色彩心理学とは?色が与える影響と代表的な色の色彩心理

人生・生き方
この記事は約9分で読めます。

あなたの好きな色は、何色ですか?

また、その理由はなぜですか?

 

おそらく、

好きだから

というのが、多くの人の答えだと思います。

 

しかし、

それぞれの「色」には特徴があり、私たちの心理や感情、行動に無意識レベルで、多大な影響を与えています。

 

つまり、

あなたが選ぶ「色」によって、自分自身だけでなく、周囲の人の心理や行動までも、大きく影響を受けているのです。

 

また、私たちは、しばしば「色」によって、無意識レベルで影響を受けて、購買意欲を掻き立てられたり、行動を誘導されています。

 

「色」が人の心理や行動に与える影響の研究は、「色彩心理学」と呼ばれています。

   

色彩心理学とは

「色彩心理学」とは、それぞれの色の持つ根源的な性質や特質、さらには、イメージ、自我、魂、意識、無意識といった、人間の心の諸要素との連関などを主として研究する学問です。

 

「色彩心理学」は、2003年に米国で誕生した、比較的新しい学問です。

しかし、「色彩心理学」には、ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe)、ユング(Carl Gustav Jung)、フロイト(Sigmund Freud)、アドラー(Alfred Adler)、空海(弘法大師)といった偉大な先人たちが追い求めた「色彩論」や「形態学」、「分析心理学」や「仏教」などの知恵が息づいています。

色が与える影響

それぞれの「色」には特徴があり、私たちの身体、心理、感情、行動などに、無意識レベルで、多大な影響を与えています。

生理的な影響

色は、「神経」に影響を与えます。

一般的に、赤などの興奮色は、「交感神経系」を優位にし、青や緑色などの鎮静色は「副交感神経」を優位にします。

心理的な影響

色は、「認識力」、「記憶力」、「回想力」などに影響を与えます。

一般的に、黒やグレーなどの後退色よりも、赤や黄色などの進出色のほうが、より認識され、記憶に残りやすいです。

感情的な影響

色は、「感情」に影響を与えます。

一般的に、ひまわりの黄色などの興奮色は、人を明るい気分させ、観葉植物の緑などの鎮静色は、人を穏やかな気分にさせます。
 

代表的な色の分類

「色」は、その特性ごとに、いくつかの分類することができます。

ここでは、代表的な分類方法を紹介します。

温暖色と寒冷色

モノを燃やしたときの温度によって、見える色は変わりますが、色自体に「温度」はありません。

しかし、私たちは、色によって「暖かさ」や「冷たさ」を感じることがあります。

一般的には、「赤」や「オレンジ色」を中心とする赤系統は「温暖色」のため「暖かく」感じ、「青」や「青紫」などの青系統は「寒冷色」のため「冷たく」感じられます。

膨張色と収縮色

同じ「大きさ」の物体でも、その色によって、大きく見えたり小さく見えたりします。

具体的には、同じものであっても、「白」は「膨張色」なのでの大きく見え、「黒」は「収縮色」なので、小さく見えます。

一般的には、赤るい色は「膨張色」のため「大きく」感じ、暗い色は「収縮色」のため「小さく」感じられます。

進出色と後退色

物体までの「距離」が同じであっても、その色によって遠くに見えたり、近くに見えたりします。

一般的には 暖色系や明るい色は「進出色」のため「近く」感じ、寒色系や暗い色は「後退色」のため「遠く」感じられます。

軽量色と重量色

色には「重さ」はありません。

しかし「白」は軽く、軽快に見え、「黒」は重たく、重厚に見えます。

一般的には、 明度が高く明るい色は「軽量色」のため「軽く」感じ、明度が低い暗い色は重量色」のため「重く」感じられます。

柔軟色と強硬色

色には「硬さ」はありません。

ここで言う「硬さ」には、実際の「硬度」だけでなく、思考の「柔軟性」も含みます。

一般的に、暖色系で明度が高く、彩度が低い色は「重量色」のため「柔らかく」感じ、寒色系で明度が低く、彩度が高い色は「強硬色」のため「堅く」感じられます。

興奮色と鎮静色

色には、感情はありませんが、感情を左右する効果があります。

一般的に、暖色系で彩度が高い色は「興奮色」のため、「興奮感を与える効果」があり、寒色系で彩度が低い色は「鎮静色」のため、心理状態を落ち着かせる「沈静効果」があります。
 

同系色・補色・反対色

同系色

色の相環図で、隣り合う色や近い位置にある色のことを「同系色」といいます。

 

 

たいていの同系色は、同じか近い性質を持ちます。

補色

色の相環図で、正反対の位置にある色を「補色」といいます。

 

 

たいていの「補色」は、反対の性質を持ちます。

反対色

色の相環図で、正反対の色の隣近辺の色を「反対色」と言います。

 

 

たいていの「反対色」は、「補色」と同様に、反対の性質を持ちます。

代表的な色の色彩心理と働き

色に対する色彩心理やイメージは、国や宗教、民族や文化によって異なる場合があります。

ここでは、日本での色彩心理、働き、イメージを紹介します。

白 – White

膨張色・進出色・柔軟色・軽量色

イメージ

・純粋

・清潔

・神聖

・正義

・空虚

・無

色彩心理

・純潔さや純真さをあらわす

・清潔な印象を与える

・始まりを感じさせる

・過去の清算やリセットをあらわす

・実際より軽く感じさせる

黒 – Black

■ 収縮色・後退色・強硬色・重量色

イメージ

・高級感

・重厚感

・威厳

・恐怖

・絶望

・不吉

・悪

・死

色彩心理

・強さ、圧力、権力など力を感じさせる

・高級感を与える

・相手を威圧する

・暗い気持ちになる

・実際よりも重く感じさせる

赤 – Red

膨張色・進出色・温暖色・興奮色

イメージ

・情熱

・活力

・興奮

・高揚

・怒り

・暴力

・警戒

色彩心理

・警戒心、注意力を喚起し、人間の感情的興奮や刺激をもたらす

・交感神経に刺激を与えて、体温・血圧・脈拍をあげる

・注目や関心を集める

・熱や暖かさを感じる

・活力を感じ気持ちを前向きにさせる

・食欲を増進させる

・時間経過を早く感じさせる

青 – Blue

収縮色、後退色、環冷色、鎮静色

イメージ

・知的

・落ち着き

・信頼感

・誠実

・爽快感

・悲哀

・冷たい

・孤独

色彩心理

・爽快感を与える

・冷静にさせる

・心や身体の疲れを癒やす

・穏やかな気持ちを与える

・鎮静作用、緊張を緩和作用があり、体温の低下、痛みの暖和などに作用する

・疲れた目を休ませる

黄色 – Yellow

膨張色・進出色・温暖色・興奮色・軽量色

イメージ

・愉快

・元気

・軽快

・希望

・無邪気

・注意

・注目

色彩心理

・明るさや希望を与える

・注意をうながす

・脳が活性化し、頭の回転が早くなる

・集中力がアップする

・記憶力を高める

・判断力がUPする

・運動神経を活性化させる

オレンジ色 – Orange

膨張色・進出色・温暖色・興奮色

イメージ

・喜び

・活発

・陽気

・明るい

・暖かい

色彩心理

・楽天的な印象をあたえ、陽気にみえる

・消化、新陳代謝をよくする作用がある

・食欲を増進させる働きがある

・血管や自律神経を刺激し、身体を活動的にする働きがある

・エネルギーと開放感を与える

・賑やかさを感じ陽気な気分になる

・緊張を和らげ力を出せる状態にする

・親しみが生まれ仲間意識を高める

・食欲を増進させる

・整理整頓ができる

ピンク色 – Pink

進出色・温暖色・柔軟色・軽量色

イメージ

・可愛い

・幸福

・愛情

・女性的

色彩心理

・幸せな気持ちになる

・優しい気持ちになる

・心も体も若くなる

・愛らしく見える

・緊張をやわらげる

・安らぎに満ち足りた気分になる

・愛情を求めるようになる

茶色 – Brown

温暖色・重量色

イメージ

・ぬくもり

・落ち着き

・伝統

・ナチュラル

色彩心理

・温もりを感じさせる

・伝統や歴史を感じさせる

・安定している印象を与える

・堅実さや信頼感を与える

・緊張を緩和する

・コツコツと物事を継続させる。

緑色 – Green

鎮静色・重量色
*中性色でもあるため、周りの色によってイメージが変化する

イメージ

・安らぎ

・癒し

・調和

・安定

・若々しい

・健康

・やさしい

色彩心理

・情緒を安定させ、安心感を増加させる

・筋肉の緊張をほぐし、リラックスさせてくれる

・穏やかな気持ちを与える

・鎮静作用で緊張を緩和する

・心や身体の疲れを癒やす

・疲れた目を休ませる

紫 – purple

鎮静色・重量色
*中性色でもあるため、周りの色によってイメージが変化する

イメージ

・品

・優雅

・妖艶

・神秘

・高貴

・不安

色彩心理

・高貴さや優雅さをあらわす

・集中力がアップする

・鎮静効果がある

・リンパ管や心筋、運動神経の働きを抑制する。

・想像力をかき立て感性を豊かにする

・緊張や不安を癒し、穏やかな気分を与える

・心と身体の回復を促す

・勘を鋭くする

・催眠効果がある

・性的なものを感じさせる

灰色 – Gray

柔軟色、鎮静色
*明るければ「白」、暗ければ「黒」に近づく

イメージ

・落ち着き

・大人

・真面目

・抑うつ

・迷い

・不信

色彩心理

・上品でお洒落な印象を与える

・落ち着いた雰囲気を与える

・穏やかで控えめな印象を与える

・物事を受け入れやすくなる

・忍耐強くなる

まとめ

私たちの身の回りには、多種多様な色が溢れています。

そして、私たちが意識していようといまいと、それらの色から、生理的にも心理的にも、多大な影響を受けています。

 

そして、大部分の企業や営利団体は、そのことを利用しています。

彼らは、色彩心理学を利用して、企業イメージのアップを図ります。

また、色彩心理学を使って、無防備な消費者に対し、購買意欲を掻き立てるように仕向けます。

 

色の持つ性質や力、色彩心理を学ぶことで、知らず知らずのうちに、操られてしまっているということに気付けたとしても、それを防げるようになるかというと、なかなか難しいかもしれません。

なぜなら、それは、無意識のレベルで反応してしまうからです。

 

しかし、色彩心理学を学んで、自分にとって有利になるように利用することなら可能です。

不安や緊張を和らげる」、「集中力を高める」、「記憶力を高める」、「気持ちを前向きにする」…などに色彩心理学を利用することができます。

 

また、大事な場面で、何色の衣装を身につけるのか迷ったときにも、色彩心理学は、かなり役に立ちます。

大事な商談やプレゼン、意中の相手とのデートの際に、ぜひ、色彩心理学を取り入れてみて下さい。

 

そして、色彩心理学を勉強することで、自分がその色が好きな理由や、自分の心が求めているものが分かるかもしれません。

 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました