ツァイガルニク効果

★シェアはこちら★

「ツァイガルニク効果」

今回は、「ツァイガルニク効果」について紹介していきます。

「ツァイガルニク効果」というのは、別名「中断効果」とも呼ばれています。

この効果を上手く利用することによって、相手の注意を引き続け、興味を釘付けにすることができるようにます。

このテクニックは、ビジネスだけでなく、トークや恋愛のテクニックとしても使われているので、このテクニックを学ぶだけで、コミュニケーションスキルを高めることもできます。

「ツァイガルニク効果」とは?

「ツァイガルニク効果」は、ドイツの心理学者であるレヴィン博士により提唱された理論です。

どのような理論かというと、

人は、完了した物事よりも、未完了の物事の方が記憶に残りやすい」というものです。

たとえば、「やった時の後悔」と「やらなかった時の後悔」とでは、「やらなかった時の後悔」のほうが強く印象に残りますが、これも「ツァイガルニク効果」の影響です。

異性に告白して、フラれた場合、時とともに、そのキズは癒えていきますが、最後まで告白できなかった異性のことは、なかなか忘れられないものです。

「ツァイガルニク効果」の原理

人は、目標に向かっている最中は、緊張感や集中力が持続しているため、記憶力が高まっている状態になります。

一方、目標を達成してしまうと、緊張感から解放されてしまい、気が抜けて集中力も低下し、記憶に残りづらくなるということが起こります。

「ツァイガルニク効果」は、人が持つこのような特性を利用したテクニックです。

よくみる「ツァイガルニク効果」の事例

「ツァイガルニク効果」が使われている事例を紹介していきます。

クイズ番組

代表的な例として、クイズ番組があげられます。

クイズ番組では、問題を出して、その答えが発表される直前に、CMになってしまうようなことは、よくありますが、視聴者に答えを気にさせることで、番組に注意を引きつけておくことが出来るため、このような手法が用いられます。

バラエティ番組

バラエティ番組でもよく使われています。番組冒頭で、放送内容のダイジェスト紹介したり、CMに入る直前に、番組の続きや、タレントが衝撃を受けて驚いているような、声や表情を放送し、視聴者の関心を引きつけ、番組に釘付けにさせています。

海外の映画やドラマ

海外の映画ドラマや映画などは、日本の映画やドラマなど以上に「ツァイガルニク効果」が使われています。

映画のエンディングやドラマの最終話では、話をスッキリと終わらせてくれても、よさそうなものですが、エンディングや最終話にも関わらず、続やきが気になるシーンで終わる海外の映画やドラマは非常に多いです。

このように、あえて話を宙ぶらりんで終わらせる手法を「クリフハンガー」と呼びます。

次回作の展開が、気になって仕方がない状態で終わる映画って、ほんとに多いですよね。これ、絶対続編あるよね?みたいな。

映画「スターウォーズ」なんて、まさにそんな感じですよね!

なんだかんだいって、続編が楽しみですが…

国内のドラマなどでも、だいたい次の展開が気になる場面で、次週に続き、予告でいいところをチラッと観せて終わりますね。
悔しいけど、次も観てしまうというわけです。

メール・LINE

このように、映画やテレビの業界では、頻繁に使われていますが、身近な例としては、メールやLINEなどがあげられます。

メールで質問をしたときにその返事がなかなか返ってこないと、やたらとそのメールのことが気になってしまうことがありますが、これも「ツァイガルニク効果」の影響です。

ガラケーを使ったことがある人は、経験があるかもしれないですが、返事がこないときには、「センター問い合わせ」をついしてみたものです。

今では、LINEなどのツールが主流になっていますが、LINEの場合、既読になっているのに返事が返ってこないときは、余計に返事が気になってしまうものです。

ツァイガルニク効果」の注意点

このように、「ツァイガルニク効果」には、人の関心を引いたり、釘付けにする強い力を持っているわけですが、使用にあたっては、いくつかの注意点があります。

まずは、

「ツァイガルニク効果」の多用は禁物だということです。

「ツァイガルニク効果」は、緊張感を持続させるという原理を使っているので、多用してしまうと相手に対してストレスを与え続けることになります

その結果、どうなるのかというと、ストレスに耐え切れなくなった人から離脱していってしまうことになります

また、話を引っ張ったのであれば、そのぶん相手の期待値が上がっているので、その期待に応えられるような、それなりのオチが必要になってきます

これが、話を引っ張っておきながら、期待以下のオチだった場合、相手をがっかりさせたり、失望させてしまうので、「次は、もう騙されないぞ」となりかねません。

そうならないためにも、オチに何かしらのサプライズ的な要素が用意しておくと、相手の心をガッチリとつかむことができます

以上、「ツァイガルニク効果について」でした。

余談ですが…

私は、やはり、「あ~、いい映画みたなぁ~」という完結ものの映画が好きです。

プラダを着た悪魔 (The Devil Wears Prada) 2006

★シェアはこちら★

★フォローはこちら★