何のために?

★シェアはこちら★

私たちは、何のためのこの地上に生まれてきて来たのだろうか?

私たちは、何のために生きているのだろうか?

私たちは、いつか必ず死を迎えることを知っている。

では、なぜ、たとえ苦しい人生でも投げ出さずに頑張っているのだろうか?

ただ、ヒト科の動物として子孫を残すためだろうか?

私たちは、何のために生きているのだろうか?

何かしらの理由がなくてはおかしい

他人を傷つけてでも生きようとする人がいるのは、なぜだろうか?

食べ物を盗んでまで、生き延びようとするのは、なぜだろうか?

あと100年もすれば大抵の人は、この世を去っているのに、わざわざ殺人を犯すのは、なぜだろうか?

いま、この文章を読んでいるのは、なぜだろうか?

ずっと変わりたいと思っているの、なぜだろうか?

お金が欲しいというのは、もしかしたら、本当にやりたいことから目を背ける口実ではないだろうか?

そうはいっても、多少なりともお金がなくては生きられないのが、現代の日本の社会である。

であれば、さっさと金儲けは済ませて、本当にやりたいことを探す旅に出よう

お金に困らなくなったら、何がしたいだろうか?

それを考えるのには、自由になるしかない。

働かなくて生きていけるようになっても、ただ、ぼーっとして過ごすのにも、すぐに飽きる。

毎日、遊んで暮らしても、それはそれで飽きる。

必ず何かがしたくなるはずだ。それが本当にやりたいことだ。

一銭にもならなくてもやりたければ、それは、本当にやりたいことだ。

それが生まれてきた理由かもしれない

私たちは、何のために生きているのだろうか?

もっと快適ないい家に住みたい?

もっといい車が欲しい?

ちょっと「マズローの欲求5段階説」を思い出して欲しい。

それらは、とても「低次の欲求」ではないか。

「上を目指す」ことが良しとされ、その「上を目指す」とは、「出世する」とか「億万長者を目指す」というニュアンスが強い。

そうして苦労して手に入れたお金で、豪邸や外車を買う?

そのような人生が、世間一般では「成功」と思われているが、

それらも所詮、「低次の欲求」の範囲内だ。

どうしたら、その先に登れるのだろうか?

とりあえず稼いでみたら、何かが見えてくるかもしれない。

下から満たしていくしか、上には行けなそうだ。

私たちは、何のために生きているのだろうか?