NTT-AT「専用戸別受信機」を開発。 エリアメール・Jアラートにも対応し、防災情報も受信可能!

★シェアはこちら★

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT)は、通信経路として携帯電話の3G/LTE網につながる「専用戸別受信機」を開発しました。

すでに、長崎県東彼杵(ひがしそのぎ)町に、約1,000台導入決定した、この「専用戸別受信機」、いったいどのようなものなのでしょうか?

専用戸別受信機

今回、開発された「専用戸別受信機」は、体に携帯電話SIMカードを挿入することが可能で、携帯電話サービスエリアが、そのまま情報受信可能なエリアとなるという受信機です。

これにより、自治体が専用の送信局を整備・管理することなく、広大なエリアをカバーでき、室内でも受信しやすいことから、屋内住民へ直接情報を届けることが可能になるということです。

また、輻輳に極めて強い通信方式を採用し、平時はもちろん、災害時の通信混雑時にも、より確実に利用することができるといいます。

この「専用戸別受信機」は、NTT-ATが、提供中の情報配信サービス「@InfoCanal」ご利用のお客様、自治体様などから配信されたメッセージおよび株式会社NTTドコモが提供する緊急速報「エリアメール」の受信・自動音声読み上げに対応しており、さらに@InfoCanal経由およびエリアメール経由で配信される「Jアラート情報」の受信・自動音声読み上げも可能となっています。

すでに、2017年度下期には、NTT西日本グループとともに、長崎県東彼杵町に「専用戸別受信機」1,000台を導入することが決定しています。

開発の経緯

政府は、「情報難民ゼロプロジェクト」において、『自然災害が頻繁に発生する状況を踏まえ、適切な避難行動をとるためには、国や自治体から発せられる災害に関する情報が、迅速かつ的確に届くことが重要であり、一般的に情報が届きにくい、外国人や高齢者の方々に、災害時に必要な情報が、確実に届けられるようにする』と述べています。

実際、自治体においては、次のような課題があるようです。

住居の中では、屋外スピーカーの音声が聞こえにくい。

自治体から防災情報を配信しても、住民に情報が届いたか分からない。

高齢者は、スマートフォン、タブレットの活用が困難で、災害時の情報取得ができない。

携帯電話も持たない高齢者は、緊急速報メール・エリアメールが受け取れない。

居住地域をもれなくカバーする、広範囲な自営網の構築維持には、膨大な設備費用がかかる。

これらの課題解決のため、「広大なサービスエリアをもつ携帯電話網が利用可能」かつ「高齢者でも使いやすい操作性」といった特長を持った戸別受信機の開発に至ったとのことです。

私がはじめに、この「専用戸別受信機」のことを知ったときは、

スマホでよくね?

と思いましたが、

高齢者は、スマートフォン、タブレットの活用が困難で災害時の情報取得ができない。

携帯電話も持たない高齢者は、緊急速報メール・エリアメールが受け取れない。

という問題を知って、

なるほど、そりゃそうだ!

と、妙に納得しました。

専用戸別受信機の特長

情報受信

◆広範囲なサービスエリア

通信経路として人口カバー率99%の携帯電話網を利用。
広範囲なサービスエリアを提供可能とし、気密性が高い住居の室内においても電波が届きやすく、住民に情報を届けることが可能。

◆確実な通信方式

超軽量・高同報性・低遅延といった特徴を持つ通信方式を採用しているため、携帯電話網を用いながらも極めて輻輳に強い。
災害時などにおいて、電子メールすら利用できない通信混雑時にも、到達確実性の高い情報送受信が可能。

◆「@InfoCanal(アットインフォカナル)」および「エリアメール」の両方式に対応

情報配信サービス「@InfoCanal」および緊急速報「エリアメール」の両方式のメッセージを受信・自動音声読み上げが可能。また、@InfoCanalおよびエリアメール経由で、Jアラート情報も受信・自動音声読み上げが可能。

使いやすさ

◆シンプルな操作感

電源を入れるだけで情報受信可能状態に。
簡単なボタン操作により、電子機器の操作に不慣れな高齢者でも、容易に利用可能。

◆ボタンひとつで聞き直し

過去の受信メッセージを最大6件まで本体に保存。
本体に設置された大きなボタンを押すことにより、聞き直しや聞き逃したメッセージを再度読み上げることが可能。

◆AC電源と単三電池に両対応

通常は、AC電源で駆動し、AC電源からの給電が停止すると、自動的に単三電池駆動に切り替わる。
停電時や家の外に持ち出した場合でも、継続した利用可能。

自治体における運用

◆災害時・平時を問わず幅広い活用シーン

災害時・平時問わず活用可能。
高齢者に対する見守りや、地域情報の配信など、平時においてもさまざまなシーンに有効活用可能。

◆迅速かつ的確な状況把握

@InfoCanalは、戸別受信機の情報受信状態(未到達/到達/既読および地図上での位置情報)をリアルタイムに集計・表示するため、自治体職員は、より的確に全体状況の把握および、次なる対応の判断が可能。

◆状況に応じた、きめ細やかな情報配信・再配信・ あらかじめ決められたグループ配信だけでなく、状況に応じて対象者(一名から可能)を指定しての配信や、地図上から危険地域を指定しての配信などが可能。

長崎県東彼杵町に約1,000台導入決定

NTT-ATは、NTT西日本グループとともに、長崎県東彼杵町に対して、今回開発した「専用戸別受信機」を導入します。

主に、高齢者・要介護者世帯などの希望者に対して、「戸別受信機」約1,000台を配布し、その他の住民には、スマートフォン、タブレット用の受信アプリを提供します。

導入時期は、2018年3月を予定しているということです。

提供価格は、オープン価格となっていますが、自治体が配布するとなると、個人負担は、ないのではないかと思いますが、実際は、導入する自治体の判断によると思われます。

終わりに

NTT-ATは、3年間で5万台の導入を目指し、お客様のニーズに応じて、随時ファームアップデートを行う予定ということです。

残念ながら、この地球上に住んでいる限り、災害から100%逃れることは出来ません。

また、昨今は、日本の上空をミサイルが飛び交う物騒な時代です。

これを知った私は、

これって、スマホや携帯を使えない高齢者には、かなり、ありがたいのでは?

と感じました。

また、

故郷に高齢の家族がいる人にとっても、ぜひ導入してほしいサービスでは?

と感じました。

高齢者が多い自治体には、ぜひとも導入を検討してほしいサービスですね。

また、自治体がコストを負担する可能性が強い、つまり税金が使われるということですので、そのことを見越して、NTT-ATが、びっくりするような高い値段で、商品を自治体に売りつけるようなことがないこと祈ります。

【関連記事】

「Jアラートが鳴ったとき」一児の母が描いた漫画がTwitter上で話題に!いったいどんな漫画?
「Jアラートが鳴ったとき」一児の母が描いた漫画がTwitter上で話題に!いったいどんな漫画?
2017年8月29日、そして9月15日。 相次ぐ北朝鮮のミサイル発射に、人々の不安は高まっています(よね?) そんな中、...

補足1

@InfoCanal(アットインフォカナル)

NTTアドバンステクノロジ株式会社が提供する、双方向・マルチデバイス対応の情報配信サービス。
@InfoCanalは、高い人口カバー率の携帯電話網やWi-FiなどのIP通信網を利用し、災害時などの通信混雑状態に極めて強い仕組みで簡単・確実な同時配信と即時集計を実現します。
これまでの課題である、不感地帯対策や到達・鳴動の確認、配信手段の多様化、導入コスト削減・期間短縮、運用負担の軽減などを解決し、災害時でも平時でもさまざまなユースケースに適用可能です。
詳細は、公式サイト

をご参照ください。

長崎県東彼杵町(ながさきけんひがしそのぎちょう)

お茶とみかんとくじらの町として、また、人と産物と情報が集まる、長崎県の玄関口として知られる東彼杵町。
かつては長崎街道の宿場町として、また、平戸街道の起点として、たくさんの商人や武士、時には外国からの来訪者たちで賑わっていた町です。
江戸時代初めから明治にかけての数百年間は、捕鯨と鯨肉取引の中心地として栄え、ここに陸揚げされた鯨が、九州各地へと送られていました。
町内には、こうした街道や鯨にまつわる歴史の面影が、各所に残されているほか、さらに昔の古墳や遺跡なども数多く見ることができます。(東彼杵町公式ウェブサイトより抜粋)

★シェアはこちら★

★フォローはこちら★

▼人気の記事▼