しの際に強制的な「断捨離」をするという方法もあります。

どうしても「断捨離」ができないという人にとっては、おすすめの方法です。

生活水準を見直すにしても、不要なモノを処分しないうちは、削れるはずのコストが削れない場合もあります。

生活水準を見直すというと、少し大げさに聞こえるかもしれませんが、単純に、無駄な支出をカットするだけでも、だいぶ違ってくると思います。

たとえば、もう何年も乗っていないバイクや自動車を、なんとなく所有し続けている人がいるとします。

そのバイクや自動車を処分しない限り、毎月の駐車場代や、毎年の税金や保険料、数年おきの車検代などの支出をカットすることはできません。

過去はどうあれ、いまはもう乗らないのであれば、思い切って処分することで、処分して以降は、それまで支払っていた支出をカットすることができます。

維持費が発生する不要なモノは真っ先に処分するとともに、維持費が発生するモノを購入するときにも、十分注意が必要です。

不要なモノを処分することで、月々の支出を減らすことができれば、それほど我慢することなく、生活水準の見直し(引き下げ)が可能になります。

断捨離をするために

「断捨離」をするためには、まずは、

断捨離をする!

と強く決意することから始めましょう。

とはいえ、なかなか重たい腰が上がらない人も多いと思います。

まずは、「断捨離」をしたくなるような動画を観たり、本を読んで、マインドから入れ替えることがおすすめです。

マインドが入れ替わらなければ、捨てもまた、不要なモノが溜まってしまいます。

「断捨離=ミニマリスト」ではありませんが、「断捨離」を繰り返すうちに、結果として「ミニマリスト」になる人は多いように思います。

「断捨離」や「ミニマリスト」については、たくさんの本が出版されていますが、おすすめの1冊を紹介しておきます。

著:佐々木 典士
¥752 (2023/07/17 13:06時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

本書は、Audible(オーディブル)でも聴くことができます。

Audible(オーディブル)は、Amazon が提供するオーディオブックサービスです。

本を読むのが苦手な人」や「本を読む時間がない人」でも、移動時間や家事などの作業時間などのスキマ時間で、読書ができるので、おすすめです。

まとめ

不要なものを買い込んで、モノで溢れた部屋で暮らすのと、不要なものは買わずに、整理された部屋で暮らすのとでは、どちらがいい人生なのかは明らかです。

とはいえ、そう簡単に「断捨離」をすることができれば苦労しません。

私自身も、しばらくの間、モノで溢れた空間で生活をしていた時期もありました。

もちろん、そんな部屋でくつろぎを感じることはできません。

そのころは、「片付けたい!」という思いは常にありましたが、不要なモノは処分しよう(捨ててしまおう)という気持ちは、それほどなかたように思います。

その根底にあったのが、「勿体ない…」という思い込みだったのだと思います。

そのような思い込みは、幼少期に家族から植え付けられる場合が多いです。

「断捨離」に関する動画を観たり、本を読むことで、マインドを入れ替えることができたので、最近では、不要なモノは、だいぶ処分できるようになってきました。

不要なモノを処分すると、損をするように思うかもしれませんが、以前に比べて貧乏になっていないので、やはり、「断捨離」は絶対にやったほうがいいと思います。

必要のないモノに囲まれる生きるを見直してみませんか。 

著:佐々木 典士
¥752 (2023/07/17 13:06時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
目次