大好きなミント色で!『 ニッポンハム・レディース・クラシック 2017 』第2ラウンドの「アン シネ」

『 ニッポンハム・レディース・クラシック 2017 』第1ラウンド、“セクシー・クイーン” こと「アン シネ」は、7バーディー、1ボギーの6アンダー、66で回り、首位に1打差の2位の好位置につけた。

第1ラウンドの模様は、こちらから。

【動画追加】“アカ・シネ” 情熱の “赤” で2位スタート!お肌も真っ赤?『 ニッポンハム・レディース・クラシック 2017 』

プレーでも魅了、第1ラウンドの「アン シネ」

日本ツアー4戦目で、自己最高のスタートをきった「アン シネ」。

この日は、ファッションだけでなく、プレーでも北海道のファンを魅了した。

2週間前、アマチュア時代から師事するウッドハウスコーチの直接指導を受け、ツアーのなかった先週は、韓国でショットの修正を徹底した。

今週の練習ラウンドでは、初めて取材制限を申し出て、静かな環境でコース攻略を練っていた。

「アン シネ」は、決めれば首位に並ぶという最終18番、約2.5メートルのバーディーパットを外した。

これが「10点減点」の理由としながらも、「今日は、90点をあげられる」と第1ラウンドを振り返った。

ウェアについて

第1ラウンドのウエアは、「自分の心の色」として「情熱の赤」を選んだ「アン シネ」。

ウェアについては、事前にメーカーの担当者と打ち合わせしているということだ。

第2ラウンドは、「私の好きな色のミントにしようと思う」と予告。

この日の函館も、27度を超える暑さで、ラウンド中に扇子で涼をとる場面もあった。

「北海道なのに暑くて大変だった。扇子で頭を落ち着かせて集中力を高めたが、7番ホールあたりでなくしてしまった」らしい。

しかし、

「もう1個、ホテルにありますので、明日はそれを使います」ということだ。

第2ラウンドの結果

第1ラウンドは、6アンダーの2位でラウンドを終えた「アンシネ」。

第2ラウンドは、「紺色のノースリーブに紺色とミント色のチェックのミニスカート」のウエアを着用し、日本ツアー初の最終組でのラウンドとなった。

ところが、序盤の2番ホールで痛恨のダブルボギー。

「今日は、グリーンがかたくなっていると後から気付いた」と反省。

その後は、4バーディー、1ボギーと挽回し、なんとかアンダーパーを死守。

上位がスコアを伸ばしたこともあり、首位とは7打差となる8位タイに後退した。

リーダーボードへ

最終日のウェアは?

第2ラウンドの函館も、最高気温が27℃を超える暑さだった。

暑さ対策も必要になってきた。

白い肌が小麦色に変わりつつある「アン シネ」。

「明日は、選手らしいウエアで。白色のショートパンツに黒のウエアでいこうと思っていましたが、暑いので、上着は、白色にかえるかもしれません。」

と予告。

最終日は、上下ともホワイトで統一し、真っ白な気持ちで臨むつもりのようだ。

「アン シネ」今後の日本ツアー参戦予定

関係者によると、父の「アン・ヒョジュン」氏から、

「日本には、ピクニックで行っているんじゃない!」

と言われ、韓国ツアー出場数を削ってでも、日本でシードを獲得するよう“厳命”されているとのこと。

そのため、今後9試合に出場することが確定し、さらに増える可能性もある。

7月は、『 サマンサ タバサ・レディース 』、『 大東建託いい部屋ネット・レディース 』にも出場。

そして、8月に2試合、9月に2試合、10月に2試合、11月は1試合の出場がほぼ確定している。

加えて、他の3試合で、出場の可能性を残す。

当初、今年は、日本ツアーへの参戦は8試合程度とされたが、最大16試合になる見通しだ。

これは、ファンにとっては、嬉しい。

【関連記事】

【最新版】アン シネ「日本ツアー参戦予定 2017年」 <おまけ画像あり>

★ アン・シネ 日本ツアー参戦予定 2017年 ★

★シェアはこちら★

★フォローはこちら★

▼人気の記事▼