「リアルわらしべ長者」になろう!

★シェアはこちら★

わらしべ長者

日本には、「わらしべ長者」というお話があります。

「わらしべ長者」とは、

ある一人の貧乏人が最初に持っていたワラを物々交換を経ていくにつれて、最後には大金持ちになる話である。今日では、わずかな物から物々交換を経ていき最後に高価な物を手に入れることに対する比喩表現としても使われる。(Wikipediaより)

いまの時代、パソコンとネット環境さえあれば、お金は稼げてしまいます。
スマホ1台でも十分、可能かもしれません。

しかし、残念ながら、怪しい話もたくさんあります。
そこが問題ですが、怪しい話は、決してネットの世界だけではなく、リアルの世界にも、たくさんありますので、「ネットだから」という理由だけで、怪しいと判断するのも、
もったいない話です。

実際に、ネットを使ってお金を稼ぐ方法は、たくさんあります。
ネットを使って物販を行えば、お客さんのいない商店街よりも、確実にモノは売れます。

そのほかにも、違法でもなんでもなく、元手0円から10万円くらい手に入れる方法は、あります。10万円稼げれば、その10万円を使って、次の稼ぐ方法が見えてきます。

リアルわらしべ長者」も夢ではありません。

少なくとも、
夢を叶えることの第一歩が、ノーリスクで踏み出せる時代 なのです。

One Red Paper Clip

海外では、「リアルわらしべ長者」ともいえる「One Red Paper Clip」という実話があります。

ある青年が、ひとつの赤いクリップを、最後には家に換えてしまうという話です。
動画は英語ですのが、なんとなく意味はわかると思います。

アイディアしだいで、35年ローンを組まなくてむ、家を手に入れることは不可能ではないと知っておくのも悪くありませんね。

私たちは、情報とアイディアと行動力とネット環境があれば、夢を叶えられるという素晴らしい時代に生きているのです

OneRedPaperClip ABC

★シェアはこちら★

★フォローはこちら★