ネットバンクを開設しよう!

★シェアはこちら★

ネットバンクとは?

インターネットで何かを販売利用している人は、すでに持っていると思いますが、インターネットを使って、これから自分で商売を始めたいという方は、インターネットバンクの口座は、是非ともつくっておきたいところです。

今や大手銀行、地方銀行、ゆーちょ銀行など、ほとんどの銀行でインターネットバンキングの利用は可能ですが、それらのインターネットバンキングとインターネットネットバンクは、同じではありません。

インターネットバンキングは、

大手銀行や地方銀行が提供しているインターネット取引サービスの総称です。

「〇〇ダイレクト」とかいう名称が多いですね。
窓口やATMで銀行取引をするよりも、インターネットバンキングを使った方が、手数料が安いというメリットがあるので、利用している人も多いと思います。

これに対して、
インターネットバンク(ネット銀行)はというと、

これまでの一般的な銀行とは異なり、窓口となる店舗を持たないネット専用の銀行のこと。
要するに「無店舗型の銀行」です。

無店舗なので、口座開設や振込などの取引は、すべてパソコンやスマホで行います。
現金の出入金は、原則として提携ATM(主にコンビニATMなど)を使って行います。
中には、セブン銀行のように、自社でATMを保有しているネット銀行も存在します。

ネットバンクのメリット

無店舗型のネットバンクのメリットは、

預金金利が比較的高く、ATM・振込手数料が安いことです

たとえば、セブン銀行であれば、全国のセブンイレブンに設置された2万台以上のATMで、24時間365日いつでも気軽に現金の入出金ができます

気になる出金手数料は、朝7時~夜7時までは無料。それ以外の時間は、100円+税。
土・日や祝日だからといって特別なATM利用手数料がかかることはありません。

また、ゆうちょATMをはじめ、その他の金融機関でも入出金がおこなえます。

私は、いつの間にか、このセブン銀行がメインバンクのようになってしまいました

地域によっても違うと思いますが、私の場合は、そこらじゅうにセブンイレブンがありますので、非常に便利です。時間内であればいつでも手数料がかからないのも大きなポイントです。

本命はこちら

そして、もうひとつ、主にネットでの入金口座として指定しているのが、
JNBことジャパンネット銀行

ヤクオクをやっている人はわかると思いますが、入金が非常に早く、土・日や祝日とか、「そんなの関係ねー!」という素晴らしさ

ヤフオクで、セブン銀行を受け取り口座に指定していた時は、例えば、金曜日に落札して頂いた場合、土・日を挟んで、月曜日以降にならないと入金されません。その為、発送が火曜日とか水曜日になってしまします。ハッピーマンデーや祝祭日が絡むと、更に発送が遅れ、ひどいときには、落札から1週間後に発送なんてこともありました。

これでは、落札して頂いた人に迷惑ですし、良い評価も期待できません。そこで、すぐさまJNBに受け取り口座を変更したわけですが、何曜日に落札されても、最短で当日、遅くても翌日には発送できてしまうので、スピーディーな取引ができ、評価も高くなります

副業でヤクオクなどをやられる方にとっては、休み中に入金を確認して、発送完了まで出来てしまうので、受け取り口座は、始めからJNBにすることを強くお勧めします

ただ、JNBには、ひとつ問題がありまして、それは何かというと出入金手数料です。
提携ATMを利用した、出入金の手数料は、以下の通りです。

・毎月「最初の」入金・出金は、それぞれ1回ずつ手数料が無料

・2回目以降の入金・出金につきましても、1回あたり3万円以上のお取引は何回でも無料

・3万円以下のお取引は、1回につき157円(ゆうちょ銀行は、315円)

つまり、3万円以下の金額は、2回目以降は157円の手数料が発生するということです。

その点はセブン銀行の方が、制約がないので使いやすいです。

私は、入金口座はJNB、頻繁な出入金はセブン銀行、このように使い分けています
副業の売上は、JNBに入金されるので、ある程度の金額になると、セブン銀行に移動しています。

以上、「ネットバンクを開設しよう」というお話でした。

★シェアはこちら★

★フォローはこちら★