これでパソコン直るかも?

★シェアはこちら★



Windows OS

「Googleアドセンス」
いちどくらい聞いたことありますよね。

わたしも、以前から知っていて、いちどは挑戦したこともあります。
しかし、やり方がマズかったのか、ほとんど稼げませんでした。
その頃は、使っていたのは、たしか SeeSaaブログだったかな?

どのくらい以前かというと、Windows XP の時代ですよ。
「そんなOSもあったな~、あれ、けっこう良かったよね~、」というくらい大昔の話ですね。懐かしいな~。

私の中で、Windows でいちばんの OS といえば、Windows 7 です。
この文章も、未だに Windows 7 で書いています。

いちどは、Windows 10 にアップデートしてしまったものの、慌てて Windows 7 に戻しました。あれって期間内でないと戻せなくなるのでしたよね?危ないところでした。

もう1台の持ち運び用の ultrabook は、もともとは、Windows 8だか8.1という OS でしたので、こちらは、Windows10 にアップデートして、ときどき使っています。

この Windows 10 搭載の ultrabook のいいところは、起動がめちゃくちゃ早くて、シャットダウンも一瞬です。また、ドライブ非搭載なので、薄さと軽さでは、Macbook にも負けないかもしれません。でも、やはり使い勝手は良くないので、あまり使っていません。

しかし、いつ Windows7 が壊れても、とりあえずは安心という役目だけは、立派に果たしております。

そもそも何で、この Ultrabook を買ったかというと、かつて、この Windows 7 ノートPCがぶっ壊れたからです。
再セットアップをしてもビープ音が鳴りっぱなしで、いちどは、メーカーに修理を出しましたが、異常なしで戻ってきました。

しかし、いざ使ってみると、相変わらずのうるささで、仕方がないので諦めて、新しいノートPCを買いに行ったわけですが、これまで Windows しか触ったことがなかったその頃の私には、Macという選択肢はありませんでした。

その頃、売られていたPCが、Windows 8 搭載のPCだったというわけです。

ところで、なぜ、今こうして Windows7PCで文章を書けているのかというと、あることを試した結果、嘘のように直ってしまったからです。

もしかしたら、これで直るかも?

大したことではありませんが、知りたいですか?

Windows 7 搭載のノートPCの前は、Windows XP 搭載のデスクトップPCを使っていました。まだ、デスクトップPCの方がノートPCの方が割安だった時代です。メモリー増設とかして使ってました。遅かったな~、今思えば(笑)

その XP も最後のころは、よく駄々をこねてくれました。
セーフモードとかで回復することもありましたが、それだけでは回復してくれないこともあり、誰にきいたか忘れましたが、いちどコンセントを抜いて、電源ボタンをポチポチ押して、しばらく放電させた後に、コンセントをつないで電源入れると、回復してくれたことが何度かありました。

この方法は、今でも、テレビの外付けハードディスクが、うまく動かない時などに使っています。

その経験はあったのですが、ノートPCでこれをやっても意味がありませんでした。当たり前ですね。ノートPCはバッテリーで動いてくれるので。

Windouws 8 を買ってしまった後ではありますが、これが思いのほか使いずらかったので、なんとか Windows 7 が復活しないかなぁと思って、いろいろと考えて、あることを思いつきました。

そうだ!バッテリーを外してみよう!(初めから気付けよ!という感じですね。)

そして、それをやってみたら、見事に直ってしまったというわけです。

それ以来、今でもこうして立派に使えております。

まぁ、動作の遅さに関しては致命的ですが、諦めるしかありません。

例えるなら、石油ストーブですよ。使ったことのある人なら分かると思いますが、あれは、エアコンと違って、着火してもすぐには温まりません。

そんな感じですので、使わない時は、シャットダウンなどはせずに、スリープモードにしています。

うっかりシャットダウンなんてしようものなら、しばらく立ち上がってくれません。
CCクリーナーも時々使って、キャッシュとか掃除しているのですが…。

でも、使いやすいし、愛着もあるので、本当にぶっ壊れるまでは、使い続けたいと思っています。

そして、次は、Windows ではなく、Mac を使おうと決めています。

私は、iphone が好きですし、子供に奪われてしまいましたが、ipad も好きです。
もはや、Mac を使わない理由がないことに気が付きました。

Mac って、(かつてのソニーの VAIO とかも)、一部のクリエイティブな仕事をしている人向けのPCで、一般の人は ふつうの Windows を使うものという根拠のない思い込みから、Mac を使ってこなかったわけですが、今思えば、アホらしいですね。

Googleアドセンスについて書こうと思ったのですが、だいぶ話が逸れてしまいましたので、その話は、また今度にしようと思います。

放電の真偽

最後に、今さらながら、放電について調べてみました。

知恵袋より

質問

パソコンの放電を行うとなぜ回復するのでしょうか。
もちろん、放電を行ってもどうにもならないときもあるのですが、そこまで深刻な状況じゃない場合、放電を行うと直ります。

回答

ノートPCなどに良くありがちなんですが、バッテリーの充電状況を保持するメモリが存在していまして、そこにエラーが記録されていると、他に影響を与えないように電源が入らない場合があり、電源を抜く(バッテリーを抜く)などを行うと、放電して初期状態に戻るんです。なのでしばらく置くと初期状態に戻るので起動できるようになります。

この状態で修理に出すと、コンセント抜いた段階から時間が経過するので、メーカ到着時には異常なく起動するという…
しかもメモリ内容は消えてるので原因不明…となるわけです。

それ以外にも電源ラインの過負荷防止用ヒューズなどの要因もあります。
過電流や異常温度などの場合、一旦電源抜いて時間がたたないと復帰しません。(安全対策の為です。)

異常なし」、「原因不明」の正体は、まさに、これでした!

みなさんも、家電製品の不具合の際には、一度くらいは、この放電治療を試されてみてはいかがでしょうか?

もしかしたらこんな簡単なことで、嘘のように直ってしまうかもしれませんよ。

以上、Googleアドセンス ではなく、もしかしたら役に立つかもしれない

放電でパソコンの不調が直ることもある?」というお話でした。



★シェアはこちら★

★フォローはこちら★