セキ ユウティン セキ ユウリをキャディに 日本ツアー初優勝を狙ったが…

2018年の「マンシングウェアレディース東海クラシック」で、日本ツアー参戦2年目のセキ ユウティン が妹のセキ ユウリ と3度目のコンビを組んで、日本ツアー初優勝を目指しました。

美人姉妹の息はピッタリで、初日は9位スタートでしたが、第2日は、9バーディー、1ボギーの自己ベスト64で回り、通算10アンダーで自身初の首位に立ちました。

マンシングウェアレディース東海クラシック

セキ ユウティンは、5月に中国ツアーで優勝しています。

その後は、主催者推薦で8月の「北海道meijiカップ」に出場しましたが、残念ながら予選を通過することができませんでした。

今季のレギュラーツアーとしては、2試合目の出場となった「マンシングウェアレディース東海クラシック」で日本ツアー初優勝を目指しました。

久しぶりのレギュラーツアーでドキドキしたけど、調子がいい。
目の前の一打に集中して頑張りました。

と、2日目を終えたセキ ユウティン は、コメントしています。

セキ ユウティン

セキ ユウティン とは

セキ ユウティン は、父・越東さんの仕事の関係で福井県で生まれ、5歳まで日本で過ごしました。

その後、中国へと渡り、妹・ユウリと共にアマチュア時代から「美人ゴルフ姉妹」として、中国や台湾を中心に活躍しています。

そして、2017年からは、日本ツアーにも参戦しています。

16歳の時に出場した、アジア太平洋のアマチュアゴルフ団体戦「クイーンシリキットカップ』」では、当時の日本代表の 勝みなみ、森田遥 らを退けて個人優勝を果たし、中国を団体2位に導いています。

2016年には、18歳で中国LPGAツアー初優勝を飾り、賞金女王にも輝いた「中国ゴルフ界の未来を担う逸材」として注目されている選手です。

2017年6月3日に行われた「ルコック・北京クラシックが中国LPGAツアー」で、ラスト12ホールを9バーディーでまわり、通算16アンダーで、中国LPGAツアー通算2勝目を挙げたという実力の持ち主です。

しかも、驚くことに、当時まだ19歳という若さです。

中国の新聞メディアは、

19歳の新星は、地元ファンを熱狂させ、さらに人気を博した

とフィーバーぶりを報じました。

また、

その美貌とスーパーショット、抜群のスコア
セキ ユウティン が、ミシェル ウィー を彷彿させる要素はたくさんある

と、米国の美人ゴルファー「ミシェル ウィー」になぞらえ、19歳の魅力を伝えました。

母国のツ中国アーでは、これまでに通算5勝をあげています。

ルックス

セキ ユウティン は、実力もさることながら、童顔でアイドル系のルックスも、大いに話題を呼んでいます。

私も、一度だけ生で見たことがあるのですが、遠くからでも、ひと目でセキ・ユウティン だとわかる存在感がありました。

イメージ的には、「童顔で可愛らしいアイドル」といった感じですが、実際には、プロゴルファーとして、非常に恵まれた体型をしています。

身長は171cmあり、いつでもモデルに転身できそうで、周りの日本人選手を比べると、一回り大きく感じました。

端正な顔立ちに加え、笑顔が多く、女性らしい可愛らしい声から「スイートハート」の愛称で親しまれています。

歌もプロ級

そんな「スイートハート」セキ ユウティン は、かなり歌が上手いらしく、カラオケでクラブをマイクに持ち替えても、プロ級の素晴らしい歌声だといいます。

気分転換に、カラオケで歌うのが趣味のようです。

プロゴルファーになっていなかったら歌手になっていた。

というほど歌が大好き(上手)で、中国ツアー時代は、前夜祭など、大勢の関係者の前で歌を披露していたそうです。

得意な曲は、西野カナ のヒット曲、「会いたくて」ということで、まだ片言しかしゃべれない日本語の上達も兼ねて、ツアー中の気分転換に歌っているということです。

セキ ユウティン は、美貌と長身、ゴルフの才能に加え、美声の持ち主でもあるらしいのです。

セキ ユウティン プロフィール

・名 前:セキ ユウティン
・中国名:Shi Yu Ting
・漢字名:石昱婷
・生年月日:1998年3月5日
・出身地:福井県
・出身校 :中国南山学校(山東省煙台)
・所 属:中国ゴルフ協会
・身 長:171cm
・趣 味:カラオケ
・愛 称:婷婷(ティンティン)
・異 名:スイートハート
・妹:石 昱莉(セキ ユウリ)

セキ ユウリ

セキ ユウリ とは

セキ ユウリは、2017年に大阪桐蔭高に入学し、ゴルフ部に所属していましたが、2018年1月に中国でプロテストに合格し、2年生の4月から、通信制のクラーク記念国際高に転校しています。

また、セキ ユウティンと同じくく、父親の仕事関係の三洋化成工業株式会社と、2018年4月よりスポンサー契約を結んでいます。

三洋化成工業株式会社(本社:京都市東山区、社長:安藤孝夫)は、このたび当社グループのブランドイメージ向上のため女子プロゴルファー石昱莉(セキ・ユウリ)選手とスポンサー契約を締結いたしました。

昨年より契約している石昱婷選手の実妹であり、中国女子プロゴルフ協会(CLPGA)で初の姉妹女子プロゴルファーとして活躍が期待されています。

日本で生まれ、中国で育ち、10歳から再び日本で過ごされた石昱莉選手は、5歳からゴルフをはじめ、2018年3月5日、16歳の誕生日を迎えると同時に中国女子プロゴルフ協会(CLPGA)のプロゴルファーに認定、姉の石昱婷選手とともに、CLPGA初めての姉妹プロゴルファーの誕生となりました。

二人のお父様が15年以上にわたり当社グループで勤められた縁などもあり、今回、プ
ロゴルファーとしての第一歩を踏み出し、世界にチャレンジする石昱莉選手の姿勢に共感
し、サポートするため契約締結に至りました。

石昱莉選手は、2018年CLPGAツアーの出場権をすでに獲得しており、当社のロゴが入ったウエアを着用し、試合に挑まれます。

当社では、グループを挙げて応援を続けてまいります。

出典:三洋化成工業株式会社

セキ ユウリ プロフィール

・名 前:セキ ユウリ
・中国名:Shi Yu Li
・漢字名:石 昱莉
・生年月日:2002年3月5日
・出身地:福井県
・出身校 :大阪桐蔭高校→クラーク記念国際高
・所 属:中国ゴルフ協会
・愛 称:莉莉(リーリー)

婷婷(ティンティン)と莉莉(リーリー)

セキ ユウリは、今週、中国で試合に出場予定でしたが、台風21号の影響で帰国できず、大会は欠場となりました。

そして、「マンシングウェアレディース東海クラシック」は、急遽、セキ ユウリが、キャディーを努めました。

セキ ユウリは、日本以外では、2016年に米ツアーに出場した際にも、何度か担いだことがあります。

セキ ユウリが、日本ツアーで、姉であるセキ ユウティンのキャディを務めたのは、アマチュアとして出場した2014年の「サントリーレディス」が1度目で、2度目は、2017年8月に、大箱根カントリークラブで行われた「2017 CAT Ladies」でした。

そして、「マンシングウェア東海クラシック」で、「2017 CAT Ladies」以来、日本ツアーでは、3度目のタッグが実現しました。

妹の名前は、花の名前から「セキ ユウリ」と言います。
中国では、20歳くらいの美しい、かわいい女の子を「ティンティンユウリ(亭亭玉立)」と言うのですが、私たち姉妹は、字こそ違いますが「ティンティンユウリ」が入っています。

両親は、そういった意味も、私と妹の名前に込めてくれました。
普段、妹のことは、莉莉(リーリー)と呼んでいます。

セキ ユウティン は、妹のセキ ユウリのことを、このように紹介していいます。

そして今回、「マンシングウェアレディース東海クラシック」で、急遽、妹のセキ ユウリをキャディーに起用した姉のセキ ユウティンは、

グリーンでラインを迷ったら、妹が助けてくれる。リラックスできる。

と、妹のセキ ユウリには、かなりの信頼をおいているようです。

「妹は明るい。私は静か。」と性格は正反対のようですが、姉妹は、フェアウエーを歩きながら、一緒に得意の歌を口ずさんでいるそうです。

会見では、日本語に自信のない姉のセキ ユウティンを、妹のセキ ユウリが、通訳でサポートする場面もみられました。

おわりに

「マンシングウェアレディース東海クラシック」第2日に64をマークして、通算10アンダーの134で首位に浮上したセキ ユウティンでしたが、最急日はスコアを伸ばせず、通算8アンダーの15位に終わってしまいました。

優勝を狙って頑張りたい。でも結果はどうであれ、いい経験になる

じつは、今回、セキ ユウティンの初優勝の期待と応援を込めて、この記事を書き始めたのですが、残念ながら、本日の日本初優勝とはなりませんでした。

次回に期待です。

セキユウティンの夢は、姉妹での2020年の東京五輪出場ということです。

「マンシングウェアレディース東海クラシック」の優勝は、10位タイからスタートした香妻琴乃が、8バーディ、ボギーなしの64でまわり、3打差を逆転し、通算15アンダーで、涙のツアー初優勝を飾りました。(おめでとう!)

 
▼人気の記事▼