もっと あの世に聞いた、この世の仕組み をオーディオブックで聴こう!

本・オーディオブック

もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』は、ベストセラーとなった第1作目『あの世に聞いた、この世の仕組み』の続編です。

1作目は「黄色」で、2作目は「緑色」の装丁が目印です。

 

『あの世に聞いた、この世の仕組み』シリーズは、「この世」の仕組みについて、著者(黒斎さん)が、24時間テレビの黄色いTシャツを着た「あの世」の守護霊(さん)から聞いた内容として、対話形式でまとめられています。

ペンネームが「雲 黒斎(うんこくさい)」というのは、そういうわけです。

 

ちなみに、

「黒斎さん」と「雲さん」は、こんな感じです。

出典:https://blog.goo.ne.jp/namagusabose

 

『あの世に聞いた、この世の仕組み』シリーズをひとことで言ってしまうと、

とにかく、たとえや説明が分かりやすいということです。

 

 

2006年に著者の「雲黒斎(黒沢一樹)」さんが立ち上げたブログ「あの世に聞いた、この世の仕組み」を加筆・再編成したのが、本書「あの世に聞いた、この世の仕組み」シリーズです。

*最近では、「雲黒斎」と「黒沢一樹」を、TPOによって使い分けているようです。

 

意識的に目覚めをコントロールすることはできませんが、雲黒斎さんの本は、目覚め(さとり)に興味がある人にとっては、素晴らしい入門書になると思います。

 

本作『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』の前に、『あの世に聞いた、この世の仕組み』から、読んだり聴いたりすることをおすすめします。

あの世に聞いた、この世の仕組み をオーディオブックで聴こう!

   

もっと あの世に聞いた、この世の仕組み

amazon.co.jp

普通のサラリーマンをしていた著者は、鬱病治療のためにつよ~い薬を飲んだところ、「雲さん」という守護霊と会話ができるようになりました。

そして、この雲さん、あの世の住民であるだけに、「この世」の様々な疑問をわかりやすく明快に説明してくれるのです。

ベストセラーとなった第1作目『あの世に聞いた、この世の仕組み』で、雲さんは「この世のからくり」や「苦しみが生まれる仕組み」を中心に教えてくれましたが、第2弾の本書では「さとる」ということから「輪廻転生」「アセンション」「『般若心経』のお経の意味」などを教えてくれます。

あなたもこの本を読めば、「見えない世界」に関する、今までわからなかったことや、不思議だったことがよくわかり、「心の平安」が取り戻せるはずです。

出典:https://www.amazon.co.jp

■ 書籍版

audiobook.jp

シリーズ累計13万部突破、ブログから大ヒットしたベストセラー第2作目がオーディオブックとなって登場!

仕事のストレスから記憶障害を患い、それをきっかけに自分の守護霊とコンタクトがとれるようになった著者。

そんな著者(黒斎さん)と守護霊(雲さん)のユーモアたっぷりのやりとりから、この世の仕組みが見え、人生をより楽しく、シンプルに生きる術が身につく1作です。

多くの人は、「幸せになりたい」と望んでいます。

しかし、お金がないと幸せになれない、才能がないと幸せになれない等、「あれがない、これがない。だから幸せになれない」と考えている人が多いのではないでしょうか。

しかし、実は幸福とは、何かを得ることによって生まれるものではないのです。

幸せとは、不幸の不在によってもたらされるものであり、あなたが大事に抱え続けている不幸を手放せばいいだけのことなのです。

本作品では、このように物事の見方を少し変えるだけで不安を取り除き、前を向くことができる、シンプルに人生を楽に生きていく術をお届けします。

著者は、自身が霊的な体験を通し、守護霊とコンタクトがとれるようになった雲黒斎氏。

その経験をもとに立ち上げたブログ「あの世に聞いた、この世の仕組み」が話題となり同名の著書がベストセラーとなりました。

シリーズ第2作目の本作品は、さらに深く、シンプルに、ユーモアを交えて、人生の本質に迫りつつ、楽しく生きていく方法を伝授します。

・人間は「誕生」の仕組みを根本的に誤解している
・命ある僕たちは、死ぬことができないのです。
・人生がゲームだと見抜けていない

このようにな守護霊(雲さん)と著者(黒斎さん)が語る、心に突き刺さる言葉の数々は、
あなた自身の人生についての考えを一変させてくれることでしょう。

本作品を通して、あなたも人生をよりシンプルに、楽にしてみませんか?

出典:https://audiobook.jp

■ オーディオブック版

もっと あの世に聞いた、この世の仕組み 目次

第1章「誕生」という思い込み

第2章 こんにちは、赤ちゃん

第3章 人生は「苦」なり

第4章 オープン・ユア・ハート

第5章 超訳『般若心経』

第6章 人生という名のスクリーン

第7章 意味と価値のありか

第8章「うつ」にまつわるエトセトラ

第9章 アセンション後の新世界第

10章 スプリング・ハズ・カム

 

もっと あの世に聞いた、この世の仕組み 著者

雲 黒斎(うん・こくさい)

1973年、北海道生まれ。

グラフィックデザイナーを経て、札幌の広告代理店に入社。

2004年、セロトニン欠乏による記憶障害をきっかけに、突然の霊的な目覚めを体験。

その経験をもとに立ち上げたブログ「あの世に聞いた、この世の仕組み」が大きな話題に。

2010年、本書の前作となる著書を発表。

現在は東京を拠点にブログや執筆活動、全国各地でトークライブを通じて、ユーモアあふれる人生哲学を発信している。

温水便座の水圧を、最強にして使用するのがモットー。

主な著書に『あの世に聞いた、この世の仕組み』(サンマーク出版)、『極楽飯店』(小学館)がある。

出典:https://www.amazon.co.jp

おわりに

ベストセラーとなった前作、『あの世に聞いた、この世の仕組み』では、「この世のからくり」や「苦しみが生まれる仕組み」などを中心に書かれていました。

 

続編となる本書では、「輪廻転生」、「悟り」、「アセンション」などについて、引き続き、ユーモラスに書かれています。

 

目覚めていない普通の人が、「いまここ」、「ワンネス」、「さとり」、「非二元」、「ノンデュアリティ」

…などを理解することは、容易ではありません。

 

そもそも、

「ワンネス」や「さとり」を、「言葉」で理解する事自体に、無理があるのです。

 

さらに、

「言葉」は、最も伝わりにくいコミュニケーション・ツールです。

 

それら2つの「伝わりにくさ」を、ユーモアとたとえ話を多用して、見事に「わかりやすく」伝えてくれているのが、『あの世に聞いた、この世の仕組み』や、続編の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』です。

 

これら本を読んだからと言って「目覚め」が訪れるとは限りませんが、このように噛み砕いて書かれている本の存在は、貴重だと思います。

 

『あの世に聞いた、この世の仕組み』と『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』は、2冊とも順番に、読んだり聴いたりすることをおすすめします。

あの世に聞いた、この世の仕組み をオーディオブックで聴こう!

あの世に聞いた、この世の仕組み をオーディオブックで聴こう!
『あの世に聞いた、この世の仕組み』は、「この世」の仕組みについて、著者(黒斎さん)が、24時間テレビの黄色いTシャツを着た「あの世」の守護霊(雲さん)から聞いた内容として、会話形式でまとめられています。 それで、ペンネームが「雲 黒斎...

 

また、ブログ「あの世に聞いた、この世の仕組み」から生まれた小説『極楽飯店』もおススメです。

極楽飯店

■ 書籍版

あの世に聞いた、この世の仕組み

■ 書籍版

 

■ オーディオブック版

もっと あの世に聞いた、この世の仕組み

■ 書籍版

 

■ オーディオブック版

オーディオブックについて

コメント

タイトルとURLをコピーしました