オーディオブックの活用方法【メリットとデメリット】

オーディオブック・サービス
この記事は約14分で読めます。

オーディオブック」は、インターネットやスマートフォンが普及したことによって、「ダウンロード」で、気軽に利用できるようになりました。

もしかしたら、これを読んでいるあなたは、「オーディオブック」を利用しようかどうか、まだ、迷っているいるのかもしれません。

 

はじめに、結論を書いてしまうと、

・限られた時間で、より多くの知識や教養を吸収したい人は、「オーディオブック」を活用するべき

・暇つぶしや、娯楽として本を読みたい人は、無理して利用する必要はない

ということになります。

 

この記事では、「オーディオブック」のメリットや、目で読む本と比較したデメリットを紹介したいと思います。

   

オーディオブック

オーディオブックとは

「オーディオブック」は、耳で聴く本のことです。

プロのナレーターが、本をそのまま読み上げてくれるので、目を使わずに読書を楽しめます。

つまり、耳さえ空いていれば読書ができるということです。

オーディオブックの活用方法

「オーディオブック」は、

・読みたい本はたくさんあるけど、読む時間がない

・毎日の通勤時間を有効活用したい

・家事をしている時間を有効活用したい

・目が疲れてしまうので、耳から情報を取り入れたい

などという人におすすめです。

 

「オーディオブック」を利用すれば、1日のなかで何時間も存在する「耳のスキマ時間」を、読書の時間に変えることができます。

まるで、ラジオや音楽を聴くように、気軽に人気のビジネス書などを聴いて楽しめます。

また、語学や資格試験の勉強にも最適です。

 

【関連記事】

オーディオブックの活用方法【オーディオブックと相性がいい本】

オーディオブックの活用方法【オーディオブックと相性がいい本】
「オーディオブック版」がなければ、選択の余地はありませんが、書籍(紙の本・電子書籍)と「オーディオブック版」が選べる場合、あなたはどちらを選びますか? 「オーディオブック」については、よくわからない方は、別の記事に詳しく書いて...

現代人に必要

「オーディオブック」は、様々なライフスタイルに合わせて活用できる、新しい読書の形として、多くの人に受け入れられつつあります。

 

なにしろ、多くの現代人には、時間が足りません。

私たちは、多くのことを、機械やAIが代わりにやってくれるようになればなるほど、時間が足りなくなるという、不思議な世の中に生きています。

 

サピエンス全史』では、「農業革命の罠」、「資本主義の罠」として説明されています。

サピエンス全史』は、ボリューム的に、読むのを躊躇してしまいますが、「オーディオブック版」もありますので、ぜひ、聴いてみて下さい。

サピエンス全史はオーディオブックで聴くのが効率的!

サピエンス全史はオーディオブックで聴くのがおすすめ!
『サピエンス全史』は、バラク・オバマ前大統領、ビル・ゲイツ氏、マーク・ザッカーバーグ氏など、世界中の著名人が絶賛し、世界50か国以上で翻訳され、 累計1,000万部を突破している世界的ベストセラーです。 日本でも、池上彰氏や、堀江貴文...

ダウンロード

かつては、「オーディオブック」といえは、カセットやCDが主流でした。

しかも、けっこう高額でした。

 

しかし、インターネットやスマートフォン、そして、通信環境が飛躍的に発達した現在では、「ダウンロード」しての再生が主流になりました。

 

価格も、昔は高かった「オーディオブック」ですが、今では、かなり身近な存在になりました。

オーディオブック 始めてガイド – audiobook.jp

 

オーディオブックのメリット

移動中・作業集に聴ける

「移動中・作業集に聴ける」というのは、オーディオブックを利用するメリットとして、かなり大きいと思います。

 

たとえば、

・移動中(通勤・仕事の移動・旅行)

・作業中(家事・単純労働・買い物)


・トレーニング中(筋トレ・ランニング)

 

これらをしながら、同時に読書ができるのは、電車で通勤しているときや、電車やバス、飛行機などでの旅行中くらいでしょう。

 

ただし、満員電車で身動きができない場合は、ちょっと難しいかもしれません。

また、乗り物酔いする人も、本は読めません。

 

それ以外の作業中も、作業しながら、同時に本を読むというのは、なかなか難しいと思います。

 

そのため、もしも、読みたい本がある場合は、休憩時間や寝る前、休日などに、わざわざ時間を作って読まなければいけません。

 

しかし、オーディオブックであれば、耳さえ空いていればいいので、運転中でも、掃除中でも、買い物中でも、ランニング中でも、場合によっては、仕事中でも聴くことができます。

これは、かなり時間効率がいいと言えます。

 

仕事が終わってから本を読む人と、頭を使わない作業中にオーディオブックを聴く人とでは、1日が同じ24時間であっても、使える時間は、かなり違ってきます。

 

つまり、オーディオブックを利用することによって、1日を24時間以上にすることができるということです。

完全ワイヤレス・イヤホン

「オーディオブック」をより効果的に利用するためには、完全ワイヤレスイヤホンがあると便利です。

なぜなら、電車の中や、仕事中、ジョギング中に「オーディオブック」を聴くためには、イヤホンは必須だからです。

 

ケーブルのない、完全ワイヤレス・イヤホンは、いちど使ったら手放せなくなります。

完全ワイヤレス・イヤホン おすすめ5選!【コスパで選ぶ 1万円以下・2019年】

疲れていても聴ける

なかには「本なんて読みたくないから読まない」という人もいるかも知れませんが、多くの人は、「本は読みたいけど、時間がなくて読めない!」のだと思います。

しかし、仕事や育児でクタクタに疲れている状態で、本を読むのは、なかなか大変です。

 

その点、「オーディオブック」であれば、たとえ、文字を読む気になれないくらい疲れていても、目を閉じていても聴けるので助かります。

 

ボリュームが多くても聴ける

「ボリュームが多くても聴ける」というのも、オーディオブックを利用するメリットとしては、大きいと思います。

たとえば、細かな字でビッシリと書かれた、500ページの本を一冊読むのは、けっこう大変です。

年齢を重ねた人には、目にも負担がかかります。

 

また、ボリュームがある本を読むためは、それなりの時間もかかりますし、途中で挫折して、最後まで読むことができない可能性も高くなります。

 

その点、オーディオブックであれば、自分で読むわけではないので、何百ページあろうとも、最後まで聴くことは可能です。

難しい本でも聴ける

ボリュームのある本を読むのと同じく、内容が難しい本を読破するのも、なかなか大変です。

しかし、内容が理解できるかできないかは別として、オーディオブックであれば、どんな人でも、とりあえず最後まで聴くことは可能です。

もしかしたら、繰り返し聴くことで、はじめは難しかった内容も、理解できるようになるかもしれません。

繰り返し聴ける

難しい本だけではなく、多くの人にとって本は、いちど読んだくらいでは、内容を自分のものとして理解して、十分に役立てることは難しいと思います。

ほんとうに理解したい本は、繰り返し読む必要がありますが、繰り返し読むよりも、繰り返し聴くほうが、圧倒的に簡単です。

スピードコントロールができる

本を繰り返し読むためには、やはり時間が必要です。

さらに、新たに読みたい本も、どんどん増えていきます。

そうして、「積読」が増えていきます。

 

限られた時間で、効率的に読書をするためには、再生速度を早める「速聴」が効果的です。

目で読む読書も「速読術」を身につければ、時間短縮ができますが、「速読術」を身につけるまでが大変です。

 

しかし、「速聴」には、なんのスキルもいりません。

ただ、再生速度を早めるだけです。

 

脳の活性化ができる

「オーディオブック」であれば、再生スピードをコントロールできるので、「速聴」によって、時間短縮が可能になります。

また、再生速度を、2倍、3倍、4倍と上げていった時の効果は、時間短縮効果だけではありません。

インターチェンジ効果

あなたは、「インターチェンジ効果」という言葉を、聞いたたことがあると思います。

たとえば、車で高速道路を、時速100キロで走行し続けると、やがて、脳や体は、それに順応していきます。

その状態で、インターチェンジが近づいてきて、一般道路に出ようとすると、周囲の情景が、非常にゆっくりとしたものとして目に映り、思ったよりもスピードを落とせないという現象が起こります。

 

これは、高速走行に順応した脳が、まだ機能的に、ハイレベルにあるために起きる現象です。

この、高速道路を降りた直後の、ついスピードを出しすぎてしまう現象を、一般的に「インターチェンジ効果」と呼び、万国共通で誰にでも起きる現象です。

速聴のインターチェンジ効果

そして、音声の再生速度を上げて聴く「速聴」にも、これと同じ理屈が成り立ちます。

速く聴くことを繰り返していくと、聴覚神経がそれに追いつこうとして、大脳全体が活性化していきます。

それにより、自然に注意力や集中力が、急上昇すると言われています。

 

視覚ではなく、聴覚に起こるこの現象は、「速聴のインターチェンジ効果」などとも呼ばれます。

この「速聴」による「インターチェンジ効果」が、多くの潜在脳力の開発につながるという、時間短縮効果だけではない効果をもたらしてくれます。

 

「速読」をマスターすることは、それほど簡単なことではありませんが、「速聴」なら、ただ再生速度を上げるだけですので、誰にでも手軽に実践することができますので、非常におすすめの方法です。

はじめは1.5倍〜2倍、慣れてきたら3〜4倍と再生速度を早めていくといいでしょう。

 

オーディオブックのデメリット

新刊がない

新刊が発行されてから、「オーディオブック版」がリリースされるまでには、多少の時間がかかります。

そのため、新刊をいち早く読みたい場合は、目で読む本しか選択肢はありません。

また、なかには、「オーディオブック版」にならない本もありますので、その場合も、残念ながら「オーディオブック」は利用することができません。

売却できない

紙の本であれば、ちょっとハズレだった本や、もう二度と読まなそうな本は、売ってしまうことができますが、「電子書籍」や「オーディオブック」など、実態のないデータだけの本は売れません。

紙の本は、リサイクルショップなどでは、タダ同然の値段しか付きませんが、ネットで販売すると、状態の良い本であれば、そこそこの価格で売れるものもあります。

付箋・マーカーを利用できない

「オーディオブック」には、音声しかないので、大事な箇所や、あとで引用したい箇所などに、付箋を付けたり、マーカーを引いたりすることができません。

対策としては、いちど再生を止めて、「その場でメモを取る」のが一番です。

 

その場で何もせずに、最後まで聴いてから、気になった一文を探そうと思っても、なかなか見つからないものです。

このことは、目で読む本でも一緒です。

 

前後の文章が分からない

「オーディオブック」のデメリットとして、目で見える本であれば、前後の文章を確認することは簡単です。

しかも、目で見る場合は、前後の文章を数行、またはページ全体に、同時に目を向けることもできます。

 

しかし、「オーディオブック」の場合、前後はありません。

常に、今、音読されている箇所しかわかりません。

うっかり、他のことを考えていると、文脈が分からなくなることもあります。

「過去や未来は考えず、今を生きる」という感じで、聴く必要があります。

 

また、表やグラフ、数値などが出てくる場合は、ちょっと理解が難しくなります。

しかし、そのような場合は、たいてい音声ファイルとは別に、添付ファイルとして表やグラフなどがダウンロードできるようになっていますので、それらを有効に活用しましょう。

勝手に進んでしまう

当たり前ですが、「オーディオブック」は、再生を始めると、内容を理解しようがしまいが、勝手に先に進んでいきます。

「前後の文脈がわからない」でも書きましたが、何かのきっかけで、「オーディオブック」を聴きながら、他のことに意識がいってしまうと、その箇所はわからないまま、先に進んでしまいます。

 

そのような場合は、巻き戻し操作をして、少し前や、その章のはじめから聞き直すことになります。

「オーディオブック」の場合、目で読む読書とは違い、目線の移動だけですまないというのが、少しめんどくさいところです。

 

また、難易度の高い本は、はじめから再生速度を上げすぎないようにしましょう。

場合によっては、1倍速以下に落とすこともできますので、試してみて下さい。

音楽が聴けない

目で読む本を読みながら、音楽を聴くことはできますが、「オーディオブック」を聴きながら、音楽を聴くことはできません。

何を当たり前のことを言っているのか、と思うかもしれませんが、音楽が好きな人は、移動中も作業中も、四六時中、音楽を聴いているものです。

 

つまり、それまで音楽を聴いていた時間が「オーディオブック」を聴く時間に奪われてしまし、結果として、好きな音楽を聴く時間がなくなるということです。

これは、「No Music, No Life」という、音楽好きの人にとっては、意外と大きな問題です。

人によっては、大きなストレスになります。

 

解決方法としては、「オーディオブック」を聴く時間と、「好きな音楽」を聴く時間を、意図的に分けることです。

 

すべての時間を「オーディオブック」には使わずに、たとえば、「朝の時間だけは音楽を聴く」とか、「入浴中だけは音楽を聴く」などと決めて、それ以外は「オーディオブック」を聴くようにするとストレスが溜まらないと思います。

 

おわりに

富裕層の習慣

米国の「Business Management Degree」の発表によると、

富裕層の63%が、移動時間にオーディオブックを聴く習慣がある

そうです。

 

一方で、

年収300万円以下の層で、移動中にオーディオブックを聴く習慣がある人は、わずか5%である

そうです。

 

1日が24時間であるという事実は、富裕層にとっても、私たちにとっても同じです。

しかし、富裕層や賢い人は、「時間をお金で買う」という発想があるので、じつは、同じ24時間であっても、使える時間は、まったく違います。

 

もしも、あなたが大富豪だったとします。

そして、読みたい本があったら、どうするでしょうか?

 

お金持ちのあなたは、やろうと思えば、ビーチやプールサイドでリラックスして目を閉じ、プロのナレーターを雇って、耳元で朗読させることができます。

あなたは、眠い目をこすりながら、睡眠時間を削って、本を読む必要はありません。

 

オーディオブックを活用するということは、それと同じようなことが、誰にでも可能になるということです。

また、わざわざ人を雇わなくても、スマホさえあれば、いつでも、耳元で朗読をしてくれます。

さらには、朗読のスピードも早くしたり、遅くしたり、自由自在に変えてくれ、好きなだけリピートもしてくれます。

睡眠時間は大事

常に、時間に追われる日々を過ごしている人が、たくさんの本を読むのは、なかなか難しいという現状があります。

もはや、削れるのは、睡眠時間くらいしかないはずです。

 

しかし、必要以上に睡眠時間を削ることは、健康上の悪影響が多くなるのでおすすめできません。

知識を手に入れても、健康を害してしまっては、元も子もありません。

 

そのことは、『スタンフォード式 最高の睡眠』などの、最新の睡眠に関する本を読んでみれば明らかです。

スタンフォード式 最高の睡眠 をオーディオブックで聴こう!

スタンフォード式 最高の睡眠 をオーディオブックで聴こう!
『スタンフォード式 最高の睡眠』は、睡眠研究の世界的権威である、スタンフォード大学の西野精治教授が、「究極の疲労回復」と「最強の覚醒」をもたらす、超一流の眠り方を伝授してくれる一冊です。 書籍の累計販売部数は、30万部を突破しています...

本とオーディオブックの併用

ほんとうに気に入った本や、内容を身に着けたいと思うような本は、「オーディオブック」を聴きながら、目で見る本(単行本・電子書籍)をテキストとして活用する、つまり、「本とオーディオブックの併用」のが、最も効果的です。

オーディオブックは必須

現代人にとって、限られた時間で、多くの知識や教養を吸収をするためには、「オーディオブック」の有効活用は、必須だと思います。

オーディオブックサービスは、いくつかありますが、私のおすすめのオーディオブック・サービスは、「audiobook.jp」です。

 

【関連記事】

オーディオブックの活用方法【 おすすめのオーディオブック・サービス】

オーディオブックの活用方法【 おすすめのオーディオブック・サービス】
音楽ストリーミングサービスや、VOD(ビデオ・オン・デマンド)やもそうですが、「オーディオブック」も、どのサービスを選ぶか迷います。 できれば、お得なサービスを利用したいところです。 「オーディオブック」については、よく...

 

まだ、「オーディオブック」を利用したことがない人は、無料体験を利用して、「オーディオブック」を体験してみてはいかがでしょうか。

「audiobook.jp」の無料の聴き放題コンテンツのなかでは、内藤誼人氏の本などがおすすめです。

 

⇒ オーディオブックとは?

 無料会員登録はこちら

⇒ 30日無料「聴き放題プラン」の登録はこちら

月額会員プランの詳細はこちら

セールの通知登録はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました