オーディオブックでおすすめの対話本【スピリチュアル・さとり編】

本・オーディオブック
この記事は約8分で読めます。

オーディオブックは、多くの本でおすすめですが、「対話形式」で構成されている本は、とくに、オーディオブックと相性がいいように思います。

 

通常のスタイルで書かれた本のオーディオブック版は、ナレーター(声優)が1人で担当しますが、「対話形式」の場合は、複数のナレーター(声優)が担当しているので、物語に臨場感が生まれます。

 

なかには、音楽や効果音などが使われているオーディオブックもあり、さらに臨場感が高まります。

 

「対話形式」の本のなかから、おすすめのオーディオブックをいくつか紹介したいと思います。

 

今回は、「スピリチュアル・さとり編」です。

じつは、「スピリチュアル」や「さとり」に関する本も、オーディオブックと相性がいいのです。

   

オーディオブックとは

「オーディオブック」は、耳で聴く本のことです。

プロのナレーターが、本をそのまま読み上げてくれるので、目を使わずに読書を楽しめます。

つまり、耳さえ空いていれば読書ができるということです。

 

オーディオブックを利用することで、時間を効率的に使うことができ、大量のインプットが可能になります。

オーディオブックにについて

 

気に入った本は、Kindkeなどの活字と併用すると、さらに頭に入ります。

⇒ Kindle Unlimited (初回30日間無料)

 

気に入った本が何冊あろうと、必要なのはスマートフォンだけです。

すべてがスマートフォン内に収まるので、保管や持ち運びに困ることはありません。

Wi−Fi環境で、スマートフォンにダウンロードしておけば、通信費も気になりません

 

さらに、完全ワイヤレスイヤホンイヤホンがあれば、まわりの環境や、場所を選ばず、聴くことができます。

完全ワイヤレスイヤホン

 

オーディオブックのメリット・デメリットについては、別の記事を参照ください。

オーディオブックの活用方法【メリットとデメリット】

オーディオブックの活用方法【メリットとデメリット】
「オーディオブック」は、インターネットやスマートフォンが普及したことによって、「ダウンロード」で、気軽に利用できるようになりました。 もしかしたら、これを読んでいるあなたは、「オーディオブック」を利用しようかどうか、まだ、迷っているい...

神との対話シリーズ

まず最初に紹介する、「スピリチュアル(さとり)」系の本は、『神との対話シリーズ』です。

 

おそらく、最近の日本人による、「スピリチュアル(さとり)」系の本は、この『神との対話シリーズ』の影響を、少なからず受けていると思います。

 

『神との対話シリーズ』の著者、ニール・ドナルド・ウォルシュ氏は、米国の作家ですので、キリスト教の思想が背景にありますが、「宗教本」ではありません。

もっと、根源的で、幅広い内容の本です。

 

『神との対話』シリーズは、日本語に翻訳されているだけでも、非常に多くの著書があります。

主な日本語訳著書

・神との対話 1-3 (1997年)
・神との対話 365日の言葉 (2000年)
・神との友情 上・下 (2000年)
・神との対話 普及版 1-7 (2001年)
・神とひとつになること (2001年)
・神との対話 フォトブック―ちいさな魂と太陽 (2001年)
・平和への勇気―家庭から始まる平和建設への道 (2002年) ルイーズ・ダイヤモンドとの共著
・新しき啓示 (2003年)
・明日の神 (2006年)
・神へ帰る (2007年)
・神が望むこと (2008年)
・神よりしあわせ (2009年)
・変えれば、変わる (2009年)
・10代のための神との対話(2009年)
・神との対話完結編 (2018年)

オーディオブック版

しかし、現状では、オーディオブック版があるのは、

神との対話 1-3

神との対話完結編

の合計4冊のみです。

 

『神との対話』シリーズは、「スピリチュアル」や「さとり」に興味がある人にとっては、外すことのできない本だと思います。

 

神との対話(1・2・3・完結編)をオーディオブックで聴こう!

神との対話(1・2・3・完結編)をオーディオブックで聴こう!
人生をより良いものにするために、または人生に悩み、『思考は実現化する』などの「自己啓発書」を読む人は多いと思います。 ⇒ ナポレオン・ヒルの著書『思考は現実化する』と『巨富を築く13の条件』はどちらがおすすめ? 一方、精...

新装版 神との対話1

■ 書籍版

■ オーディオブック版

新装版 神との対話2

■ 書籍版

■ オーディオブック版

新装版 神との対話3

■ 書籍版

■ オーディオブック版

神との対話 完結編

■ 書籍版

神との対話 完結編
ニール・ドナルド・ウォルシュ
¥ 2,160(2019/03/30 15:12時点)

■ オーディオブック版

雲 黒斎

続いて紹介する「スピリチュアル(さとり)」系の本は、『あの世に聞いた、この世の仕組み』という、人気ブログから生まれた2冊です。

 

『あの世に聞いた、この世の仕組み』の著者は、日本人で、ブログのハンドルネームは「雲 黒斎」です。

ちなみに、「」が守護霊で、「黒斎」が自分という設定になっています。

 

最近では、「黒沢一樹」という名前も使っています。

「うんこくさい」という名前では、不都合も多いようです。

 

あの世に聞いた、この世の仕組み』と、続編の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』は、私がこれまで読んできた「スピリチュアル(さとり)」系の本のなかでは、圧倒的に分かりやすい本です。

 

『神との対話』シリーズもおすすめですが、日本人が日本語で書いた「スピリチュアル(さとり)」系の本のなかでは、いちばんおすすめです。

 

あの世に聞いた、この世の仕組み をオーディオブックで聴こう!

あの世に聞いた、この世の仕組み をオーディオブックで聴こう!
『あの世に聞いた、この世の仕組み』は、「この世」の仕組みについて、著者(黒斎さん)が、24時間テレビの黄色いTシャツを着た「あの世」の守護霊(雲さん)から聞いた内容として、会話形式でまとめられています。 それで、ペンネームが「雲 黒斎...

あの世に聞いた、この世の仕組み

■ 書籍版

■ オーディオブック版

もっと あの世に聞いた、この世の仕組み

■ 書籍版

■ オーディオブック版

さとう みつろう

最後に紹介する「スピリチュアル(さとり)」系の本は、こちらも人気ブログからの2冊です。

 

著者のハンドルネームは、「さとうみつろう」で、人気ブログ「笑えるスピリチュアル」を運営しています。

 

「さとうみつろう」は、2014年に、読者や周囲の声に応える形でサラリーマンを引退し、全国各地でトークショー&ピアノライブを開催し、大勢の人に「笑いと勇気」を届ける活動をしています。

 

また、先ほど紹介した、雲黒斎氏や阿部敏郎氏と一緒の講演会やイベントも行っています。

 

本の内容は、雲黒斎氏の『あの世に聞いた、この世の仕組み』に近いかもしれません。

 

雲黒斎氏が、「守護霊」との対話というアプローチなのに対して、さとうみつろう氏は、「神さま」や「悪魔」との対話というアプローチです。

 

ただし、言葉遣いは、かなりくだけた感じで、好き嫌いは分かれるかもしれません。

 

また、「量子力学」をまったく知らないと、少し理解するのが難しい部分もあるかもしれません。

 

じつは、「スピリチュアル」と「量子力学」は、おそらく同じものを、別々の角度からアプローチしているに過ぎないのかもしれません。

 

これからの「スピリチュアル」は、「量子力学」抜きでは語れないと思います。

 

神さまとのおしゃべり』と続編の『悪魔とのおしゃべり』も、おすすめです。

 

神さまとのおしゃべり をオーディオブックで聴こう!

神さまとのおしゃべり をオーディオブックで聴こう!
『神さまとのおしゃべり』、通称「神おしゃ」は、人気ブログ「笑えるスピリチュアル」、通称「わらスピ」のさとうみつろう氏による初の著書です。 『神さまとのおしゃべり』は、『夢をかなえるゾウ』シリーズ、『神との対話』シリーズ、「あの...

神さまとのおしゃべり

■ 書籍版

■ オーディオブック版

悪魔とのおしゃべり

■ 書籍版

■ オーディオブック版

おわりに

スピリチュアル(さとり)」系の本は、聴いてみるとわかると思いますが、オカルトではありません。

 

じつは、これらは、より良い人生を送る(=苦を少なくする)ために、必要な知識なのです。

 

しかし、「量子力学」もそうですが、なかなか「理解することが難しい」情報でもあります。

 

その「理解することが難しい」情報を、どうにか、わかりやすく説明するためのアプローチを考えたときに、おそらく「対話形式」が、最も伝わりやすいのだろうと、ここに紹介した著者たちは考えたのだろうと思います。(私も同感です。)

 

昔とは違って、今では、「スピリチュアル(さとり)」系の本を読む=「怪しい」などということはありません。

 

それどころか、むしろ、「量子力学」などの最先端の科学を学ぶことにも繋がります。

 

ここに紹介した本は、どの本もおすすめです。

もしも、これらの本の中で、気になった本があったら、ぜひ1作目から聴いてみてください。

 

最後に、「オーディオブック」については、以下も参考にしてみてください。

オーディオブック

⇒ オーディオブックとは?

 無料会員登録はこちら

audiobook.jp でオーディオブックを安く買う方法

オーディオブック(audiobook.jp)のおすすめ料金プラン

 

【関連記事】

オーディオブックでおすすめの対話本【ビジネス・自己啓発編】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました