【セクシー画像】彼女は、本当にプロゴルファーなのだろうか?「アン シネ」鮮烈グラビアデビューの撮影秘話

★シェアはこちら★

7月26日に発売された『週刊現代 2017年 7/8 号 』に、韓国のセクシー・クイーンこと、女子プロゴルファーの「アン シネ」のグラビアが、11ページで掲載された。

それから3日後の7月29日、今度は、「別冊 GOLF TODAY」レッスンブック

独占アンシネ 美しいスイングで飛ばす方法』が発売になった。

今年の日本ツアーより、彗星のごとく現れた韓国の“セクシー・クイーン”「アン シネ」。

以来、連日、彼女の話題に事欠くことがない。

ナチュラルメイクの「アン シネ」

「アン シネ」の写真集発売の噂は、早くからある。

過去には、「イ ボミ」の写真集も出ているので、「アン シネ」の写真集が発売されることは、ほぼ間違いないだろう。

7月26日に発売された『週刊現代 2017年 7/8 号 』に掲載されたグラビア撮影は、ソウル市内のホテルのスイートルームで行われた。

今回、彼女の魅力を最大限に伝えるために、スタッフが導き出したのは、「ナチュラルメイク」だった。

いつもゴルフ場では、どうしても濃い化粧の印象が強い「アン シネ」だが、今回のグラビアでは、ナチュラルメイクでの撮影に挑んだ。

グラビア撮影後に彼女は、

ゴルフ場の私とは違うナチュラルなメイクに挑戦しました。

女性なら誰しも綺麗な靴や服を身に着けて、撮影してもらうのはうれしいことです。

と感想を述べている。

instagram@shinaeahn



彼女は、本当にプロゴルファーなのだろうか?

「日本の主要グラビア媒体ほぼ全てからオファーが来ている」と言われる「アン シネ」。

“彼女は、本当にプロゴルファーなのだろうか?”

そんな疑問が頭をよぎる。

今回のグラビアを、撮影したカメラマンは、野村誠一氏。

野村氏は、

「女優さんみたいだね。言わなくても自然といろんなポーズができる女子プロゴルファーはいない。」

と語り、深く感心していたという。

撮影は、「アン シネ」が、自ら持ち込んだ音楽をかけながら進められたという。

セクシーなドレスを着こなし、大好きな「宇多田ヒカル」や「中島美嘉」の楽曲に合わせて、次々とポーズをとっていく「アン シネ」。

彼女が少しずつ大胆になり、妖艶さが漂いはじめると、誰もが

「プロゴルファーじゃない!」

と口をそろたという。

instagram@shinaeahn



本業のゴルフの実力は?

こうしたグラビアが世間に出ると、どうしても「本業のゴルフの実力はどうなんだ!」という声や批判が囁かれるのも事実だ。

それを一番気にしているのは「アン シネ」自身だ。

彼女は、こんなことを言っている。

こうして私のことをクローズアップしてくださるのは、すごくありがたいです。

ただ、私はプロゴルファーなので、外見ばかりが話題になることには、少し抵抗があるんです。

だから、余計に日本の試合で、結果を残さないといけないと強く思います。

そんな不安を抱えながら先週出場した先日の『アース・モンダミンカップ2017』。

各メディアは、「待ってました!」と言わんばかりに「アン シネ」のウェアを連日ネタにして報じていた。

ウェアが気になった方は、

【最新版】アン シネ「日本ツアー参戦予定 2017年」 <おまけ画像あり>

のおまけ画像をご覧あれ。

肝心の試合結果は、

初日から、「 69、70、 71、 71」。

トータル7アンダーの16位タイで4日間を終えた。

予選通過者80名、予選落ちを含めると総勢144名中、16位タイは、まずまずの成績ではないだろうか?

週刊現代 2017年 7/8 号 』のグラビアは、『アース・モンダミンカップ2017』翌日の発売となった。

試合で結果を残せたことで、面目を保つことができたのではないだろうか。

「アン シネ」も韓国で、愛犬とホッと一息ついていることだろう。

instagram@shinaeahn