「カラーバス効果」で必要な情報を引き寄せよう!

★気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです★

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人生を変えたい!

「あー、もう、人生を変えたい!」と思っても、いったい何をどうしたらいいのか、わからないかもしれない。

そんなときは、とりあえず本を読んでみるのもひとつの方法だ。

ただ、本といっても、世の中には、一生涯かかっても読み切れないだけの本が存在する。
そして、当然ながら、今の自分に役立たない本を読んでも、あまり意味がない。

とりあえずは、書店をうろうろしながら、「気になったタイトル」のものの中から選んでみよう。

直観で選んでもいい。むしろ、直感を侮ってはいけない。

ただし、買ってしまってから、「これはつまらん!」と思ったら、途中で読むのをやめて、アマゾンとかヤフオクとかメルカリで、さっさと売ってしまおう!

頭に入ってこない本を読んでも、時間のムダでしかない

「1,500円も出したのだから…」なんてケチくさいことを思う必要はない。

時間の方がよっぽど大切だ

ひょっとしたら、そのつまらない1冊の本を売ったことが、転売に目覚めるきっかけになるかもしれない。

人生、何がどう作用するかなんて、考えたって分からないようにプログラムされている

往々にして、思いもよらない方向に進んで行くものだ。(本当は、生まれる前に自分で計画してきたことなんだけど…)

ロールプレイング・ゲームだと思って楽しむしかない。そのために生まれてきたのだから。

「カラーバス効果」

きちんとアンテナを立てさえていれば、今のあなたに必要な情報は、「引き寄せる」ことができる

「引き寄せる」とは言っても、もともと、そこにあるものに、あなたが気づくかどうかの話だ。

どこか遠くからあなたを目がけて、欲しい情報が飛んでくるわけではない。

心理学でいうところの「カラーバス効果」だ。
「バス」と言っても乗り物の「BUS」のことではない。

英語で書くと、「Color Bath」となる。

”Bath”は「浴びる」という意味だ。

カラーバス効果」とは、

何かひとつのことを意識することによって、意識していることに関する情報が、無意識のうちに、自分の手元にたくさん集まるようになる現象

のことだ。

たとえば、「欲しい車があるとき、やたらとその車が目につく」という例のアレだ。
どこかで、いちどくらい聞いたことがあるだろう。

「カラーバス効果」を利用して、必要な情報を「引き寄せよう」。

そして、「カラーバス効果」を利用するためには、

明確な夢や目標を持っていなくてはならない

つまり、「欲しい車」は何なのかを、はっきりと決めることだ。

「そんなこと言われても、すぐには分からない」という人もいると思うが、町を歩いていみれば、「あっ!この車いいな。」という車が勝手に目に飛び込んでくる。

本当は、ちゃんと分かっているのだ

これと同じ要領で、書店へ行けば、今のあなたに必要な「あっ!」が見つかるというわけだ。

本の選び方

話を本に戻すと、本は、古典もいいけど、表現や書き方が硬かったり、時代背景が古すぎて、頭にないって来ないことも多いので、はじめは、もう少し読みやすいものを選ぶといい。

また、海外の著者が書いた本も、比喩が理解できなかったり、翻訳がヘタクソだったりすると、つまらない本になっているので、原文で読める人以外は、日本人が書いた日本語の本のほうが無難だ。

ネットで買うのは簡単でいいが、やはり実際に内容を確認してから買った方が、ハズレをつかむ可能性は少なくなる。

ネット上でのレビューは役に立つが、そのレビューは、あくまでも、その人のフィルターを通してのものなので、100%信用してはいけない。

単純に、その人が内容を理解できなければ、つまらない本となってしまう。

また、ベストセラーや、多くの人が良いレビューを書いている本も要注意だ

なぜなら、あなたが目指すのは、

大衆に受け入れられる、古い生き方ではないはずだ

ホリエモンのようにアンチがいて、賛否両論になるくらいでちょうどいい。

私は、欲しい本が決まっている場合のみ、ネットで注文する。
たいてい翌日か、遅くても翌々日には届くのだから、わざわざ書店へ探しにいくまでもない。

書店でないと出会えない「あっ!」もたくさんあるのだが、逆に出会いが多すぎるので、最近は、あえて行く回数を減らすようにしている。

まとめ

「情報なんてネットでみればタダじゃん!」と思った人もいるかもしれない。

確かに、ネットの中から、必要な情報だけを抜き出せる人は、それでもいいと思う。
大切なことは、本かネットかということではない。

必要な情報が得られれば、どちらだって構わない。
それこそ両方を上手く使い分ければいい。

とにかく大切なことは、

アンテナを立てる

ということだ。

人生がロールプレイング・ゲームだとしたら、攻略本があるのとないのでは、どちらが生き易いかは明確だ。

ただ、中には、「攻略本なんて見たらゲームがツマラナイじゃないか!」と考える人もいるだろう。

それはそれで、かまわない。
生き方は自由なのだから。

あなたは、

攻略本を見る派だろうか?

それとも見ない派だろうか?

以上、

「カラーバス効果」を使って、人生の攻略本を手に入れよう!

というお話でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

★気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです★

★フォローはこちら★

スポンサーリンク

スポンサーリンク