〈アイデア発想法 その1〉マインドマップ

★シェアはこちら★



マインドマップ

今回は、ネタがなくて困ったときに使えるアイデア発想法(その1)を紹介します。

ブログ記事を書いたり、メルマガを書いたり、動画を作ったり、何かしらコンテンツを作るときに、ネタがなくて困ったという経験はありませんか?

そんなときに便利なのが、今回、紹介する方法です。

この方法を使うと、ネタをいくつも思いつけるだけでなく、思考を整理することも出来るので、自然と質の高いコンテンツが作れるようになります。コンテンツ作りと非常に相性がいいといえます。

この方法とは、マインドマップと呼ばれる方法です。

マインドマップは、無地の紙が1枚あればできる、非常に単純な思考整理のツールです。

マインドマップのやり方

マインドマップのやり方は、非常に単純です。

・真っさらな紙を1枚用意します。

        ↓

・紙の真ん中にテーマを書きます。

        ↓

・テーマを書いたら、そのテーマから枝を広げるように線を引いていきます。

(マインドマップでは、この線のことをブランチと呼びます。)

        ↓

・ブランチを引いたら今度はそこに、テーマに関連するアイデアを何でもいいので書き出していきます。

        ↓

・ブランチの先にアイデアが書けたら、今度はまたそこからブランチを引いて、同じようにアイデアを広げていきます。

        ↓

・これを繰り返していくと、アイデアが派生したり、細分化していくので、それに伴ってネタがどんどん増え、思考が整理されていきます。

以上が、マインドマップのやり方になります。

https://navi.dropbox.jp/mind-mapより引用

まとめ

マインドマップは、

・ネタに困ったとき

・アイデアを出したいとき

・思考を整理したいとき

このような場面で、思考を助けてくれる便利なツールです。

マインドマップをやってみようと思ったら、紙を使う方法以外でも、PCやスマホ、タブレットなどのアプリがあるので、それを使えば簡単にマインドマップを作成することもできます。

ipad ProとApple Pencilを使って作成してもいいかもしれませんね。‎

以上、「マインドマップについて」でした。



★シェアはこちら★

★フォローはこちら★