共通点は?

★シェアはこちら★



共通点は?

George Clooney

Robert Downey, Jr.

Johnny Depp

Orlando Bloom

Paul Walker

私の好きなハリウッドスターたちの写真ですが、どんな共通点があるでしょうか?

だから好きだというわけでもありませんが、やはりあるのとないのでは大違いです。

共通点は、見つかりましたか?

共通点は、

ヒゲです

そう、共通点はヒゲです。

ヒゲは、好みの分かれるところではありますが、私は好き派です。

自分が中年になって思うことは、

ヒゲがないと「子供っぽい」、もしくは、「色気に欠ける」というということです。

(あくまでも個人的な見解です。)

特に、欧米のいい歳したオヤジたちは、写真のようにヒゲを生やしている場合が多いです。

日本人は、どちらかというと無精ひげの方が似合うかもしれませんが、

たとえば、

渡辺健さんや

イチロー選手や

小林薫さん

などなど。

小林薫さんは、現在NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で 龍潭寺の住職・南渓和尚(なんけいおしょう)を 演じているベテランの俳優さんです。渋いです。

自由と成功の象徴

「やはりいい歳になると、ヒゲはあった方がいいな」

というのが私の見解です。

皆さんは、どのようにお考えでしょうか?

ヒゲが好きか嫌いかは別として、

今回、何が言いたいのかというと、

「会社員(サラリーマン)で自由にヒゲを生やしたり、剃ってみたりと自分の思い通りに出来ている人が、どれくらいいるでしょうか?」ということです。

別にヒゲが嫌いなら、ブラウンでもシックでもフィリップスでも、何を使ってもいいのですが、剃ればいいだけです。高価なシェーバーを使えば、肌にも優しいでしょう。

しかし、スーツを着てオフィスへ出社するサラリーマンの多くは、ヒゲが嫌いだから剃っているのではなく、ヒゲを生やす自由がないだけではないでしょうか?

かくいう自分もそうでした。

会社に行くのにヒゲを剃るのは当たり前だと思っていましたし、実際に、ヒゲを生やしている社員はトップを含め、誰ひとりいませんでした。

そして、会社に行かなくても良くなり、ためしにヒゲを剃らないでみました。

まずは、非常にラクです。

そして、肌に優しいです。

しばらく、剃らないでいると、ヒゲを整えたくなります。

そして、これまで縁のなかった、ヒゲトリマーなるものが欲しくなります。

ヒゲトリマーとは、電気シェーバーのようなものですが、アタッチメントで長さ調整をして、残したい長さにヒゲをカットして整えるものです。

アタッチメントが、0.5mm単位のものとかあり、そんなの必要ないかと思いきや、微妙に自分好みの長さというものが分かってくると、このような微調整が必要になることも分かりました。S、M、Lの三段階では、物足りなくなるのです。

ヒゲも実は奥が深いのです。余分なところを剃ってみたり、長さにグラデーションをつけてみたり・・・子供には分からないオヤジの楽しみです

ヒゲをのばすか、のばさないのかは別として、こんな些細な自由すらない日本のサラリーマン社会を、みなさんはどう思われますか?

写真の人たちをみて、ヒゲは、自由や成功、自信の表れのように思えるのは、私だけでしょうか?

以上、「共通点はヒゲ」でした。



★シェアはこちら★

★フォローはこちら★