au「三太郎」が3年連続で1位を獲得!2017上半期CM好感度ランキング【厳選・三太郎動画・有村架純も登場!】

★シェアはこちら★

2017年上半期の『銘柄別CM好感度ランキング』の結果が発表されました。

各社とも旺盛な放送回数、有名タレントの複数起用、コミカルにも情緒的にもストーリーが描けるシリーズ展開の重用、ゲストによる話題性など、携帯5強時代の到来を感じさせる結果となっっています。

第1位

俳優の松田翔太が桃太郎、桐谷健太が浦島太郎、濱田岳が金太郎に扮する「三太郎」シリーズが人気の【KDDI/au】が、3年連続で1位を獲得。

このシリーズは、私も好きなので、最後に動画で紹介します!

調べてみたところ、いま現在で、90本の動画が存在しました。
それらの中から、いくつかを厳選してみました。

お楽しみに!

第2位

2位は、昨年の3位からアップした【NTTドコモ/NTT DOCOMO】。

堤真一、綾野剛、高畑充希が新聞記者を演じる「得ダネを追え!」シリーズでは、昨年話題になった近藤春菜、秋山竜次、斎藤司に続き、今期は箕輪はるか、ブルゾンちえみらのお笑い芸人が登場。個性的な役柄をコミカルに演じ、ランキングに貢献しました。

第3位

3位は、昨年2位から1ランクダウンした【ソフトバンク/SoftBank】。

今春の学割訴求CM「SUPER STUDENT」には、転校生役として世界的アーティストのジャスティン・ビーバーが登場し、広瀬すずやピコ太郎、「白戸家」のお父さんたちと共演して大きな話題を集めました。

ここまでトップ3は、昨年に続き、携帯3社がTOP3を独占でした。

あなたのお使いのキャリアは、何位だったでしょうか?



第4位

4位は、桐谷美玲とふてニャン、ピコ太郎が“PPAP”ダンスや「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」ダンスをリズミカルに踊る【ソフトバンク/ワイモバイル】。

第5位

5位は、ダウンタウン・松本人志がさまざまな職業人をコミカルに演じ「バイトするなら、タウンワーク」の決めぜりふが定着した【リクルート/タウンワーク】

上位では、これだけが携帯電話・モバイル関係以外ですね。

第6位

6位は、深田恭子、多部未華子、永野芽郁の3姉妹とガチャピン&ムック家族が「UFO」と『UQ』に掛けて商品名を訴求した【UQコミュニケーションズ/UQ】で、初のTOP10入りとなりました。

上位のほとんどは…

こうしてみてみると、5位の【リクルート/タウンワーク】以外は、全て携帯電話・モバイル関係ですね!

これは、現在の世相を反映しているともいえます。

とにかく老若男女、子供から高齢者まで、ネットをいじらない人の割合が、どんどん少なくなっています。

子育て世代には、頭の痛い問題でもあります。



それでは、3年連続で1位を獲得した【KDDI/au】のCMをいくつか紹介したいと思います。きっと、見たことのあるCMも多数あると思います。

「三太郎」シリーズ

「三太郎デビュー」篇〈30秒〉

TVCM │au「三太郎デビュー」篇  2017/06/08 に公開

三太郎の日「ファンへの感謝」篇〈30秒〉

TVCM │au三太郎の日「ファンへの感謝」篇 2017/06/25 に公開

【最新版】「大きな桃」篇〈30秒〉

TVCM │ au「大きな桃」篇 2017/07/11 に公開

こちらの「大きな桃」篇は、最新のもの。

続編が気になりますね!



ここからは、「60秒シリーズ」。

そして最後は、有村架純の「かぐや姫」(30秒)に続きます!

「あたらしい英雄・桃太郎」篇〈60秒〉

TVCM │au「あたらしい英雄・桃太郎」篇 60秒 2014/12/31

「あたらしい英雄・金太郎」篇〈60秒〉

TVCM │ au「あたらしい英雄・金太郎」篇 60秒 2014/12/31 に公開

「あたらしい英雄・浦島太郎」篇〈60秒〉

TVCM │ au「あたらしい英雄・浦島太郎」篇 2014/12/31 に公開



「桃太郎とかぐや姫」篇〈30秒〉

TVCM │auスマ得キャンペーン「桃太郎とかぐや姫」篇 2015/03/04 に公開

どうでしたか?

全部で90本もあるので、他にも面白いCMもたくさんあります。

ちなみに私は、「金ちゃん」が好きです!

『auの学割天国「合唱」篇』なんかもとても好きです。

せっかくなので、最後に載せちゃいます!

auの学割天国「合唱」篇〈30秒〉

ね、「金ちゃん」いい味出してるでしょ?