悪魔とのおしゃべり をオーディオブックで聴こう!

本・オーディオブック
この記事は約6分で読めます。

『悪魔とのおしゃべり』は、人気ブログ「笑えるスピリチュアル」、通称「わらスピ」のさとうみつろう氏による著書『神さまとのおしゃべり』の続編です。

 

『悪魔とのおしゃべり』は、『神さまとのおしゃべり』と同様に、『夢をかなえるゾウ』シリーズ、『神との対話』シリーズ、「あの世に聞いた、この世の仕組み」シリーズのように、「悪魔」と「みつろう」による対話形式になっています。

 

また、「悪魔」のほかにも、数人の人物が登場します。

そのため、「オーディオブック版」では、7名のナレーターが担当しています。

 

『悪魔とのおしゃべり』は、600ページ近い、かなりぶ厚い本です。

『神さまとのおしゃべり』よりも、さらに厚くなっています。

それでいて、半分くらいの厚みの本と、同じくらいの価格です。

 

『悪魔とのおしゃべり』を読むなら、おすすめは、「オーディオブック版」です。

  

悪魔とのおしゃべり 内容紹介

amazon.co.jp

20万部突破!大ベストセラーとなった『神さまとのおしゃべり』発売から早3年――。

世界にある「ありきたりな教え」や「道徳的な成功法則」に飽ききっていた主人公の目の前に、突如おしゃべりな悪魔が現れた!

そして、みつろうに問うのだった。

「“善い行い”をし続けて、幸せになれた奴はいるか?

親や、学校や、道徳の教えのほうが、まちがっていたのさ。

我が悪の軍団は、貴様らの願望を満たす“本当の方法”を知っている」

何も言い返せないこの青年は、まんまと誘惑に乗っかり、悪の手下として「正しさを疑う旅」に出ることになった。

ただ、乗ったその船の向かう先は、地獄ではなく天国であったことを、あなたに初めに伝えておきたい。

――悪魔のささやきが超魔速で、決まりかけたあなたの人生を変える!

価値観ぶった斬り実用エンタメ小説がここに完成です。

※この物語、劇薬につき取扱注意。そのままの人生を送りたい人は、絶対に開かないでください。

出典:https://www.amazon.co.jp/

■ 書籍版

audiobook.jp

20万部突破! 大ベストセラーとなった『神さまとのおしゃべり』に続く話題作をオーディオブック化。

世界にある「ありきたりな教え」や「道徳的な成功法則」に飽ききっていた主人公の目の前に、突如おしゃべりな悪魔が現れた!

そして、みつろうに問うのだった。

「善い行い”をし続けて、幸せになれた奴はいるか?

親や、学校や、道徳の教えのほうが、まちがっていたのさ。

我が悪の軍団は、貴様らの願望を満たす“本当の方法”を知っている」

何も言い返せないこの青年は、まんまと誘惑に乗っかり、悪の手下として「正しさを疑う旅」に出ることになった。

ただ、乗ったその船の向かう先は、地獄ではなく天国であったことを、あなたに初めに伝えておきたい。

――悪魔のささやきが超魔速で、決まりかけたあなたの人生を変える!

価値観ぶった斬り実用エンタメ小説がここに完成です。

出典:https://audiobook.jp

■ オーディオブック版

悪魔とのおしゃべり 目次

第1章 正しさを、疑え!

第2章 怒れるヒーロー

第3章 人間スーツ

第4章 身体は、神殿

第5章 脅し始めた、お守り

第6章 リンゴの主張

第7章 イイヒマニア

第8章 宇宙システムの始まり

第9章 この世は、勘違い合戦

第10章 運を悪くする、良い方法

第11章 あなたは、宇宙の孫の手

第12章 あなたは何も悪くない

第13章 不可能とは「正しさ」を乗り越えられない者の言い訳

 

悪魔とのおしゃべり 著者

さとうみつろう

札幌の大学を卒業後、10年間エネルギー系の東証一部上場企業で勤める。

「社会を変えるためには1人1人の意識の変化が必要」だと痛感し、2011年にブログ『笑えるスピリチュアル』を開始。

斬新な視点が話題となり、またたく間に各種ランキングで1位を獲得。

月間200万アクセスを誇る大人気ブログとなる。

2014年、読者や周囲の声に応える形でサラリーマンを引退し、全国各地でトークショー&ピアノライブを開催。

同年出版した初の著書『神さまとのおしゃべり』(ワニブックス)は、20万部を突破する大ベスセラーとなる。

また、音楽活動にも力を入れており、ロックバンド“ サノバロック”のフロントマンとしてメジャーレーベルからCD『グラビトン』を発売し、オリコン初登場24位を記録。

主な著書に『金持ち指令』(主婦と生活社)、『その名は、バシャール』(ヴォイス)などがある。

出典:https://www.amazon.co.jp/

神さまとのおしゃべり

『神さまとのおしゃべり』と同様に、口のききかたや表現が、万人受けするようには書かれていません。

なかには、それを不愉快だと感じる方もいるかもしれませんが、それが、みつろう氏の持ち味です。

 

神との対話』シリーズや『ニュー・アース』などは、日本人が書いた本ではなく、キリスト教思想がバックボーンにある西洋の人には分かりやすいと思いますが、日本人には、少し伝わりづらい部分もあります。

 

最近では、阿部敏郎氏、雲黒斎氏、さとうみつろう氏など、日本人のスピリチュアルリーダーが増えてきたことは、日本人の目覚めにとっては、とてもいいことだと思います。

 

最後に、

『夢をかなえるゾウ』シリーズ、『神との対話』シリーズ、「あの世に聞いた、この世の仕組み」シリーズもそうですが、スピリチュアルな内容と対話形式は相性がいいように思います。

 

また、そのような対話形式と、「オーディオブック」もとても相性がいいので、『神さまとのおしゃべり』や『悪魔とのおしゃべり』も、オーディオブック版がおススメです。

神さまとのおしゃべり

■ 書籍版(文庫版)

 

■ オーディオブック版

悪魔とのおしゃべり

『神さまとのおしゃべり』の続編として出版されれた『悪魔とのおしゃべり』も、オーディオブック化されています。

■ 書籍版

 

■ オーディオブック版

オーディオブック

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました