〈アイデア発想法 その2〉マンダラート

★シェアはこちら★

 
 

 マンアダラート

 
今回は、ネタがなくて困ったときに使えるアイデア発想法(その2)を紹介します。
 
・アイデアが全く出ない
 
・質の低いアイデアしか出てこない
 
こんなときに役に立ちます。
 
 

アイデア発想法

 
どんなアイデア発想法かというと、”マンダラート”というアイデア発想法になります。
 
プロ野球の大谷翔平選手が、目標達成シートとして使ったことでも有名です。
 
 
画像 : 大谷翔平が実践!目標達成用紙の作り方! – NAVER まとめより引用
 
マンダラートはこんな風に3×3のマスを使って、マス目を埋めるようにアイデアを出していく思考ツールです。

やり方

  
やり方は少し独特で、紙に線を引くなどして3×3のマスをまずは用意します。
  ↓
次に、中心のマスにメインテーマを書いていきます。
  ↓ 
中心にテーマを書いたら今度は周囲8マスに、そのテーマに関連するアイデアをどんどん書きこんでマスを埋めていきます。
  ↓
周囲8マスを全て埋めることができたら、今度はその各アイデアをテーマとし、新しく3×3のマスを用意してさきほどと同じようにマスを埋めていきます。
  ↓
そして、あとはこれを繰り返すだけです。
 
以上が、マンダラートのやり方になります。
 
 
マンダラートは、紙に書いてやってもいいのですが、PCやスマホ、タブレットなどにマンダラートのアプもありますので、それを使うと簡単にできます。
 
 

マンダラートとマインドマップの違い

 
マンダラートの最大の特徴は、1つのテーマに対してアイデアが必ず8個出すという点です。
 
アイデア発想法は他にもマインドマップという有名な発想法がありますが、こちらは自由度が高すぎて、慣れないうちは、何をやっていいのかよくわからないという、とっつきづらさがあります。
 
しかし、マンダラートには、明確な制約があるので、こっちの方がかえってやりやすいという一面もあります。
 
アイデアを捻り出したいときには使ってみてください。
 
 
以上、「マンダラートについて」でした。