どうせ大学へ行くのなら

★シェアはこちら★

どう育てる?

「 いい大学 → いい会社(就職先)→幸せ 」が昭和の古い価値観だとしても、では、いまの子供は、いったい、どうしたらいいのでしょうか?
自分の子供を、どのような価値観で育てたらいいのでしょうか?

結論は、「子供の可能性の芽を摘まないこと」だと思います。

そして、できれば早いうちに、その可能性に気づいてあげたいものですが、なかなか難しいですよね。

自分自身を振り返ってどうでしたか?早々とやりたいことが定まっていました?

何かのスポーツが、飛び抜けて上手かったような人は、周囲りが放っておかないので、そのままプロの世界へ進んだりしますが、取り立てて目立った才能がなかったら、親も学校の先生も、

「とりあえず大学へ行って、4年間でやりたいこと見つけるか?大学生は楽しいぞ~!」

みたいな話になりがちです(ごめんなさい、私の話です…)

どこでも良ければ

少子化が進み、大学の定員よりも学生の方が少なくなれば、どこでも良ければ大学には行けてしまいますね。

海外とは違って、大学に入れてしまえば、まぁ、なんと卒業もできます。その先の保証はありませんが…

よほど学校に行かないで、何か別のことに熱中すれば、1~2年くらい留年するかもしれませんが、そういう人は、きっと中退しても何とかなってしまいます。ホリエモンも東大を中退しています。やりたいことが定まったら、わざわざ関係のない勉強を続けてまで卒業するのも時間の無駄かもしれません。

昔は、とりあえず大学を卒業しておけば「潰しが効くから」なんて言われましたけど、今では、あまり意味がなさそうです。

目指す大学は

理想は、大学受験をする頃までに、方向性だけでもいいので、やりたいことが見えているといいですよね。その分野の大学か専門学校に進学して、より深く学んで、社会に出ていけるから。

だけど、それも簡単じゃない。すると話は戻って、

「とりあえず大学へ行って、4年間でやりたいこと見つけるか?大学生は楽しいぞ~!」

ということになるのだけど、もしも、そのようなことになったら、

ひたすら、いい大学を目指すのが得策だと思います。

思いきって「東大」?

思いきって「東大」とか。ホリエモンも「東大」には威力があると言っていますね。利用価値は高そうです。また、「東大合格」は、セルフイメージを高め、その後の人生を生きていく上での自信にもなるでしょう

そして、レベルの高い大学(あく前で日本国内での話ですが)へ行けば、同じような人しかいないので、それまでは、たまたま同じ地域に住んでいるという友人関係だったけど、大学からは、より自分を高められるような友人関係が築けたり、一緒に起業するような仲間と出会えるかもしれません。

そのためには、やはり可能な限り高いレベルの大学を目指すべきだと思います。
その方が、将来の選択肢が増えると思います。

その中から、起業でも、官僚でも、公務員でも、会社員でも、好きに選べばいいのです。

ここまでを、まとめると

まずは、中学・高校時代に、いろいろな事に興味をもって挑戦して、やりたいことを見つける

どうしても見つからないのなら、優秀な人が集まるレベルの高い大学へ進学して、将来を真剣に考える

いろいろなバイトを経験してみるのもいいですね。やりたいことに巡り合えればラッキーだし、少なくとも「将来、こういうは仕事イヤだな。」みたい収穫はあると思います。

また、学生のうちに起業とかに挑戦できたらいいですね。考えただけでワクワクします。どうせみんなスマホやタブレットやノートPC持っているのでしょうから。

ちなみに、私の学生時代は、ポケベルとかPHSとかワープロの時代でした。

最悪なのは

最悪なのは、なんとなく行ける大学へ進学して、4年間をただ楽しく過ごして、入れる会社に何とか就職するみたいなパターンですね(ごめんなさい。これも私の話です…)

だいたいそういう会社って、いざ就職してみるとブラックだったりするわけですが、悪いのはブラック企業ではなく、そこにしか就職せざるを得なかった、それまでの自分自身の生き方だって、この歳にして気が付きました。まぁ早い話、社会をなめていたということです。

だから、もしもまだ、やりたいことが見つからず、家庭に大学へ行けるだけの金銭的な余裕があるのなら、可能な限りいい大学を目指して、4年間で起業とか真剣に考えたらいいと思います。

親も大変

親もきっと、子供を大学に出すのは大変です。都内で一人暮らしなんことになれば、4年間で、かなりのお金が必要です

そのお金で、しっかりと社会に出て、自立してやっていけるようになれば、親としては、そんなお金は惜しくはありません。

でも、大学を卒業しても、ニートやフリーターや派遣社員だったら、親としては複雑な思いでしょう。こういう言い方はどうかと思いますが、正直いって、それでは元が取れませんね。

親になってみると分かりますが、親もそれなりに大変です。自分のことは我慢してでも、子供にお金を掛けるような親ならなおさらです。

夢は・・・

やりたいことが決まっていなければ、志望校は、
「東大」とか「京大」とか「早稲田」とか「慶応」とか、一般的に誰でも知っていて、「へ~、東大なんだ、すごいね!」とか思われるような大学にするべきです。

間違っても、「へ~、その大学どこにあるの?」みたいな大学を、始めから目指すこともないと思います。

そして同じく、夢が見つからないのなら、見つかるまでの夢は「金持ち」でいいと思います。

「金持ち」になるためには、時間とお金を浪費して、だらだらと無意味な時間を過ごしてなんていられませんので。

「社会人になったら遊ぶ時間ないから、学生のうちに遊んでおいた方がいいよ!」

そんな話、信じちゃだめですよ。(ごめんなさい。これも…)
この言葉は、はなっから稼げない人生だって決めつけていると思いませんか?

10年くらいで、さっさと、一生分稼いでしまって、その時に、遊びたければ遊んで暮らせばいいし、もっと仕事がしたければ仕事をすればいいのです。

以上、「将来の選択肢が増えるような生き方を選ぼう!」というお話でした。

何回みても泣ける…

ビリギャル2015