賃貸か持ち家か?住むところについて考える

★シェアはこちら★

私は、実家で生まれ育ち、大学時代は、ワンルームのアパートで暮らし、卒業後は、仕事の関係で、会社の寮に入ったり、地方への転勤で1LDKのアパートを借りたりしました。

結婚後は、2LDKのアパートを借り、子供が幼稚園に上がる頃には、一時的に実家で親と同居し、子供の世話などを助けてもらいました。

その後、今の中心市街地にマンションを購入して、現在に至っています。

こうして振り返ってみると、それなりに引っ越しもたくさんし、戸建て、分譲マンション、賃貸のアパート、寮など、ひととおり住んでみたように思います。

今回は、「住む場所」について考えてみます。

「持ち家」か?「賃貸」か?

「持ち家」か「賃貸」かということに関しては、意見が分かれるところです。

仕事や家族構成によっても変わってくることでしょう。

好きな時に、好きな場所で暮らしたいのであれば、賃貸の方がいいでしょう

しかし、腰を落ち着けて暮らしたい人も多いと思いますし、結婚して子供ができれば、そうそう引越しばかりしてはいられません。

そうなると、賃貸で家賃を払うお金を、住宅ローンの返済にあてて、家を建てるか、分譲マンション購入してしまおう、という流れになることが多いのではないでしょうか。

会社と学校

どうしても、自分たちの仕事(通勤)と子供の学校の問題が、住む場所の決定に大きく関わってきます。

通勤に関しては、あまり遠いのも時間の無駄だし、子供の学校や塾通いなどを考えると、やはりある程度は、 市街地へ出て行かざるを得ません。

そうなると、市街地は、土地が高いので、家との総額でえ考えると、大した広さでなくても、結構な金額になってしまいます。

一方、マンションの場合は、たいてい市街地にあり、立地的には、とうてい土地を買って家を建てられないような場所に住むことができます。

だだし、駐車場代がバカ高いという問題点があります。
郊外の戸建なら、もちろん駐車場なんてものはかかりません。

マンションもいいけど

私の場合は、田舎で生まれ育ちました。田舎者です。

若いときは、どこでも良かった住む場所も、だんだんと、住むなら「静かな田舎がいい」と思うようになりました。

窓を開けると、車やバイクなどの騒音や、人々の喧騒でななく、心地よい風と共に、自然の音が聞こえてくような場所がいいです。

春には、色とりどりの花が咲き、鳥たちがさえずり、

夏には、セミやカエルが鳴き、

秋には、スズムシやコウロギが鳴き、

冬には、一面の銀世界…

「季節のない」街の生活は、田舎者にとっては、つまらないのかもしれません。

また、小川のせせらぎや、寄せては返す、波の音なんかもいいですね。

多少の不便はあるだろうけど、通勤や通学と無縁になれば、それほど問題もないはずです。

街までの買い物は、ドライブだと思えば、好きな車も楽しめるというものです。

マンションのいいところ

ただ、子供が高校を卒業するまでは、いまの中心市街地のマンションに住むと思います。
その方が、なにかと都合がいいからです。

その後のことは、その時になって考えればいいことです。

理想は、ちょっと静かな郊外に、こじんまりとした家を建てて、静かに暮らすことです。
もちろんそこが、オフィイスにもなります。

はじめに一戸建てを建ててしまうと、その後は、簡単には引っ越せませんが、
マンションの場合は、売ったり、貸したりできるので、引っ越そうと思えば、引っ越せます

そこがマンションのいいところでもあります。

ですので、あとで売ったり貸したり出来ないような、立地条件の良くないマンションの購入は、あまりお勧めできません。

マンションは、とにかく「立地」で選ぶべきです。

会社員と住む場所

会社員は、会社に合わせて好きなところに住むしかありません。
会社が都内なのに、沖縄に住もう、とか、絶対に無理です。

転勤などがある会社の場合は、住む場所まで会社に決められてしまいます。
私も、転勤による引っ越しを何度か経験しました。

いろいろな所に住めるという、良いところもありますが、所詮は、自分で決めたものではなく、命令されて決めたものです。そこに自由とか選択の余地はありません。

何かと制約が多いのが会社員というものです。

フリーランスと住む家

私は、会社の給料に頼らない生活に移行していくつもりなので、通勤とか関係なく好きなところに住もうと思っています。

このまま地元でもいいし、北海道でも沖縄でも、好きなところに住めます。
「京都もいいなぁ」なんて密かに思ってます。

フリーランスで、しかも子供が自立したあとであれば、好きなところに住むことができます。

住むところを一か所に決めない「ノマド的」な生き方も選択できます。

それに、別に、日本国内である必要もないわけです。

インドネシアの「バリ島」とかタイの「プーケット」とかフィリピンの「セブ島」とか、そんなところに住むのもいいですね。

欧米の食事は、私には合わないので、海外なら東南アジアです。

まとめ

何かに依存していると、いろいろな制約や不安がつきまといます。

もちろんフリーランスにも、不安はあると思いますが、自由や夢があるだけ、人生を楽しめるような気がして、今からとても楽しみです。

35年ローンで一戸建を建ててしまって、会社を辞めるに辞められない、という事態だけは避けたいものです。

その点でも、マンションは売れるので、足かせになりずらいと思います。

立地条件の良いマンションなら、買った時よりも、高い値段で取引されている、なんてこともありえます。

しかし、ある程度、人生の方向性が定まるまでは、賃貸のほうが身軽に動けますので、そのほうがいいのかもしれません。

「所有」という概念を減らしていくことも、フリーになるためには必要なことだと思うのです。

あなたは、どんなところに住んでいますか?

そして、どんなところに住みたいですか?