えっ?誰ともつながらないSNS? 「Binky」が話題に!

★シェアはこちら★

誰ともつながらない、自分だけの世界を楽しむ不思議なSNS「Binky」 が、話題を呼んでいるようだ。

「Binky」は、スマホ・ユーザーが、他人にわずらわされることなく、SNS体験を楽しめるという「非共有型アプリ」だ。

実は、これまでのSNSが、ストレスの種になっているという方も少なくはないという。

「Binky」は、デジタル世代の需要に見合ったアプリなのだろうか?

スマホなしで生きて行ける?

現代人は、「もはやスマホなしでは、生きてゆけないのでは?」とすら思う。

子供から大人まで、「時間つぶしに何となくスマホを触ってしまう」という人も多いのではないだろうか?

これを見ているあなたも、スマホからだろうか?
このようなサイトのアクセスの6割以上が、スマホからのというデータもある。

最近、仕事以外で、パソコンを使う機会は、めっきり少なくなったのも事実である。

「Binky」の本来の意味は?

「Binky」の本来の意味は、「持っているだけでリラックスできる物」を指す。
通常は、子供にとっての存在だ。

あなたにも、お気に入りの「ぬいぐるみ」や「毛布」など、子供時代を思い返すと何かしらあったはずだ。

最近では、「スマホを触っていないと落ち着かない」という人も多い。

そういう人にとっては、まさに、スマホが「Binky」になる。

確かに、“スマホを忘れて外出してしまった” ときのソワソワ感は、半端じゃない。

急速に広まったSNS

SNSは、友人や家族とのコミュニケーション・ツールであるだけでなく、新しい情報を入手するニュース・スレッドとしても、急速に広まった。

ちょっとした空き時間やなどに、気軽にチェックできるという点でも、SNSは最適だ。

私も、新聞やテレビ、ラジオなどの“コントロールされている割合が高い”メディアよりも、SNSなどから情報収集をすることが多い。

“コントロールされている割合が高い” 証拠に、どこの新聞やチャンネルでも、ニュースの内容は、ほぼ一緒だ。

新聞に至っては、一面の見出しまで一緒のことも少なくない。

SNSのデメリット

しかし、従来のSNSも、決して、いいことだけではない。

従来のSNSは、新着がひっきりなしに通知され、タイムラインは、情報で溢れかえる。

なかには、半ば義務感から、『いいね!』や『コメント』をしている方もいるのでは?

本音を言ってしまえば、興味のない情報も多いのかもしれない。

しかし、コミュニティにいると、やたらとスルーし続けることも難しい。

そして、いまや、子供たちの世界でも、SNSが原因のトラブルが急増している。

SNSでのトラブルが原因で、登校できなくなってしまった子供も実際にいる。

我が子のクラスでも本当にあった話だ。

さすがに、そうなると先生も介入してくる。

SNSと関係があるかどうかは定かではないが、イジメも昔より陰湿のようだ。

他人の目を気にすることなく、コメントも「いいね!」もできるSNS、それが「Binky」

それらのデメリットを排除し、「SNSは楽しいが、ストレスは不要」という思い切ったコンセプトで開発されたのが「Binky」 だ。

まったく面識のない人とまで、次から次へとつながって、コミュニティを構成するSNSの要素を完全に排除し、第三者を介入させない、独りの空間でSNSと同様の感覚を味わえる、それが「Binky」 の特徴だ。

一言で表現すると、「Instagramベースのニュース配信アプリ」という感じだ。

アプリをダウンロードすると、ランダムなイメージが画面に表示される。

興味をひくイメージを見つけたら、「いいね!」をクリックすれば、本当のSNSのように星マークが表示される。

また、コメントを残したり、「リツイート(RT)」ならぬ「リビンキー(RB)」することも可能だ。

もちろん、誰ともリンクしていないため、共有されることはない。

あくまで自分のための「いいね!」や「RB」だ。

どんなイメージにどんなコメントを書いてもかまわない。

第三者の目を気にすることなく、自由気ままにSNS感覚を楽しめるというわけだ。

コミュニケーションではなく「操作」から得る満足感を追求?

この疑似SNSアプリ「Binky」の開発者は、「ダン・カーズ氏」。

カーズ氏の本職は、ゲーム開発者というが、彼自身がスマホ中毒であるにも関わらず、時間つぶしにSNSを楽しめるタイプではなかったため、「人とコミュニケーションしないSNSを作ってみよう」と、半ば冗談で開発したのだという。

一部のユーザーにとっては、スマホの醍醐味がコミュニケーションではなく、画面をタップする、スクロールする、クリックする、といった操作面にあるという発想だ。

一部の喫煙者にとっての喫煙の醍醐味が、ニコチンそのものではなく、たばこをくわえて火を着けるという動作にあるという説と似たようなものだと言えるのかもしれない。

参考記事:https://zuuonline.com/archives/157168

私なら…

いかがだったろうか「Binky」は?

使ってみたくなった方は、ぜひ試してみてほしい。

iOSとAndroidに対応しているアプリは、「Binky」のWebサイト

http://www.binky.rocks/ から無料でダウンロードできる。

私も、為にし、アプリを入れてみたが、おそらくは使わないだろう。

なぜなら、「潰す暇がない」からだ!

早く、「暇で仕方がない!」と言えるようになりたい!

SNSの威力

また、以前紹介した【セクシー画像35枚】”上位1%の神ボディ”と絶賛される美女「イェ・ジョンファ」のイェ・ジョンファのように、“繋がる”SNSで、「一夜にして有名人になっていた」なんていうシンデレラ・ストーリーが起こるのも、SNSのなせる業だ。

たとえば、

写真:instagram@junghwa Ye

こんな写真がSNSにアップされたら…

個人的には、SNSは、つながってなんぼだと思うのだが、あなたはどう思っただろうか?

★シェアはこちら★

★フォローはこちら★

▼人気の記事▼