白石麻衣の写真集「パスポート」累計発行部数が22万部突破で今世紀最多を更新!出身地の「群馬県」を知りたければこれを見るべし!

乃木坂46「白石麻衣」のセカンド写真集『パスポート』が、1万部の重版が決まり、累計発行部数が22万部となったことが分かった。

すでに発売から半年が経過したが、異例のロングヒットとなっている。

【関連記事】

【セクシーショット20枚!】白石 麻衣 の写真集「パスポート」がバカ売れ。出身地の「群馬県」ってどこ?

【美乳ショット解禁?】乃木坂46 白石麻衣、新記録で上半期の「写真集女王」に!

“21世紀最大のヒット写真集”

「白石麻衣」のセカンド写真集『パスポート』は、初版で10万4千部を売上げて、女性ソロ写真集歴代1位の記録を達成した。

その後も、5月には、朝日新聞の文化・文芸欄でヒットの理由が取り上げられるなど社会現象となっている。

今年2月7日の発売から半年が経過しているにもかかわらず、売り上げのペースは落ちず、品薄解消のために、今現在で、8回目の増刷が決定し、累計発行部数は、22万部を突破した。

「女性ソロ写真集」としては、すでに“21世紀最大のヒット写真集”となっているが、7月31日付けのランキングで、累計実売数は212,570部を突破したことで、自らその記録を更新した。

5月に発表された「本年度のオリコン上半期写真集売り上げランキング」では、20万11千部で、みごと「写真集女王」に輝いた。

その後も1カ月約5000部のペースで売れ続けるという、超ロングセラーとなっている。

講談社販売担当者は、

「発売から半年たっても、ここまで勢いの落ちないタレント写真集は、前代未聞。講談社の歴史を振り返っても、異例の大ヒット写真集です!」

とコメントしている。



白石麻衣(しらいし・まい)プロフィール

2011年、乃木坂46の1期生として活動開始。6thシングル『ガールズルール』でセンターを務めるなど、常にグループの中心的メンバーとして活躍。

乃木坂46イチの美貌の持ち主で、「女子がなりたい顔No.1」とも称されている。

女性ファッション誌『Ray』『LARME』ではモデルも務めているほか、2016年公開の映画『闇金ウシジマくんPart3』に出演するなど、女優としても活動中。

◆生年月日:1992年8月20日 (24歳・2017年現在)
◆生まれ:群馬県
◆身長:161 cm

【関連記事】

【セクシーショット20枚!】白石 麻衣 の写真集「パスポート」がバカ売れ。出身地の「群馬県」ってどこ?



「お前はまだグンマを知らない」劇場版

白石麻衣の出身地である「群馬県」といえば…

この夏(2017年)7月15日から、群馬県内の4映画館(イオンシネマ高崎・太田、ユナイテッド・シネマ前橋、MOVIX伊勢崎)で先行上映され、7月22日からは、全国公開されている当地漫画「お前はまだグンマを知らない」劇場版はもうご覧になっただろうか?

「お前はまだグンマを知らない」劇場版は、「月刊コミック@バンチ」(新潮社刊)のウェブコミック配信サイト「くらげバンチ」で連載の、群馬に実在する名所や名産がふんだんに登場する、ご当地漫画「お前はまだグンマを知らない」の劇場版だ。

原作の作者は、高崎市在住の漫画家、「井田ヒロト」氏。

ニッポンの中央あたり、北カントウ地方西部に位置する、山に囲まれた内陸の地、グンマ。

ニッポン最後の秘境や古代グンマー帝国などと揶揄されているが、その実態は謎に包まれている。

そんなグンマに転校してきた高校生「神月」は、独自性の強い文化やクラスメイトたちの異常なグンマ愛に直面し、慄く。

学校一の美女「篠岡京」に恋をしたもの、彼女もまた生粋のグンマ人。

やがて「神月」はグンマのライバル(*)であるトチギやイバラキとの争いにも巻き込まれていく…

「神月」役を俳優の「間宮祥太朗」さん、「神月」が憧れる「篠岡京役」を「馬場ふみか」さん、「神月」の幼なじみの「轟一矢」役を吉村界人さんが演じる。

映画は、3月に日本テレビ(関東のみ)で放送された深夜ドラマを基に、未公開シーンを追加した89分間のストーリー。

人気バラエティー番組『嵐にしやがれ』などを手がける日テレのディレクター、「水野格」氏が監督を務めた。



最後に

群馬県といえば、『都道府県魅力度ランキング』で、ワースト3の45位あたりが定位置となっている。

2016年度でみても、

トップ3は、

1位は「北海道」が8年連続。2位は「京都」、3位は「東京」。

ワースト3は、

45位が「群馬」、46位が「栃木」、48位が「茨城」と、北関東がワースト3を占めるという現状が続いている。(*ライバルってこういうことか!)

この夏、

「お前はまだグンマを知らない」の劇場版をご覧になって、白石麻衣の生まれ故郷に思いをはせてみてはいかがだろうか?

★シェアはこちら★

★フォローはこちら★

▼人気の記事▼