あの世に聞いた、この世の仕組み をオーディオブックで聴こう!

本・オーディオブック
この記事は約7分で読めます。

あの世に聞いた、この世の仕組み』は、「この世」の仕組みについて、著者(黒斎さん)が、24時間テレビの黄色いTシャツを着た「あの世」の守護霊(さん)から聞いた内容として、会話形式でまとめられています。

それで、ペンネームが「雲 黒斎(うんこくさい)」というわけです。

クレヨンしんちゃんの映画でも、『雲黒斎の野望』という劇場映画がありましたね。

 

「ウンコ臭い」とは、ずいぶんと、ふざけた名前だ思う人もいるかと思いますが、個人的には、『あの世に聞いた、この世の仕組み』もそうですが、センスのあるネーミングだと思います。

インパクトも絶大で、いちど聞いたら忘れないネーミングです。

 

『あの世に聞いた、この世の仕組み』をひとことで言ってしまうと、

とにかく、たとえや説明が分かりやすいということです。

 

雲黒斎さんは、ネーミングやたとえ話が絶妙です。

また、ユーモアのセンスも抜群です。

たぶん、頭がいいんですね。

 

ちなみに、

「黒斎さん」と「雲さん」は、こんな感じです。

出典:https://blog.goo.ne.jp/namagusabose

 

話は少しそれますが、雲黒斎さんとも交流のある、阿部敏郎さんは、どちらかというと長嶋茂雄さんのようなタイプの人です。

だから、阿部敏郎さんには、雲黒斎さんのような人が必要なんだと思います。

 

話を戻して、2006年に著者の「雲黒斎(黒沢一樹)」さんが立ち上げたブログ「あの世に聞いた、この世の仕組み」を加筆・再編成したのが、本書「あの世に聞いた、この世の仕組み」です。

*最近では、「雲黒斎」と「黒沢一樹」を、TPOによって使い分けているようです。

 

意識的に目覚めをコントロールすることはできませんが、雲黒斎さんの本は、目覚め(さとり)に興味がある人にとっては、素晴らしい入門書になると思います。

   

あの世に聞いた、この世の仕組み

amazon.co.jp

ごくフツーのサラリーマンの「僕」は、うつ病による記憶障害に陥ってしまいました。

その病気を治そうとお医者さんにもらった、キツーイ薬を飲んだところ、突然、守護霊と話ができるようになってしまいました。

そして、黄色いシャツを着た関西のノリの守護霊は、絶妙なたとえを使って、この世のからくりを教えてくれるではありませんか!

苦しみが生まれる仕組み、その苦しみから自分を解き放つ方法など、さまざまなことを教えてくれます。

そして、その内容は、みんなが知れば、必ず平和な世界が訪れると思えるほどの内容だったのです!

そんな秘密、あなたも知りたくありませんか?

出典:https://www.amazon.co.jp

■ 書籍版

audiobook.jp

フツーのサラリーマンが、あの世と交信して知った自分とは―守護霊を通してスピリチュアルな世界から、幸せとは何か、人生とは何かを語りかける、これから生きる上での指針となる一本です。

うつ病を患い、処方されたきつーい薬を飲んだおかげで、自分の守護霊とコンタクトが取れるようになった著者。

そんな著者、黒斎さんとと守護霊、雲さんとのやりとりをユーモアたっぷりに綴ったブログがオーディオブック化となりました。

本オーディオブックは、とにかくわかりやすく、シンプルに、あの世とこの世の関係性を説いています。

また、自分自身の人生について、幸せについて、守護霊・雲さんが時に厳しく、時に優しく諭してくれます。

「大事なのは幸せになることじゃない。幸せであることだ。」

この一文から伝えられる、本当の幸せは「いま」の中にしか存在しないというメッセージは、きっと、この世の真理なのではないでしょうか。

「いま」を生きるエネルギーも与えてくれる、不思議な魅力を持ったオーディオブックです!

出典:https://audiobook.jp

■ オーディオブック版

あの世に聞いた、この世の仕組み 目次

第1章 ファースト・コンタクト

第2章 バカ正直な宇宙

第3章 魂の訓練所

第4章 この世ツアーズ

第5章 思い癖

第6章 ゴムボール・トラップ

第7章 宇宙立この世学院

第8章 幸せって何だろう

第9章 よっぱらい

第10章 自我と真我

第11章 マトリックス

 

あの世に聞いた、この世の仕組み 著者

雲 黒斎(うん こくさい)

1973 年、北海道生まれ。

グラフィックデザイナーを経て、広告代理店に入社。

2004 年、セロトニン欠乏による記憶障害をきっかけに、突然の霊的な目覚めを体験。

その経験をもとに、2006 年、ブログ「あの世に聞いた、この世の仕組み」を立ち上げ、数多くのアクセスを集める。

想像を絶する状況の変化に戸惑いながらも、2008年、「いまここ塾」塾長阿部敏郎氏との出会いを契機に全国での講演活動を開始。

複数のことを同時にこなせない不器用な恐妻家。

案外ナイーブ。

出典:https://www.amazon.co.jp

おわりに

この手の話は、真剣に書かれていればいるほど、理解できません。

たとえロジカルに書かれたとしても、理解できないものは理解できないのです。

 

目覚めていない普通の人が、「いまここ」、「ワンネス」、「さとり」、「非二元」、「ノンデュアリティ」…

これらを理解することは、容易ではありません。

 

そもそも、

「ワンネス」や「さとり」を、「言葉」で理解する事自体に、無理があるのです。

さらに、

「言葉」とは、最も伝わりにくいコミュニケーション・ツールです。

 

そんな伝わりにくい「ワンネス」などを、最も伝わりにくい「言葉」で伝えるのは、並大抵のことではありません。

たとえ、その言葉が伝わったとしても、理解できるかどうかは別問題です。

 

それら2つの「伝わりにくさ」を、ユーモアとたとえ話を多用して、見事に「わかりやすく」伝えてくれているのが、『あの世に聞いた、この世の仕組み』や、続編の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』です。

 

この本を読んだからと言って「目覚め」が訪れるとは限りませんが、このように噛み砕いて書かれている本の存在は、貴重だと思います。

 

続編の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』とあわせと読んだり聴いたりすることをおすすめします。

もっと あの世に聞いた、この世の仕組み をオーディオブックで聴こう!

もっと あの世に聞いた、この世の仕組み をオーディオブックで聴こう!
『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』は、ベストセラーとなった第1作目『あの世に聞いた、この世の仕組み』の続編です。 1作目は「黄色」で、2作目は「緑色」の装丁が目印です。 『あの世に聞いた、この世の仕組み』シリーズ...

 

ちなみに、ブログ「あの世に聞いた、この世の仕組み」から生まれた小説『極楽飯店』もおススメです。

「オーディオブック版」が出ればいいのになぁ…

極楽飯店

■ 書籍版

あの世に聞いた、この世の仕組み

■ 書籍版

 

■ オーディオブック版

もっと あの世に聞いた、この世の仕組み

■ 書籍版

 

■ オーディオブック版

オーディオブックについて

コメント

タイトルとURLをコピーしました