知識共有プラットフォーム Brain(ブレイン)とは?【https://brain-market.com/】

brain.comnote
この記事は約5分で読めます。

2020年1月末、アフィリエイト界隈が、久しぶりにお祭り騒ぎになっているようです。

 

その理由は、

知識共有プラットフォーム「Brain(ブレイン)」

というWEBサービスが、リリースされたから。

 

知識共有プラットフォーム「Brain(ブレイン)」とは、いったい、どんなプラットホームなのでしょうか?

 

【最短ルート】素人でもすぐに稼げる!Brain攻略法を解説

Brain(ブレイン)とは?

「Brain(ブレイン)」とは、

 

ビジネスに特化した、コンテンツ販売のプラットホーム

のことです。

 

「Brain(ブレイン)」で、コンテンツを販売するためには、資格などは不要です。

 

Brain(ブレイン)のアカウントさえ取得すれば、PCやスマホから、誰でも簡単に自分のコンテンツを、販売することができます。

 

似たようなプラットホームとしては、「インフォトップ」などのサービスが、以前からありましたね。

 

あまりいいイメージで使われることが少ないですが、「Brain(ブレイン)」も、「情報商材」を取り扱うプラットホームというイメージで、だいたいOKだと思います。

 

最近では、「note(note.com)」が、最も近いサービスになります。

 

【最短ルート】素人でもすぐに稼げる!Brain攻略法を解説

noteとの違い

「note」との違いとしては、

Brain(ブレイン)には「紹介機能」があり、アフィリエイトが可能

になっているということです。

 

つまり、自分でコンテンツを作らなくても、誰かが作ったコンテンツを宣伝して、それが売れると紹介報酬がもらえる、という仕組みになっています。

 

もちろん、自分で自分のコンテンツを作って売って、商売をすることもできます。

 

その場合は、「自力」だけで売っていくか、「他人」の紹介も利用しながら売っていくのか、選べるようになっています。

 

それによって、販売手数料が変わってきます。

 

そして、コンテンツを紹介して販売してくれた「他人」には、報酬(紹介料)が発生する仕組みです。

 

また、購入した人だけができる、「評価機能(レビュー機能)」あり、良いコンテンツが目立つような仕組みになっています。

 

その他、Brain(ブレイン)では、今後も、各種アップデートの予定があるそうです。

 

 

ちなみに、

https://brain-market.jp/」というサービスもありますが、今回、注目されているのは、「https://brain-market.com/」の方です。

 

【最短ルート】素人でもすぐに稼げる!Brain攻略法を解説

販売手数料

「Brain(ブレイン)」では、「紹介機能(アフィリエイト)」を利用しない場合の、販売手数料は、「note」よりも安く設定されています。

 

「note」が15%なのに対して、「Brain(ブレイン)」は12%

 

となっています。

 

また、「紹介機能(アフィリエイト)」を利用した場合は、24%に設定されているようです。

 

ただ、その分は、販売価格に上乗せされれば、いいだけなので、「紹介機能(アフィリエイト)」は、利用したほうがよさそうです。

 

なお、紹介料率は、コンテンツの販売者が任意で設定できるようです。

 

【最短ルート】素人でもすぐに稼げる!Brain攻略法を解説

おわりに

「Brain(ブレイン)」の名前に由来は、もちろん「脳=ブレイン」からきていて、

 

「あなたの脳ミソを収益化しよう」=「売り手

「あなたの脳ミソを強化していこう」=「買い手」

 

ということです。

 

このサービスが、うまく回れば、

 

・サービスの運営元
・コンテンツの販売者
・コンテンツの購入者
・コンテンツの紹介者

 

の4者が、

win-win-win-win

になれるという意味で、時代にあった、けっこう優れたビジネスモデルではないかと思います。

 

「インフォトップ」にも、アフィリエイトが用意されていますが、なんとなく「情弱ビジネス」というような、悪いイメージもあるような気がして、今となっては、ちょっと使いづらいですね。

 

もちろん、「Brain(ブレイン)」も、そうなってしまう可能性は、否定できません。

 

やはり、カギは「評価機能(レビュー機能)」の充実だと思います。

 

 

今後は、「note」から「Brain(ブレイン)」に移行する販売者が、一気に増えそです。

 

「note」も、すぐに、「カイゼン」で、対抗してくるとは思いますが…

 

有名所では、マナブさんや、イケハヤさんなども、さっそく「Brain(ブレイン)」に参入しているようです。

 

近年、稀にみるビッグウェーブの予感です。

 

【最短ルート】素人でもすぐに稼げる!Brain攻略法を解説

 

【注意】リンクにアクセスしても、つながらない場合は、サーバーがダウンしている可能性がありますので、しばらくしてから、再度、アクセスしてみてください。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました