「さあ、みんなで一緒に夢を叶えましょう!」は詐欺師の常套句

★シェアはこちら★

千田琢哉氏の著書
『 現状を打破するには、「ぬるま湯」を飛び出しさなければならない 

の中に、次のような内容のことが書かれています。(多少手を加えてあります。)

「さあ、みんなで一緒に夢を叶えましょう」と言われたことはないだろうか?

ブラック企業の経営者は、就活の負け組たちを安月給で長時間こき使いながら、自分たちは信じられないような贅沢三昧で優雅な人生を送っている。

これらブラック企業の経営理念をひと言でまとめると、「さぁ、みんなで一緒に夢を叶えましょう」という耳触りのいい言葉になる。

ブラック企業の経営者は、他人を騙しながらも、少なくとも金銭面においては自分が成功している。もしあなたが今、そんな連中に騙されているのなら、そんな群れからはすぐに飛び出して、まずは、自分ひとりで夢を叶えるために動くことだ。

日本人が大好きな「みんな」という幻想を捨て、「独り」で夢に近づく行動を起こさなくては、これから先も搾取され続ける人生が待っている。

ブラック企業は悪なのか?

私は、千田氏の言葉に共感しますが、ブラック企業の経営者を責めたいわけではありません。

ブラック企業の経営者は、社員を苦しめようとしているわけではなく、自分自身の成功のために頑張っているだけなのだと思うのです。

本当に成功したければ、労働時間云々など言ってないで、がむしゃらに働くと思いますが、それに他人(社員)を巻き込んでしまっているだけだと思うのです

日本には、労働基準法などの法律がありますので、それに照らせば、そのような企業は「悪」ということになります。

そして、メディアは、ネタとして、ブラック企業やその経営者を責めると思いますが、実際は、そこに巻き込まれる人の自己責任というか、思考停止状態に問題があるのだと私は思うようになりました。

いつまでも、不平不満を口にしながら、

なんの戦略も持たずに、その状態に甘んじているのはどうなのか?

ということです。

若いうちの苦労は…

数年間、ゆる~く、普通の会社員や公務員をする場合と、ブラック企業で死ぬほど働く場合とでは、こなさなくてはいけない仕事量は、圧倒的に違ってくるはずです。

同じ時期に大学を卒業して就職したとして、数年後その両者には、かなりの経験や実力の差が開いていてもおかしくありません。

それを利用して、若いうちの数年間は、ブラック企業などで徹底的にスキルを磨き、その後、独立起業するとか、転職するとかしたらいいと思います。

若いうちの苦労は買ってでもしろ
なんていう古い言葉もありますが、まさにそんな感じです。

蟻地獄

若いときにのんびりしてしまうと、あとになって苦労したり、仕方なく再就職した企業が、ブラック企業だったなんてことになりかねません。

そうなると、もはや若いときのように、体力的な無理はきかず、家庭があったりすれば、簡単に転職することも出来なくなります。

そうなってしまえば、

抜けるに抜けられない蟻地獄に落ちるようなものです。

自分のために

もし、自分でビジネスを始めたり、起業したら、始めのうちは、ブラック企業で働く以上に、がむしゃらに働ことになるかもしれません。

どうせ苦労するなら、誰かの成功のためではなく、自分の成功のために苦労した方がいいと思うのです。

私にはそれが、身勝手なことだとは思いません。

以上、「自分の成功のための苦労をしよう」というお話でした。