Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/allgood/libertyways.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

嫌われる勇気 アドラーの教え はオーディオブック版がおすすめ!

本・オーディオブック
この記事は約10分で読めます。

嫌われる勇気 – 自己啓発の源流「アドラー」の教え』は、日本におけるアドラー心理学の第一人者である岸見一郎氏が、ライターの古賀史健氏とタッグを組み、青年と哲学者との対話篇形式で、アドラーの思想を解き明かすというスタイルで書かれた、アドラー心理学の入門書です。

 

『嫌われる勇気 』は、2015年に舞台化され、2017年には、同書を原案としたテレビドラマがフジテレビ系で放送されました。

 

アドラーは、フロイト、ユングと並ぶ、心理学の三大巨匠の一人です。

 

アドラーの欧米での人気は抜群で、多くの自己啓発書の源流ともなっています。

しかし、日本では、『嫌われる勇気 – 自己啓発の源流「アドラー」の教え』が出版されるまでは、無名に近い存在でした。

 

はたして、アドラー心理学が教える「幸福の正体」とは?

   

アルフレッド・アドラー

アルフレッド・アドラー(Alfred Adler 1870年2月7日 – 1937年5月28日)は、オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。

ジークムント・フロイトおよび、カール・グスタフ・ユングと並んで、現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。

初期の頃のフロイトとの関わりについて誤解があるが、アドラーはフロイトの共同研究者であり、1911年にはフロイトのグループとは完全に決別し、個人心理学(アドラー心理学)を創始した。

出典:Wikipedia

嫌われる勇気 内容紹介

amazon.co.jp

「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない。

対人関係の悩み、人生の悩みを100%消し去る〝勇気〟の対話篇

世界的には、フロイト、ユングと並ぶ心理学界の三大巨匠とされながら、日本国内では無名に近い存在のアルフレッド・アドラー。

「トラウマ」の存在を否定したうえで、「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と断言し、対人関係を改善していくための具体的な方策を提示していくアドラー心理学は、現代の日本にこそ、必要な思想だと思われます。

本書では、平易かつ、ドラマチックにアドラーの教えを伝えるため、哲学者と青年の「対話篇形式」によって、その思想を解き明かしていきます。

著者は、日本におけるアドラー心理学の第一人者(日本アドラー心理学会顧問)で、アドラーの著作も多数翻訳している岸見一郎氏と、臨場感あふれるインタビュー原稿を得意とするライターの古賀史健氏。

対人関係に悩み、人生に悩むすべての人に贈る「まったくあたらしい古典」です。

https://www.amazon.co.jp

■ 書籍版

■ オーディオブック版

audiobook.jp でオーディオブックを安く買う方法

audiobook.jp

100万部突破!今最も読まれているビジネス・自己啓発書のベストセラー。

Amazonレビュー4.5以上を維持する高い評価を受ける、自己啓発書の金字塔になる作品です。

分かりやすい言葉で展開される対話から、今までのあなたの考え方に衝撃を与え、人生を前向きなものへと一変させる真理に出会えます。

あなたは、どうして不自由を感じてしまうのか、幸せになることができないのか。

それはあなた自身が“幸せにならない”という決断をしていたからだったのです。

ユング、フロイトと並び、心理学の三大巨頭のひとりと評されるアドラーの教えを、青年と哲人の会話で再現する対話篇で、あなたが今まで幸せになることができなかった、本当の理由を解き明かします。

自分の意見を噛み殺している。

不自由だと感じながらも、本心で生きることができない。

人にどう思われるか、どう見られているかが気になってしまう。

まわりの様々な人との関係の中で、このように、自分の心の思うままに振る舞うことができずに悩んでいる人は、少なくないでしょう。

そんな多くの人に、一つのシンプルな回答をもたらすのが本作品です。

本作品は、青年と哲人の対話篇の形式を取り、「人は幸福になれるか」「人は変われるか」という青年の問いかけに「もう一つの哲学」を授けよう、と語り始めた哲人の言葉を通して、心理学の三大巨頭のひとりとされる、アドラーの思想を知ることができるようになっています。

アドラーの思想の大前提となるのは、「全ての悩みの根源は、人間関係によるものである」という考え方。

人間関係に悩み、他者からの評価や他人との違いを気にしていると、あらゆる場面で「他者との関係で傷つかない方法」を選択するようになります。

しかし、対人関係から自由になりたいと願っても、この世界では、全ての関係から解放されることは不可能です。

この社会の中で悩みながら生きる私たちに、アドラーが示した答えは、“嫌われる勇気”を持つ、ということでした。

「嫌われる勇気」を持つことで幸せに生きていける、というのは、いったいどういうことなのか。

実際に「嫌われる勇気」を持って生きるためには、私たちは、どのような生き方をすればよいのか。

そして、幸福になりたいと望んでいる私たちを、知らぬ間に束縛しているもの、自由を奪っているものはいったい何なのか。

このような問いに、分かりやすい言葉や例を用いながら答えていく哲人と、哲人を論破しようとする青年との対話を、聴き進めていくうちに、あなたが今日から変わるための方法が、具体的に見えてきます。

私たちが「変わりたい」と思っても変われないのは、多少の不満があろうとも、結果的には、「ここのままの私」でいるほうが傷つかないと思い込んでいるためです。

あなたも、本作品を読み進めるうちに、自分で「変わらない」という選択をしてきたことに思い当たることでしょう。

真に自分が望む人生のために生きたいと願うのなら、ほんの少しだけ“勇気”を持つ必要があります。

幸せに生きるために何が必要なのかを、シンプルに考え直してみるきっかけとなる本作品に触れることで、あなたは今度こそ、自分自身の人生を生きるために、歩き出すことができるでしょう。

「過去は今後のこととは関連性がない」アドラーは語ります。

過去のことはどうでもいいのです。

幸せに生きるために、これから新しい人生を始めようと本気で決心したその時から、あなたの人生はまさに変わり始めるのです。

多くの人が感銘を受けて「人生が変わった」と語る本作品を聞いて、あなた自身の人生を大きく前に動かす一歩を踏み出してみませんか?

出典:https://audiobook.jp

■ 書籍版

■ オーディオブック版

audiobook.jp でオーディオブックを安く買う方法

嫌われる勇気 著者

岸見一郎

哲学者。
1956年京都生まれ。
京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。
専門の西洋古代哲学、特にプラトン哲学と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。
精力的にアドラー心理学や古代哲学の執筆・講演活動、そして精神科医院などで多くの“青年”のカウンセリングを行う。
日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問
著書『アドラー心理学入門』など。

出典:https://audiobook.jp

古賀史健

ライター/編集者。
1973年福岡生まれ。
1998年、出版社勤務を経てフリーに。
書籍のライティング(聞き書きスタイルの執筆)を専門とし、ビジネス書やノンフィクションで数多くのベストセラーを手掛ける。インタビュー原稿にも定評がある
これまでに80冊以上の書籍で構成・ライティングを担当し、数多くのベストセラーを手掛ける。
20代の終わりに『アドラー心理学入門』(岸見一郎著)に大きな感銘を受け、10年越しで本企画を実現。

出典:https://audiobook.jp

嫌われる勇気 目次

第1夜 トラウマを否定せよ

知られざる「第3の巨頭」

なぜ「人は変われる」なのか

トラウマは、存在しない

人は怒りを捏造する

過去に支配されない生き方

ソクラテスとアドラー

あなたは「このまま」でいいのか

あなたの不幸は、あなた自身が「選んだ」もの

人は常に「変わらない」という決心をしている

あなたの人生は「いま、ここ」で決まる

第2夜 すべての悩みは対人関係

なぜ自分のことが嫌いなのか

すべての悩みは「対人関係の悩み」である

劣等感は、主観的な思い込み

言い訳としての劣等コンプレックス

自慢する人は、劣等感を感じている

人生は他者との競争ではない

「お前の顔を気にしているのはお前だけ」

権力争いから復讐へ

非を認めることは「負け」じゃない

直面する「人生のタスク」をどう乗り越えるか

赤い糸と頑強な鎖

「人生の噓」から目を逸らすな

所有の心理学から使用の心理学へ

第3夜 他者の課題を切り捨てる

承認欲求を否定する

「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない

「課題の分離」とはなにか

他者の課題を切り捨てよ

対人関係の悩みを一気に解消する方法

「ゴルディオスの結び目」を断て

承認欲求は不自由を強いる

ほんとうの自由とはなにか

対人関係のカードは、「わたし」が握っている

第4夜 世界の中心はどこにあるか

個人心理学と全体論

対人関係のゴールは「共同体感覚」

なぜ「わたし」にしか関心がないのか

あなたは世界の中心ではない

より大きな共同体の声を聴け

第5夜 「いま、ここ」を真剣に生きる

過剰な自意識が、自分にブレーキをかける

自己肯定ではなく、自己受容

信用と信頼は何が違うか

仕事の本質は、他者への貢献

若者は大人よりも前を歩いている

ワーカホリックは人生の嘘

人はいま、この瞬間から幸せになることができる

「特別な存在」でありたい人が進む、ふたつの道

普通であることの勇気

人生とは連続する刹那である

ダンスするように生きる

「いま、ここ」に強烈なスポットライトを当てよ

人生最大の嘘

無意味な人生に「意味」を与えよ

■ 書籍版

■ オーディオブック版

オーディオブック(audiobook.jp)のおすすめ料金プラン

おわりに

『嫌われる勇気 – 自己啓発の源流「アドラー」の教え』は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人との対話篇」という物語形式を用いてまとめた、アドラー心理学の入門書です。

 

欧米で絶大な支持を誇る「アドラー心理学」は、

「どうすれば人は幸せに生きることができるか?」

という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な答えを提示します。

この世界のひとつの真理とも言うべき、アドラーの思想を知って、あなたのこれからの人生は、どう変わるでしょうか?

 

「青年と哲人の対話篇」として書かれた『嫌われる勇気 – 自己啓発の源流「アドラー」の教え』は、オーディオブックでは、2人のナレーター(市村徹・小林範雄)が、青年風と哲人風に朗読を担当しています。

これによって、物語にさらなる臨場感が生まれます。

青年の荒ぶりようがいい感じです(笑)

 

すでに本を読んだことがない人にとってはもちろん、すでに本で読んだことがある人も、『嫌われる勇気 – 自己啓発の源流「アドラー」の教え』オーディオブック版は、聴いて楽しむことができます。

 

■ 書籍版

 

■ オーディオブック版

 

続編『幸せになる勇気 – 自己啓発の源流「アドラー」の教えII』もあわせてどうぞ。

幸せになる勇気 アドラーの教えⅡ は オーディオブック版がおすすめ!

https://libertyways.com/adler-Ⅱ/

 

⇒ オーディオブックとは?

 無料会員登録はこちら

⇒ 30日無料「聴き放題プラン」の登録はこちら

audiobook.jp でオーディオブックを安く買う方法

オーディオブック(audiobook.jp)のおすすめ料金プラン

オーディオブックの活用方法【メリットとデメリット】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました