「セキ ユウティン」・「チャン ウェイウェイ」など中国勢も日本ツアーに参戦中!【女子プロゴルフ】

近年、韓国勢、台湾勢が多く参戦している国内女子ツアー。

しかし、今季は、彼女たちに加えて、中国勢も日本ツアーに参戦している。

その中心となるのは、「セキ ユウティン」と「チャン ウェイウェイ」だ。

日本ツアーか海外メジャーか

今週、国内では『2017 サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント』(長いので以下、『サマンサタバサ・レディース』)が、猛暑のなか開催された。

一方、海外では、海外メジャー第2戦『全米女子オープン』が開催。

賞金ランキング、予選会などで権利を勝ち取った、総勢14人の日本勢・日本ツアー勢が出場した。

現在、賞金女王ランキングを争う「キム ハルヌ」と「鈴木愛」ら上位陣は、優勝賞金1億円の『全米女子オープン』に参戦した。

そんな中、出場権を持っていたにも関わらず、日本国名で行われる『サマンサタバサ・レディース』に出場することを選んだのは、中国出身で、今季より日本ツアーに本格参戦中の“スイートハート”「セキ ユウティン」だ。

今季から日本ツアーに本格参戦している「セキ ユウティン」は、昨年の中国ツアー賞金ランク1位の資格で海外メジャーへの挑戦権を得ている。

同資格は、賞金ランク3位以内に与えられ、同じく今年から日本ツアーに参戦している中国の「チャン ウェイウェイ」は、全米女子オープンに挑んだ。

そのため、「セキ ユウティン」のもとには、「何故欠場するのか?」と中国メディアからの問い合わせがかなりあったという。

『サマンサタバサ・レディース』を選んだ理由

「セキ ユウティン」は、日本での戦いを選んだ理由について、

全米女子オープンは過去に2度(2015年、16年)出場しているので、雰囲気は分かっています。それよりも今は、日本でのシードが大事です。

と来季の出場権確保を優先した。

また、

向こうに行くと、時差やゴルフの調整も含めて、日本ツアーでやっていた状態に戻すのに3試合くらいかかってしまいます。それなら最後までシードを目指して戦いたいと思いました。

とも話している。

この決断を中国メディアも尊重し、大きく報じたということだ。

しかし、簡単な決断ではなかったようだ。

エントリーの期限ギリギリまで悩みました。もちろんそれまでにシードを獲得できるような活躍ができていれば挑戦していましたから。でもシーズンが終わったときに、たとえシードが獲れなかったとしてもやりきった、と後悔はしたくなかったから、日本で戦うことを選びました。

と、来季の出場権確保に対する意気込みを示した。

しかし、『サマンサタバサ・レディース』の結果は…

残念ながら、予選を通過することが出来なかった。

「セキ ユウティン」と「チャン ウェイウェイ」

2016年末の国内女子ツアーファイナルQTに出場し、参戦権を手にした中国出身の2人。

2016年中国ツアー賞金女王の「セキ ユウティン」は、QTランク16位でレギュラーツアーフル参戦となり、愛らしいルックスで、人気上昇中だ。

一方、2016年中国ツアー賞金ランク3位の「チャン ウェイウェイ」は、QTランク65位で「ステップ・アップ・ツアー」が主戦場となるが、2017年3月の中国ツアー『珠海横琴梧桐樹国際女子チャレンジ大会』でツアー初優勝を挙げ、その流れに乗ったまま迎えたステップ開幕戦から3試合連続トップ10フィニッシュを果たすなどの、結果を残している。

幼少期からともに切磋琢磨し、とても仲のいい2人。

小さい頃(8~9歳)から10年来の友達ということだ。

中国のナショナルチームでともに練習をして、一緒に国際試合も出場している。

カラオケにも一緒に行ったりするようだ。

そういえば、「セキ ユウティン」は、とても唄が上手いそうだ。

【関連記事】
「セキ ユウティン」&「セキ ユウリ」美人ゴルフ姉妹のプロフィール。愛称「婷婷(ティンティン)」&「莉莉(リーリー)」に大注目!!

【画像30枚】「セキ ユウティン」プロフィール&30ショット!「中国のアン シネ」・「スイートハート」などの異名を持つ、注目の女子プロゴルファー

「セキ ユウティン」“中国のアン シネ” ともいわれる “スイートハート” の異名を持つ彼女の実力は?

「セキ ユウティン」の妹「セキ ユウリ」が可愛い!~家族を大事にするアジアの人々

 
▼人気の記事▼