【アン シネもびっくり!】米LPGAが新“ドレスコード”を規定。お色気路線はNGですよ!!

★シェアはこちら★


『スカートは、立っているときも屈んだときも、いついかなるときも、ボトムエリアを隠し得るに十分な長さでなくてはいけない』

「アン シネ」や彼女の男性ファン、そして、ゴルフ界全体がびっくりさせられる“ドレスコード”を米LPGAが規定し、女子選手たちにEメールで通達を出したといいう。



なぜ今、服装規定?

ゴルフウエアが多様化し、日本でもアジアでも、アメリカでもヨーロッパでも、フェアウエイが華やかになりつつある昨今のゴルフ界。

その傾向は、プロからアマチュアへとトップダウンで広がりつつある。

だが、その一方で、

・クラブハウスにはジャケット着用
・シャツはきっちりとした襟付き
・男性の短パン禁止
・あるいは、短パン着用の場合は、ハイソックス着用
・女性の短いスカート禁止

といった、旧来の服装規定を、今でもメンバーやゲストに求めるプライベートクラブもある。

「華やか多様化組」vs「伝統組」、どちらが多数派かと言えば、昨今では、すでに前者がマジョリティになりつつあるという印象が強い。

しかし、ゴルファーの出で立ちを、華やかで多様なものにするにしても、そこには一定の決めごとが必要。つまりは、

「お色気路線はNGですよ!」

というのが、今回の米LPGAの強い考えのようだ。

選手たち宛に送られたEメールの文面には、いくつかの固有名詞も登場している。

・米男子ツアーの「リッキー ファウラーは、ジョッガーとハイトップを身に付けている」
・ゴルフアパレルに注力している「ナイキは、襟無しのポロシャツの製造を始めた」
・(男子の)欧州ツアーは、選手の練習日の短パン着用を認めた」

など。

もちろん、米LPGAは、引き合いに出したこうした例を、頭ごなしに否定したり批判したりしているわけではない。

ゴルフの服装が多様化している今だからこそ、これからどうなっていくのか、どうするべきなのか、

「みんなが興味感心を抱いている中で、ゴルフを司る団体は多様なオプションに制限を設け、然るべきドレスコードを選手たちに適用すべきだ」

と謡い、いくつかの規定を列挙している。



見えたらダメですよ!

選手に対するコース上の規定の中には、襟に関するもの、レギンスに関するものもあった。が、いちばん驚かされたのは、“スカートの長さ”だ。

「スカート、スコート、ショーツは、立っているときも屈んだときも、いついかなるときも、ボトムエリアを隠し得るに十分な長さでなくてはいけない」

「ボトムエリア」の部分には、但し書きも付いており、

「いわゆるアンダーショーツ(アンダースコート)を履いているとしても、きっちり隠れる長さのスカート、スコート、ショーツで身を包むように」

ということだ。

プロアマのパーティーでの服装にも触れ、

・プロフェッショナルなイメージになるように
・ドレッシーなジーンズはOKだが、穴が開けてあるジーンズやカットオフは不可

さらには、キャディやマネージャー、トレーナー、メディアも含めていると考えられる“インサイドロープの服装”は、

・トレーニングウエア不可
・ジーンズは全カラー不可

などと細かく規定されている。

この新しいドレスコードは、今週の全米女子オープン終了後の7月17日の月曜日から、せこう即施行となるそうで、違反者には、なんと、

罰金1,000ドル

が科せられるという厳しいものだ。



日本では…

日本では、セクシークイーン「アン シネ」の人気が高まり、ファンも増えて、女子ゴルフへの注目度が増している。

一方、近年のアメリカでの女子ゴルフの人気は、低迷の一途を辿っている。

そんななかでの、今回のドレスコードの発表は、

『それでもセクシーさで魅力を訴求するつもりはない!』

という米LPGAの強い意志表示と受け取れる。

仮にもし、「アン シネ」が、アメリカの女子ツアーの試合に出ることになったら、彼女のスカート丈は間違いなく「アウト!」ということになる。

彼女らのセクシースタイルを容認している、現在の日本の女子ゴルフ界は、どう受け止めるだろうか?

そして、スポンサーやファンはどう思うだろうか?
 


サマンサタバサ・レディース最終日の「アン シネ」

この日も、猛暑となった『サマンサタバサ・レディース』最終日。

白に黒いストライプが入ったウェアに、まさかの“ロングパンツ”で登場した「アン シネ」。

これまでの試合では、雨の日以外は、代名詞の『ミニスカート』か『ホットパンツ』をはいてプレーしていた“セクシー・クイーン”「アン シネ」だけに、ティグランドにいたギャラリーがざわつく場面も見られた。

しかも、よりによって、アパレルメーカー『サマンサタバサ』が主催する、女性のお祭りのような大会での話だ。

今大会も、恒例の『サマンサタバサ・ガールズアワード・モデルオーディション』が開催された。

“新世代モデル発掘”をコンセプトに、今年は、18人のモデル候補たちが出演し、コース内に設けられた野外ステージで水着姿を披露し、ギャラリーを沸かせ、大会に華やかさを添えた。


ギャラリーや関係者の投票により、2日目の出演は12人、最終日は8人に絞られる。

グランプリに輝いた1人が、日本最大級のファッション&音楽イベントとされる9月の「ガールズアワード」に出演できる。

というものだ。



「アン シネ」の意思表示?

今回の、まさかの“ロングパンツ”をみて、私は、こう思った。

『米LPGAの強い意志表示』に対する、「アン シネ」の意思表示』

なのではいか?

今回の『米LPGAの意志表示』が、他の国のLPGAへ影響を及ぼす可能性は十分にある。

決して対岸の火事ではないのではない。

また、アメリカツアーには、先輩の「イ ボミ」や、学生時代、ニュージーランドへ留学していた際に、ニュージーランド代表として一緒に練習した「リディア コ」も参戦する。

「リディア コ」は、史上最年少で世界ナンバーワンとなった、ニュージーランドの女性プロゴルファーで、韓国系ニュージーランド人だ。

そして、“ミニスカ”の先駆者「キム ハヌル」も、海外メジャー第2戦『全米女子オープン』に出場中のできごとだった。

当然、「キム ハヌル」の元にも、今回の米LPGAの規定は、Eメールで通達されたはずである。

今回のドレスコード施行で、日本のゴルフ界で注目が集まるのは、間違いなく「アン シネ」だ。

そのことは、本人も十分、承知しているはずだ。

そこで、

『つまり、こういうことですか?』

と敢えて不自然な“ロングパンツ”を着用し、

『これで、お金を払ってみに来てくれるギャラリーの皆さんは、楽しいですか?』

『スポンサーの皆さんも、こういうのを望んでいるのでしょうか?』

そのようなメッセージを、すべてのゴルフ関係者やファンの人に向けて、発信したかったのではないか?

それが、今回の、まさかの“ロングパンツ”だったのではないか?

私には、そのように思えてならない。

「アン シネ」本人は、米LPGAが規定した新たなドレスコードについては、知らなかったと話してはいるが…

 


終わりに

途中からホットパンツに着替えて、ギャラリーを魅了したところは、さすがに「アン シネ」らしい。

 

本人は、“日焼け対策”のロングパンツだったが、暑すぎてはきかえたと言ってはいるが…

「ね、こっちの方がいいでしょ?」

ということか?

気になる結果は、通算1アンダーの15位タイ。

猛暑のなか、お疲れさまでした!

次週は、メインスポンサーの試合が韓国であるため、日本ツアーは欠場。

そのため、日本での次戦は、『大東建託・いい部屋ネットレディースだ』。

★ アン・シネ 日本ツアー参戦予定 2017年 ★



★シェアはこちら★

★フォローはこちら★