ヤマト運輸、アマゾンの当日配送撤退へ

★シェアはこちら★

ヤマト運輸のドライバーのみなさん、ごめんなさい!!

宅配最大手のヤマト運輸は最大の取引先であるインターネット通販大手アマゾン・ドット・コムの当日配送サービスの受託から撤退する方針を固めた。夜に配達しなければならない荷物が増え、人手不足の中、従業員の負担が増しているため取引を見直す。アマゾンは日本郵便などへの委託を増やす考えだが、ヤマトの撤退でサービス縮小を余儀なくされる可能性がある…

2017/4/7 の日本経済新聞 電子版より

ヤマト運輸のドライバーのみなさん、本当にごめんなさい!大変なのは分かっていました!

別に急いでいるわけではない、気まぐれな注文も、私がプライム会員であれば、お急ぎ便で届けなくてはいけないわけです。

プライム会員になってしまうと、通常とお急ぎ便の選択がなくなるので、お急ぎ便で注文しているという自覚は、ほぼ、なくなります。また、すぐに届くのが当たり前になってしまいます。

私は、Amazonマーケットプレイスで販売も行っています。( 詳細は こちら 
最近では、マーケットプレイスでも、条件を満たせばプライムのロゴが使用出来たり、お急ぎ便の注文が受けられるようになりますが、翌日に届けるなんて、私には無理です

発送する人からすると、お急ぎ便は、脅威でしかありません。

本当に急いでいる時などは、助かりますが、私と同様に、「別にそんなに急いでいるわけでもないんだけど…」という方も多いと思います。

また、プライムビデオやプライムミュージックなどが目当てでプライム会員になっている人もたくさんいると思いますが、そのような人が、普通に何かを注文した場合も、当然、お急ぎ便の適応になりますので、運送会社の負担が拡大し続けていることは、容易に想像できます。

Amazonヘビーユーザー

我が家は、本当にAmazonをよく利用します。
ほぼ毎日、アマゾンの箱が宅配BOXに入っています。
日中は、留守がちですが、マンションに宅配BOXがあるので、再配達をお願いしなくても済んでいます。
しかし、家族がそれぞれにポチるので、1日に2~3個の荷物が、時間差でバラバラに届くこともしばしば。

私個人だけでも、1日に数回ポチることもよくあります。

別に送料が発生するわけでも、買い物に行って買うよりも高いわけでもないし、返品交換も問題なく対応してくれるので、Amazonで購入することのデメリットは、ほぼありません。

実は、再利用してました!

私がAmazonマーケットプレイスに出品しているのは、主に書籍ですので、発送は、日本郵便のクリックポストを利用しています。なんといっても全国一律164円という安さが魅力です。もしも私が、お急ぎ便に対応しようとすれば、速達で発送する必要があり、発送のコストで利益なんてなくなってしまいます。

そして、Amazonの他にヤフオクもやっているのですが、ヤフオクでの発送の時は、たいてい「はこBOON」を利用します。これも、配送はヤマト運輸さんですね。

それはいいのですが、ヤフオクを始めた当初は、発送用の段ボール箱を1つ100円以上で買っていました。性格的に、きれいに送りたかったので。

しかし、取引が増えてくると、このダンボール代がもったいなく思えてきました。

以前から、

「Amazonは、なんでこんなに大きな箱で発送してくるのだろう?」

と思っていた私は、そこに目をつけて、どこで買っても同じものは、ほぼAmazonでポチるという生活をするようになってしましました。
書店で立ち読みして、「これは面白そうだ」と思ってiphoneで「ポチ!」なんてことも…。

そうです、Amazonから送られてくる商品の段ボール箱を、ヤフオクの発送用に再利用していたのです!

そのため、必要以上にポチ、ポチしていたように思います。

だから、ヤマト運輸の方は、うちのマンションに、1日に何度も来ていました。しかもマンションですので、他の家庭の分もあったはずです。

私が家にいるときは、いつも「申し訳ないなぁ~」と、心から思っていました。

私みたいな人が、ヤマト運輸のドライバーの方に負担をかけていたことは、間違いありません。ヤマト運輸のドライバーの方、本当にごめんなさい!

プライム会員、安すぎ!

私は、音楽が好きですが、Apple Musicの方が、マニアックなアーティストの曲も聞けるので、プライムミュージックはあまり利用していません。

ただ、プライムビデオは便利ですね!
レンタルDVDとか、全く利用しなくなくなりました。

それにしても、年間3,900円(税込)のプライムの年会費って、安すぎだと思いませんか?

以上、

ヤマト運輸のドライバーのみなさん、本当にごめんなさい!」というお話でした。

★シェアはこちら★

★フォローはこちら★