人生を変える一歩を踏み出そう!

★シェアはこちら★

ひはじめの一歩

変わり者」と言われることをいとわず、自由に向けて「新たな一歩を踏み出す決意」ができたら、どのように、その一歩を踏み出せばいいのでしょうか?

まずは、

いきなり会社辞めたらダメですよ!

その前にやるべきこと、できることがたくさんありますから。

何ごとも段取りが大切です

どうしても体調がすぐれなければ、とりあえず「休職」という手もあります。

決して、ボロボロになるまで働けというわけではありません。

それでは、会社を辞めるまでに何をしておいた方がいいのかをまとめてみます。
そうそう、良く書かれている、

会社を辞めた途端に信用がなくなるので、「引っ越しをするなら辞める前の方がいい」とか、「クレジットカードを作っておいた方がいい」などの話とは、ちょっと違います。(それらも、もちろん必要です。)

因みに、クレジットカードは、確かに作っておいた方がいいのですが、普通に作ると後悔するかもしれません。私は後悔しました。別の方法で申し込まなっかたために、数万円は損をしました。それについては、別の記事で書きたいと思います。

それから、JNB(ジャパンネットバンク)の口座 だけは、早めに作っておいた方がいいです。

3つの行動

それでは、具体的な行動として、ここでは3つあげたいと思います。

1.生活を見直して徹底的に無駄を省く

モノも時間もムダってほんとに多いです。意識して無駄を削ってい行かないと、新しいことにチャレンジする時間を捻出することはできません。

2.不要なものをバンバン売りさばく

その気になれば、たいていのものは売れてしまいます。そして、その多くは、今のあなたに必要のないものばかりです。思い切って処分(換金)してしまいましょう。

3.種銭(元手)をつくる

方法を知れば、意外と簡単にできてしまします。2の不要品の処分だけでも、結構な金額の種銭を得ることも可能です。

これらは、順番にやるのではなく、同時進行で行います。
1と2をおこなえば、自動的にに3は手に入ります。また、3単独で出来ることもあります。

種銭の使い方

種銭ができたら、そのお金を使って、先を走っている人を見つけて教えてもらいましょう。

その方が、ひとりで悪戦苦闘するよりも断然早いですし、うまくいけばそのお金は、すぐに回収できてしまいます。

また、「これだけのお金をつぎ込んでいるのだから」という意識が働き、簡単には諦めなくなります。

はじめから大金があったり、銀行から融資が受けられるのであれば、リアルで店舗を構えて商売をするのもいいのですが、(そもそもお金に余裕があるなら、投資の勉強をするべきですね。)今のネット社会であれば、なるべくお金を掛けずに、小さなリスクで出来ることから始めるべきでしょう。そして、上手くいくよなら、どんどん拡大していけばいいのです。

そのための方法を、稼いだ種銭を使って学ぶのです。

やってみなくては分からない

自由へ向かうことを決心したら、思い切って一歩を踏み出してみましょう!

その一歩が、確実にあなたの未来を変えることになります。何がどう変わるのかは、実際にやってみないと分からないのです。

そんなに難しいことはありません。多少の手間を惜しまなければ、10万円や20万円の種銭はすぐにできますから。

仮に、何も変わらなくても、数十万円のお金が残るだけですので、やって損はありません。

自転車でもなんでも動き出すまで、つまり0から1の時が一番力を使います

しかし、いったん動き出してしまえば、止まる為にはブレーキが必要になります。なかなか勝手には止まらないものです。

止まっているものを動かすのも、動いているものを止めるのも大変です。

始めは、少しパワーが必要かもしれませんが、動き出してしまえばスピードも増していき、次第に、止まるのが難しくなって行きます。

お金は手段

上手くいたとしても、お金儲けは、ほどほどがいいです。

手に入れたいのは、お金ではなく自由だということを忘れないようにしましょう。

よく言われるように、お金は、自由を手に入れる為の手段でしかありません。

まずは、あなたはどこを目指すのかを決めましょう。

あなたにとっての着地点はどこですか?

それが決まっていなければ、思い切ってジャンプすることができません。

どちらがいいとか悪いとかではなく、今の会社で出世するための努力と、会社を辞めて独立する為の努力は、同じではないですから。

参加するセミナーも、読む本も変わってくると思います。

まずは、目的地を定めましょう。

会社の掲げる達成目標ではなく、あなたの人生の達成目標を定めましょう!

そして、可能な限りの時間を、それを達成するために使いましょう。

以上、

人生を変える一歩を踏み出そう!」というお話でした。